【Google】G Suiteの登録&設定手順をとっても簡単に分かりやすくご説明します!

その他G Suite, Gmail, Google, 設定手順

こんにちは!
サイバーブリッジ株式会社のリクです・:*+.\(( °ω° ))/.:+

今回は、ValueDomainバリュードメインにて発行した独自ドメインでGoogleのGmailを使用したい方向けに「G Suiteジー スイート」の登録&設定手順をご説明していきたいと思います。

▼ 「G Suiteってなんだろう?」って方はこちら ▼

本題に進む前に、下記の項目をクリアしてください♪
①Googleアカウント作成済
②Value-Domainで独自ドメイン取得済
③Value-Domainにログイン可能

それではG Suiteの登録から行きましょう!

G Suiteの登録手順

まず、こちらから「無料試用を開始」ボタンをクリックします。

次にビジネス名を入力し、従業員数を選択して「次へ」進みます。

名前メールアドレス(Googleアカウントのメールアドレスなど)を入力し、

一番上の「ドメインを持っている」を選択します。

ここで独自ドメインを入力します。

入力内容に問題がなければ「次へ」を押します。

Googleからのお知らせメールなどを受け取るか決めます。

作成したいメールアドレス(の前の英数字)を入力し、パスワードを設定します。

設定に進む」を押せばG Suiteの登録が完了します。

ここまで問題なく進めましたでしょうか?

次はいよいよ「G Suite」の設定をしていきます!

G Suiteの設定手順

それではGmailが使用できるように設定していきましょう!

画面通りに進んでいったら躓きました。
もしかしたら同じように進んでいって躓く方もいるかもと思ったのでそのまま掲載いたします。

では「開始」しましょう。

先ほど作成たメールアドレス以外に、作成したいメールアドレスがあったら入力します。
ない場合はチェックボックスにチェックを入れて「次へ」進みます。

別タブでValue-Domainを開き、ログインが完了したらチェックを入れます。

Value-Domainコントロールパネルにアクセスできたらチェックを入れます。

Value-Domainのコントロールパネルからドメインの操作設定を開きます。

するとドメインの横にDNS/URLがあるのでクリックします。

G Suiteの設定画面に戻り、TXTレコードをコピーします。

Value-DomainのDNS設定欄にTXTレコードを貼り付けます。

※結果ここで躓きました。
最終的には下記のような記述内容になります。

Value-Domainの設定が完了したら、G Suiteの設定画面に戻り全てにチェックが入った状態で「ドメインの所有権を証明してメール設定」を押して

待ちます。

所有権の証明がに時間がかかるようなので一旦「戻る」を選択します。

Value-DomainのDNS設定画面に戻り下記のMXレコードを追記します。

mx ASPMX.L.GOOGLE.COM. 1
mx ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
mx ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
mx ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
mx ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10

設定が完了したらG Suiteの画面に戻り全てチェックを入れて、再び「ドメインの所有権を証明してメール設定」を押して

待ちます。

上手く行きました!
「次へ」進めば独自ドメインのGmailが使用できます!

無料試用期間は14日間なので、その後も使用する場合は「続行」して管理コンソール画面から支払い情報の設定しましょう。

Gmailの送受信テスト

支払い設定をする前に「ちゃんとGmailが使えるか」送受信テストしておきましょう。

まずG Suite管理コンソール画面に行きます。

右上のボタンをクリックし「Gmail」を選択します。

するとこのような画面に切り替わるので「次へ」進みます。

左上の「作成」ボタンを押して新規メールを作成します。
送信先に確認用のメールアドレスを入力し「送信」します。

確認用のアドレスにメールが届いたら送信先のアドレスに転送または返信し、ちゃんと受信できるか確認します。

送受信が確認できたらこれでG Suiteの登録&設定は完了です。

お疲れ様でした・:*+.\(( °ω° ))/.:+

Posted by リク