キーワードリサーチに必要なこと | カスタマーのマインドセットを理解する
  1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. キーワードリサーチに必要なこと | カスタマーのマインドセットを理解する
デジタルマーケティング 2021.11.19

キーワードリサーチに必要なこと | カスタマーのマインドセットを理解する

  • SEM
  • SEO
  • キーワード

ベーシックシリーズ-Vol11-

イーロンマスクをご存知ですか? 誰もが彼のようになりたいと思うでしょう。

もしあなたが、ビジネスの世界にどっぷり浸かっているタイプの人間なら間違いなく、イーロンから何らかの影響を受けていることだろうと思います。

実はここ最近、私はイーロンのYouTubeチャンネルに釘付けになっています。

彼は、火星に住む計画を進めていてスペースXに関する話や、世界の電力が太陽光のような自然エネルギーによってカバーされるような途方もない計画についていつも話をしています。

彼はあるスピーチの中で『人工知能に関してどのようにしてその成長を遅らせたかったのか』について語っていました。

そのスピーチはとてもスケールが大きく、どのように人工知能はデジタルマーケティングの分野で形成されているのかを改めて考えさせられるいいきっかけになりました。

私たちが『キーワード』をテーマに記事を書いたことを覚えていらっしゃいますか?今回の記事ではキーワードリサーチに関して、さらに深堀していくことにします。

サーチエンジンにおける検索順位の決定方法

検索エンジンの表示結果を決定する要素は、主に2つあります。

1つ目はSEOです。

検索エンジン最適化(Search engine optimization)は検索結果の上位にwebサイトを表示させるために必要なプロセスです。

2つ目はSEMです。

検索エンジンマーケティング(Search Engine Marketing)は有料広告キャンペーンによって成立します。ターゲット設定したキーワードに合致した、潜在的なオーディエンスの検索結果にあなたのwebサイトを表示させます。

これらの施策を実施するために何よりも必要なことは、あなたの会社や製品、そしてサービスに対して最適なキーワードを十分にリサーチするということです。

※SEMに関する定義は諸説あります。SEMをキーワード広告とSEOの領域を網羅した考えと定義する場合やSEMは広告領域だけの対策だと定義する人もいます。

キーワードとオーディエンスの関係について

デジタルマーケティング戦略で成功するためには、ペイドサーチかオーガニック戦略によって、あなたがターゲットとしているオーディエンスに対して情報を表示させなければなりません。

もし、あなたのターゲットとなるオーディエンスを把握していなければ、上手くいくわけがありません。

製品やサービスの認知向上や購入者を増やすためには、適切な情報を適切なヒトに対して配信しなければなりません。

まず最初に明確なターゲット像を認識することから始めましょう。

次に、どのような消費者があなたの製品やサービスを必要としているのかということを時間が許す限り考えましょう。

これらのデータに基づき、購買者のイメージ像(ペルソナ)が完成します。

オーディエンスについて理解したら、どのようにして彼らが製品やサービスをオンライン上で見つけられるのかをチェックしましょう。

実際にどのようなキーワードを彼らは使用するのかということです。

ここで、Amazonの創業者のジェフ・ベゾス氏に関するエピソードをご紹介します。彼は当初、自宅のガレージで本のオンライン販売からスタートしました。

ECサイトにほんの僅かの商品しかない時に、彼は、商品アイテム数を増やしたいと考えていたのです。そこで彼がやったことは、自社の顧客から1000人の顧客を無作為に選び、e-mailを送りアンケートを取ったのです。

そのメールの中身は以下のような感じです。

「どのような製品を売って欲しいですか」「どの製品が今すぐ欲しいですか」

そのメールには、実に様々な返答があったそうです。ある人は、キッチン用品をリクエストしたり、ある人は、ウインドシールドをリクエストしました。

彼は、1000人のカスタマーの返答から、1,000ものビジネスの拡大チャンスがあることに気がついたそうです。

これは既存ビジネスからの変革のとても興味深い例です。

もし私たちからアドバイスできることがあるとすれば、カスタマーから想定される質問を想定して質問に対する答えを持ち合わせておくことです。

解答を常に持ち合わせていれば、次のステップに移行することができます。

正しいキーワードを探すこと

『キーワード』はデジタルマーケティングで成功するために非常に大切な要素です。

キーワードには二つのタイプがあります。

一つが『ショートテール』もう一つが『ロングテール』です。

ショートテールキーワードは、一般的で分かりやすいキーワード構成になります。

言い換えれば、それは『ビッグワード』であり、通常1つか2つのワードで構成されます。

例えば、あなたが『デジタルマーケティング』と入力して検索します。それは『ショートテールキーワード』になります。

一方、ロングテールキーワードは、3つまたはそれ以上のキーワードで構成されます。

もし、あなたが [デジタルマーケティング 企業 千葉] のようなキーワードを入力して検索した場合、それはロングテールキーワードということになります。

キーワードの評価基準を見つける

あなたのビジネスに最適なキーワードの生み出し方がご理解いただけたかと思います。

しかし、どれくらいのユーザーがこのキーワードを使って検索したのか?

また、検索エンジンの上位に表示させるためには、どの程度のコストが必要なのか?

このような問題に関して、どうしたら明確な評価基準が持てるのでしょうか。このようなデータは広告キャンペーンを用意する際に必要になります。

実際に、キーワードを準備するためのツールは多くの企業が提供しています。有料・無料問わず、下記にリストアップしましたので、ぜひ参考にして下さい。

いくつかのキーワード、特にショートテールの場合、とても競争率が高く入札価格やコストが高くつきます。

もし、あなたがこれらのショートテールワードをターゲットとしているなら、多くの広告費を使う必要がありますし、より正確なオーディエンスを取りこぼす可能性もあります。

この件については、今後のブログで解説していきましょう。

まとめ

正確なキーワードを見つけることは、様々なデジタルマーケティングキャンペーンにおいて最も重要なことです。

SEMやSEOで成果を出すために必要なことは、設定するキーワードをリサーチすることです。

そして、広告キャンペーンに使用するキーワードを決める前に、ターゲットやオーディエンスなど自社の評価基準を決めましょう。キーワードリサーチツールの活用で、選定したキーワードの検索ボリュームと価格と競合についてリサーチすることができます。

サイバーブリッジのデジタルマーケティングチームはSEOとSEMについて日々研究を重ねています。SEOやSEMに関する対策を考えている方はいつでもご連絡下さい。

SEO・SEMに関するご相談はこちら

SEOやSEMの対策をしたいが何から始めたらいいのか分からない。キーワード選定ってどうやってやるの?このようなお悩みをお持ちでしたら、サイバーブリッジにご相談下さい。以下のフォームに『名前』と『メールアドレス』をご入力いただき『送信する』を押していただければ、担当よりメールにてご連絡させていただきます。

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    関連記事
    Google広告にキーワードを上手に活用しよう

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。趣味はブログとゴルフ。 ブログでは、検索順位を上げるために、ゴルフではシングルプレイヤーを目指すために日々奮闘中。

    この記事をSNSでシェアする