1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. インバウンドマーケティングの目的とは?
デジタルマーケティング 2022.9.19

インバウンドマーケティングの目的とは?

  • インバウンドマーケティング

テイクアウェイ

B2Bインバウンドマーケティングは、見込み客との信頼関係を構築し、最終的に競合他社ではなく自社を選んでもらうための長期的な戦略です。

インバウンドマーケティングの目的

インバウンドマーケティングの目的は、潜在顧客を自社に引き寄せることです。彼らは、あなたの製品やサービスによって満たされることを望むニーズ、問題、欲求を持つ個々の人々です。インバウンドマーケティングは、ブログ、ホワイトペーパー、ビデオ、ソーシャルメディアなど多くの要素を組み合わせて、これらの人々にリーチすることを支援します。

このブログでは、インバウンドマーケティングの目的について説明します。

見知らぬ人を自分のサイトに引き寄せるために

インバウンドマーケティングとは、見知らぬ人を自分のウェブサイトに引き寄せることに重点を置いた戦略です。インバウンドマーケティングでは、コンテンツとマーケティングを駆使して集客を行います。

インバウンドマーケティングでは、ターゲットにアピールする質の高いコンテンツを作成することに注力します。また、ソーシャルメディア、検索エンジン最適化(SEO)、有料広告を利用して、あなたの提供するものに興味を持ってもらうことも可能です。

その見ず知らずの人にもっと情報を求めてもらう

次のステップは、さらに情報を求めるように仕向けることです。もしユーザーがあなたのサイトを訪問し、探しているものが見つからなければ、そのユーザーは他の場所に答えを探しに行ってしまうでしょう。ユーザーを引き留めるには、ユーザーが探しているものを簡単に見つけられるよう、十分な情報量を確保することが大切です。

最後に、ユーザーが使いやすいサイトであることを確認します。このように、サイト内の操作に問題があったり、サイト内の仕組みに戸惑うようなことは、最も避けたいことです。

彼らを顧客にする

インバウンドマーケティングの目標の1つは、Webサイトの訪問者をリードや顧客にすることです。そのために、私たちはコンタクトフォーム、CTAボタン、ダウンロード、オファーなど、様々なインバウンドマーケティング戦術を使います。

しかし、これらの訪問者をリードに変えるにはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは、そのヒントをいくつかご紹介します。

簡単に連絡できるようにする。連絡の取り方が簡単であればあるほど、その可能性は高くなります。そのため、連絡先情報をサイトのすべてのページで簡単に確認できるようにし、サイト内のどこからでも(特にコンテンツ内から)簡単に見つけられるようにしましょう。また、ミーティングの予約や商談を希望する人がいた場合、リンクをクリックすれば、ウェブサイトを離れることなく、ブラウザから直接予約できるようにする必要があります。

CTAをサイト全体に戦略的に使用する。CTA(コール・トゥ・アクション)ボタンには、「お問い合わせ」というシンプルなものから、「デモを予約する」「今すぐ購入する」といった具体的なものまで、さまざまなものがあります。CTAは、訪問者がオファーに対して行動を起こしたり、貴社に連絡を取ったりするのに役立つものであれば、サイト全体で戦略的に使用します。

その顧客をあなたのブランドのプロモーターにする。

しかし、さらにロイヤリティを高めたい場合はどうでしょうか?もし、彼らをあなたのブランドのプロモーターにしたいとしたらどうでしょうか?

プロモーターとは、あなたのブランドをとても気に入っていて、他の人にもすすめたいと思う人のことです。彼らは、あなたの製品やサービスをとても信じているので、わざわざ他の人にそのことを教えてくれるのです。

あなたのブランドのプロモーターがいれば、その人はあなたの最高のアンバサダーになります。プロモーターは、あなたの側から新製品が発売されるたびに興奮するので、他の人々の購買意思決定に容易に影響を与えることができます。実際、彼は、あなたが販売した製品やサービスがいかに素晴らしいかを話すだけで、(まだあなたのブランドについて知らない)潜在的な顧客に、あなたから購入するよう影響を与えることさえできるのです。

まとめ

インバウンドマーケティングの目的は、ターゲットとなる顧客を引き付け、関与させ、喜ばせることです。それがインバウンドの始まりであり、終わりでもあります。

インバウンド戦略に着手するのは非常に気が引けるので、まずは目的を明確にすることから始めるとよいでしょう。そうすることで、インバウンドで何を達成しようとしているのか、どのように成功を測定するのかを知ることができます。一度、目的文と検証指標があれば、インバウンドの旅はもっと簡単に始められるでしょう。


この記事を書いた人

Digital Marketing Devision
Kalinga

私は美しい長い名前を持っていて、それは私が人々と会話を始めるのを助けます。 私はスリランカで育ち、2018年に日本に移住し、すぐにスリランカに恋をしました。 私は販売とマーケティングの分野で8年近く働いていました。 専門学校で勉強していたとき、CyberBridgeのマーケティング部門で働く機会がありました。 やりがいがあり、同時に楽しかったです。 私は辛い食べ物が好きで、人との会話を楽しんでいます。 私は人前で話すことに情熱を持っています。 マーケティング関連のお問い合わせは、お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事をもっと読む