取引相手との強い関係を築く方法:成功へ4つのステップ
  1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. 取引相手との強い関係を築く方法:成功へ4つのステップ
デジタルマーケティング 2021.11.13

取引相手との強い関係を築く方法:成功へ4つのステップ

とある、学生インターンの話を紹介します。

先日、CEOと話をしました。

一通りの仕事の話をした後、就職活動の話に移りました。数日前、クラスメートの一人が面接をしたそうです。実際、彼女は私が知っている中で最も明るい人の一人でした。

彼女は大学を卒業し、大学院の研究も完了しました。便宜上、彼女を”さくらさん”と呼ぶことにします。

好奇心旺盛な方なので、面接の結果を聞くのに最適な時期だと思いました。

そこで私はCEOに尋ねました。 「さくらさんについてどう思いますか。彼女は仕事を得ましたか?」

答えは「いいえ。彼女の第一印象は悪かった。彼女は資格を持っていますが、コミュニケーション能力が不足しています。」

このことは私に様々なことを考えさせられる機会を与えてくれたのです。

CEOとの話

どうすれば相手と良質で長期的な関係を築くことができるでしょうか?

個人であろうとビジネスであろうと、この世界で生き残るためには、人々との長期的な関係を築く方法を知っておかなければなりません。

堅実な関係と堅実なビジネスを発展させる方法をきちんと理解しているトップの起業家、リーダー、トップマネージャーに尋ねると、彼ら全員が同じことを言う可能性があります。 

それは、構築するすべての関係は『信頼』と『尊敬』に基づいているということです。

良質な人間関係を構築するためには、相手に対する『信頼』と『尊厳』の意を持って接するということです。どのような相手、例えば、自分よりも立場が下の人間であっても、決して見下すようなことはあってはならないということです。

アメリカの弁護士、スピーチライターである、ベン・スタイン氏はニクソン元大統領の側近を父に持ち、父親同様、政界に進出し、同じくニクソン大統領をはじめとする大御所のスピーチライターとして働きました。彼は、次のような言葉を発しています。

個人的な関係は、実生活でのすべての成長、成功、人生の目的を達成するための肥沃な土壌です。

ベン・スタイン

素晴らしい第一印象を与える

あなたが新たにビジネスを立ち上げる際に、最も難しいことの1つは顧客基盤を作ることです。

あなたの第一印象が悪いことで本当に取引を失うことがあります。

恥ずかしい話ですが、私自身も第一印象によって、過去何度も取引を失った経験があります。

忘れないでください。たった7秒です。たった7秒で信頼を失い、取引を失ってしまうのです。

そして、以降でお伝えする内容は『見込み客に対して素晴らしい第一印象を与えること』に関する、私の4つの秘訣です。これを見る人によっては、至極真っ当なことですが、これが出来ていない人が多く、基本的なことですが、最も重要なことになりますので、復習の意味も兼ねて、ぜひ読んで下さい。

  • 時間に遅れない
  • アイコンタクトと笑顔を保つ
  • 適切な服装で自分を表現する
  • 自信を持つ

人が持つことができる最も魅力的なものの1つは『自信』なのです。自分に対して過信することは控えるべきですが、適度な自信を持つことで、あなた自信が魅力的な人間に様変わりすることは間違いありません。

『信頼』と『尊敬』の構築を忘れないこと

これは、いい時も悪い時も良好で強固な関係を構築するための重要な要素です。

常にクライアントに『誠実』であることを常に心がけてください。

売り上げを得るためだけに、できないことを約束しないでください。

なぜなら、あなたが”偽の約束”を守ることができないとき、最終的にクライアントはあなたへの信頼と尊敬を失うからです。あなたは様々な人とビジネスをするために信頼され、良い模範を示す必要があるのです。

あなたの顧客について知る

相手とビジネスをする中でとても重要なことがあります。それは、あなたのクライアントとそのビジネスについて詳細に理解するということです。

相手の土俵で話をすることができれば、会話が弾み信頼を得ることができます。

相手に対して何かプレゼンテーションをするときにおいても、相手のビジネスをきちんと理解するということは非常に重要な要素です。相手を知ることで、相手に対するメリットを理解でき、相手のビジネスを成功に導くことができる可能性は高まります。

あなたの顧客との時間を過ごす様々な機会を持っているのであれば、そのチャンスを活かさない手は他にありません。

彼らの電話番号または電子メールアドレスを見つけ、彼らに電話をかけ、親しみを持ってコミュニケーションを取るようにしましょう。

そして、彼らが何かを成し遂げたときには、常に彼らを祝福する最初の人間になるようにしましょう。

それと同様のことは、困難な時期にも当てはまります。相手が困難な状況にいる時には、相手に手を差し伸べてサポートするようにしましょう。

あなたが彼らと友情を築くことができれば、利害関係を超越した関係を構築することができるようになるでしょう。

ただし、それは『信頼』『忠誠』そして『コミットメント』に基づいて構築された関係であるということを決して忘れてはなりません。

顧客からのフィードバックを真摯に受け止める

顧客からのフィードバックに対して全員が真剣に受け止めなければなりません

クライアントとの取引を最大化させるためには、クライアントとの信頼関係をより深いものにする必要があります。

そのためには、取引先からフィードバックをしっかりと受け取り、それを真剣に受け止めなければなりません。

また、クライアントと定期的にフィードバックを共有する仕組みをきちんと作ることもお勧めします。オンラインのレビュー機能を活用してもいいですし、個別にアンケートをお願いするのもいいでしょう。

取得したデータに対して、全員がきちんと目を通して自分事のように受け止めなければなりません。

まとめ:原理原則はどの世界でも一緒です

クライアントとの間に長期的な良質な関係を築く方法が分かったと思います。

改めて、頭をリフレッシュさせましょう。

ビジネスの世界で成功したい場合は、常にクライアントとの良好な関係を築く方法を学ぶ必要があります。 

  • 良い第一印象を与える方法を学びましょう
  • 信頼と尊敬の念を持って関係を築きましょう
  • あなたの顧客をもっと知るようにしましょう
  • 顧客からのフィードバック、レビューを真剣に受け止めてください

では、あなたは、どのようにして顧客との強い関係を築いたのかよければシェアして下さい。

次のブログ投稿でお会いしましょう。それまで、幸運を祈ります!

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。趣味はブログとゴルフ。 ブログでは、検索順位を上げるために、ゴルフではシングルプレイヤーを目指すために日々奮闘中。

    この記事をSNSでシェアする