デジタルマーケティングでやってはいけない3つの間違いとは?
  1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. デジタルマーケティングでやってはいけない3つの間違いとは?
デジタルマーケティング 2021.11.16

デジタルマーケティングでやってはいけない3つの間違いとは?

  • Google広告
  • ソーシャルメディア広告

デジタルマーケティングのベネフィットシリーズ-Vol2-

他人の過ちから学びなさい。 自分で作るのに十分な長さで生きることはできません

エレノア・ルーズベルト

これは、第32代アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルトの妻であるエレノア・ルーズベルトによる名言で私のお気に入りのフレーズの1つです。

確かに、間違いは私たちに学びの機会を与えそして改善する機会を与えてくれます。

しかし、問題はなのは学びの機会を得るために、多くの間違いを犯してそこから学ぶには時間が足りないということです。私は、マーケティングのキャリアを振り返ると、ミスをして新たな学びの機会を得たことが過去何度もありました。

ミスによる学びは、その内容を定着させるには絶好のチャンスである反面、デジタルマーケターとしては落とし穴を避けることは、とても重要なことだったりもします。

その理由は、落とし穴に落ちてしまうことが、あなたにとって最も重要な顧客との取引の機会を犠牲にしてしまうかもしれないからです。

従って、デジタルマーケティングを初めて行なう場合や、デジタルマーケティングキャンペーンに投資している最中の方は、以下の間違いを確認しながら、ぜひ回避するように努めて下さい。

ターゲットオーディエンスを無視する

オンライン広告キャンペーンを実施している最中に、その結果を頻繁にチェックすることは非常に良いことです。

仮に、あなたのキャンペーンが多くのクリック数や平均以上のクリック率を確認できれば、非常に嬉しい身持ちになります。

クリック数を増やすことは決して難しいことではありません。しかし問題は、増えたクリック数があなたのビジネス達成につながるかどうかということなのです。オンライン広告を何度もクリックされても、あなたのビジネスにつながるとは限りません。 

例えば、東京のスパで新しい20%割引キャンペーンを開始するとしましょう。スパの経営者は50〜70歳の男性と女性の両方のみをターゲットにしています。

従って、上記の割引パッケージを販売するには、これらのオーディエンスをターゲットにする必要があります。当然ですが、日本国内全体の市場と比較すると、ターゲットオーディエンスの詳細な設定により、表示回数とクリック数は減少します。

しかし、最終的にはターゲットオーディエンスに到達し、ランディングページにアクセスするユーザーは、広告主が狙った顧客に代わる可能性が極めて高くなるのです。

これが、ターゲットオーディエンスの設定の考え方です。多くの方が頭では理解できていますが、実際に広告キャンペーンの作成時には、ターゲット選定ができなくなり、マスに対してアプローチしようとしてしまうのです。

キーワードに関する十分な調査を行っていない

デジタルマーケティングとキーワードは密接な関係にあるということを忘れないでください。検索エンジンのアルゴリズムは入念なキーワード調査に基づいています。

ブラウザを開いたときにあなたが最初に行うことは何でしょうか。そうです、単語やフレーズを入力して検索することです。決して難しいことではありません。

あなたのビジネスにおける潜在的な顧客があなたのWebサイトやあなたの競合相手のWebサイト、そして広告を見つけるために使用するであろう単語やフレーズを想像してみて下さい。

そして、紙に書き出してみましょう。じっくりと時間をかけて、想像力を膨らませながら書き出してみましょう。

このキーワード選定を間違えると、あなたのマーケティング予算は水の泡となってしまいます。

Googleの広告プラットフォームでは、常にキーワードや検索クエリを推奨してきます。決してGoogleから推奨されるサジェストを無視しないで下さい。

一つ一つ勉強し、必要な改善を繰り返していきましょう。キーワードに関する調査は広告キャンペーン開始時だけではありません。運用中も運用終了後もキーワードについて考えて、常にデータリストをアップデートしていくようにしましょう。

このような地道な努力は、広告キャンペーンだけではなく、コンテンツマーケティングの成功にも貢献します。

顧客の問題の解決に焦点を当てない

成功し継続的に運営されるビジネスを築くためには、あなたの周りにいる潜在的な顧客が直面している問題をきちんと把握することが大切です。

顧客はサービスや情報から得た価値に基づいてサービスや製品を購入します。

あなたが立ち上げた新たなサービスののFacebook広告キャンペーンを実行するとします。

潜在的な顧客がFacebook広告キャンペーンを通じて、あなたのランディングページにアクセスした際には、そのページ内において潜在的顧客に対して、提供する解決策を具体的に伝える必要があります。

あなたは、潜在顧客に対してどのような手段で何を解決するのでしょうか。顧客の課題を明確に想像して、それに対してあなたは何ができるのか?具体的な”モノ”を提供するようにしなければなりません。

ランディングページの内容が複雑過ぎるために訪問者を混乱せてしまい、抽象的であるために問題が解決するイメージが湧かないようなことがあってはいけません。

シンプルかつ具体的なオファーを明示して、ランディングページを訪れたユーザを”次のステップ”に導きましょう。

まとめ

デジタルマーケティングキャンペーンをこれから開始する、または既に実行している場合、短期的および長期的に上手くいかなくなる可能性は十分考えられます。

そして、通常以上に多くの費用がかかる可能性のあるいくつかの間違いもあります。従って、投資する前段階において、なるべく早めにその間違いを知っておくことが大切です。

そして、最も一般的で致命的なデジタルマーケティングの間違いについては、絶対に避けなければなりません。

  • ターゲットオーディエンスを無視する
  • キーワードについて十分な調査を行っていない
  • 顧客の問題の解決に焦点を当てていない

これらの間違いは、頭で理解していてもついついやってしまう間違いです。

ですから、専門のサービス事業者に相談するか、専門家を雇うなどして有益な結果を得るようにして下さい。

あなたがデジタルマーケティングキャンペーンについて、さらに詳しく知りたい、またはサポートを受けたい中小企業の経営者であれば、サイバーブリッジ株式会社に下記のフォームから連絡して下さい。

サイバーブリッジでは、デジタルマーケティングに関する専門知識を活かして、より多くの潜在的な顧客を獲得できるよう支援させていただきます。

関連記事
デジタルマーケティングのベネフィットシリーズ-Vol1-

デジタルマーケティングに関するご相談はこちら

デジタルマーケティングをどのように自社のビジネスに取り入れたらいいのか分からない。インターネット広告を出してみたいけど、どうしたらいいのか分からない。このようなご心配をされている経営者様は一度、サイバーブリッジ株式会社にご相談下さい。

下記の入力フォームに『名前』と『メールアドレス』を入力して『送信する』をクリックしていただければ、担当から返信させていただきます。

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。趣味はブログとゴルフ。 ブログでは、検索順位を上げるために、ゴルフではシングルプレイヤーを目指すために日々奮闘中。

    この記事をSNSでシェアする