Google広告を活用する5つのメリット | サイバーブリッジ株式会社
  1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. Google広告を活用する5つのメリット
デジタルマーケティング 2021.11.14

Google広告を活用する5つのメリット

  • Google広告

広告主が抱えていた主な問題の1つは、「潜在的な顧客を直接ターゲットにするにはどうすればよいか」ということです。

新聞、テレビ、ビルボード広告、ラジオなどの従来の広告プラットフォーム(伝統的なマーケティング手法)では、広告の掲載結果を確認するのに十分なデータを取得することができませんでした。

デジタル革命、Google、Yahoo!などの検索エンジンプラットフォーム、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアプラットフォームの普及により、それらの企業も自社のプラットフォームで広告運用を始めました。

あらゆることをデータで管理できる、デジタルマーケティングの仕組みによって、広告主は特定の顧客をターゲットにして日々のパフォーマンスを確認できるようになりました。

これらは、マーケティング戦略におけるプラン、実行、検証のサイクル速度を早め、ビジネスを大幅に加速させることが可能になったのです。

Google広告のしくみ

検索エンジンシステムは1997年に導入されました。それ以来、Googleは検索エンジン市場を支配し、2021年6月の時点でstatista.comによると市場シェアの92.47%を独占している状態です。日本市場に目を向けても、Googleが77%、Yahoo!が14%、Bingが8%で圧倒的な独占状態であることが分かります。

さて、Google広告の背後にある概念を簡単に説明します。

検索ユーザが、あなたのビジネスに関連する製品やサービスの語句を検索するときに、それがきちんとした形で照会されるとGoogleは検索ユーザに対してあなたのビジネスを検索結果に表示させることを可能にします。

また、特定のオーディエンスや、過去の検索行動、指定したジャンルのWebサイトへのアクセスがあった場合に、Googleのアルゴリズムが反応して、広告が表示されるようになるわけです。

Google広告の利点

ここで、あなたが製品やサービスを顧客や潜在的な顧客に対して広め、認知してもらうために、なぜGoogle広告が適しているのかをお伝えしていきましょう。

潜在的なクライアントをターゲットにできる

1日あたり35億回以上の検索で、Googleはあなたが望む特定の顧客をターゲットにすることを可能にします。

特定のオーディエンスまたは[除外キーワード]と呼ばれるキーワードを除外する仕組みで、特定のキーワードを簡単に除外することができます。

Google広告は、あなたが選択することができる多くのターゲティングオプションがあります。

  • 人口統計:潜在的な顧客の年齢、性別、場所などに基づいたターゲティング
  • デバイス:ターゲティングするデバイスを選択する。コンピューター、携帯電話、タブレットなど…
  • キーワード:特にビジネスに関連するキーワード
  • 広告のスケジュール設定:日時に表示されるように広告をスケジュールすることができます

 これらのターゲティングオプションを分析して最適化することで、より効率的な広告運用を行うことが可能になるのです。

得られた結果に対して支払いを行うこと

Google広告の掲載方法は、主にクリック課金制(CPC)モデルを採用しています。

ターゲットユーザが、あなたの広告をクリックするか、あなたの広告動画を閲覧した場合にのみ、あなたは広告費を支払います。 

広告予算を管理の管理においても、あなたは、いつでもあなたの一日あたりの上限を調整することが可能です。ですので、1日あたりの上限を超えた場合には、あなたの広告は表示されなくなります。

もちろん、表示方法は1日の中の特定の期間において満遍なく均等に表示させることも可能です。

さらに、データに応じて特定のキーワード、人口統計領域、またはデバイスタイプがより多くの結果をもたらしている場合には、いつでもそれらに強めの入札をかけることが可能です。

ビジネス目標に適した広告キャンペーンを選択することが可能

目標に応じて最適な広告表示を選択することができます

広告を出稿するタイミングで、私たちは目標を持っているはずです。

Googleでは、キャンペーンの目標に基づいて広告キャンペーンを作成することができます。こらから新たに広告キャンペーンをスタートさせるのであれば、このオプションは大いに役立つでしょう。

具体的には以下のようなオプションがあります。

  • 販売促進:商品やサービスの販売促進
  • 見込み顧客の獲得:顧客に行動を起こすように促すことで、リードとコンバージョンを獲得を目指す
  • ウェブサイトのトラフィック:常に潜在的な顧客をターゲットにしてウェブサイトへのアクセスを重視
  • 製品とブランドの比較検討:製品やブランドを比較検討してもらうためのキャンペーン
  • ブランド認知度とリーチ拡大:より多くのオーディエンスにリーチしてブランド認知の拡大を目指す
  • アプリのプロモーション:アプリへの露出を増やす
  • 来店数と店舗売上の向上:実店舗への訪問を増やす
  • 目標なしでキャンペーンを作成することもできます(エキスパートモード)

様々なキャンペーンオプションがありますので、あなたのビジネス目標に対して最適なキャンペーンを作成することができるのです。

広告を表示する場所を選択することが可能

広告タイプも豊富にあるため、状況に応じて手段を選ぶことが可能

広告内容に応じて、どこに広告を出稿するのかを選択することができます。

例えば、Googleの検索結果に表示されるテキスト広告、YouTubeや他のビデオパートナーに表示されるビデオ広告、GoogleMaps上に表示される広告、ショッピング広告など、あなたのビジネスにとって最適な広告を選ぶことができるのです。

広告のタイプは以下の6つから選ぶことができます。

  • 検索
  • ディスプレイ
  • ショッピング
  • 動画
  • スマート
  • ファインド

パフォーマンスの測定

Google広告を使用すると、広告のパフォーマンスを詳細に測定できます。

これは当然、他のプラットフォームにもある機能ですが、デジタル広告の大きな利点の1つです。

ですので、Google広告を活用することによって、あなたはいつでも広告をクリックしたユーザーの数の確認や、獲得したコンバージョンデータを詳細に分析することができ、そのデータをもとに即座に改善することができます。

さらに、アクセス解析ツールのGoogleアナリティクスを使用することで、いつでも広告経由以外のユーザの行動についても追跡することができるので、広告キャンペーンやランディングページに応じて様々な調整をすることができるようになります。

まとめ

Googleは世界最大の検索エンジンオペレーターです。 

Google広告サービスを使用することで、あなたのビジネスにおける潜在的な顧客をターゲットにすることができます。

さらに、マーケティング目標に基づいて、企業はGoogle広告キャンペーンを設計できます。Google広告を使用することの5つの主な利点があることをこの記事では説明しました。ターゲティング、測定、予算編成など…です。

デジタルの世界では日々進化する機会があり、Google広告を使用して潜在的な顧客にリーチする時代は、すでに私たちの手元にあります。ですので、自社でデジタルマーケティングのノウハウをしっかり蓄積していけば、柔軟かつスピーディーにあなたのビジネスを世に広めることができるようになると思います。

さあ、Google広告を活用してビジネスをもっと活性化させましょう。

最後に、広告の運用についてご相談があれば、いつでもサイバーブリッジ株式会社の専門チームにお聞かせ下さい。

それでは、次回のブログ投稿でお会いしましょう。

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。趣味はブログとゴルフ。 ブログでは、検索順位を上げるために、ゴルフではシングルプレイヤーを目指すために日々奮闘中。

    この記事をSNSでシェアする