1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. 音声検索 | Webサイトを音声検索に最適化するためのコンプリートガイド
デジタルマーケティング 2022.1.21

音声検索 | Webサイトを音声検索に最適化するためのコンプリートガイド

  • 音声検索

音声検索は2021年の初めあたりから、脚光を浴び始めてきました。そして、この数年で数十億ドルの市場規模に成長すると言われています。

あなたが最後に音声検索機能を使ったのはいつになりますか?あなたが使用する音声検索で真っ先に思い浮かぶのは、アップルの”Siri-シリ”です。私は、Siriに一日10回以上話しかけています。でもそれは、検索というよりも、スケジュールを尋ねるためにSiriに話しかけているのです。

デジタルマーケティングの世界は私たちが想像を絶するスピードで進化しています。そしてその進化の過程には、実にたくさんのトレンドが生まれ、新しいツールが世に出てきています。

長年に渡って、ショートメッセージ、ブログ、そしてショートムービーといった流れでデジタルマーケティングの新たなトレンドが生まれてきました。

そして近年では、この『音声検索』がテクノロジーの流行のトップに躍り出ようとしています。

今回の記事で、私たちは『音声検索とは』についてお伝えします。そして『音声検索に使える便利なツール』について、『ボイスSEO』さらに『音声検索のベストプラクティス』についてご案内します。

この記事を、あなたの『音声検索に関する情報』のコンプリートガイドにして下さい。

音声検索とは?

検索キーワードや語句を検索エンジンに入力する代わりに、私たちは、”声”を使って、商品やサービスまたは、インターネット上にある様々な情報を検索することが可能です。

音声検索は、ユーザの”声”による命令によって端末を操作してその結果を返すような設計になっています。

検索エンジンは数十億の検索ユーザによって日々検索が行われ進化しています。テクノロジーの進化は、いつも私たちの側にいて、生活を便利なものにしてくれるのです。

”従来の検索”と音声検索の違いとは

長い年月を経て、検索エンジンは進化しています。

まず最初に、キーボードとマウスを使ってインタネット上になる様々な情報を入手しました。

そして、スマートフォンやタブレット端末が普及してタッチスクリーンが紹介されて、これにより、検索がとても便利で手軽なものになりました。

ただ『音声検索』の台頭によって、検索パターンが多様化され、私たちの検索行為はより一層便利なものになっています。

”従来の検索”について

従来の検索について

従来の検索は、主に『キーワード』に焦点を合わせています。過去にご紹介したブログ『キーワードリサーチに必要なこと | カスタマーのマインドセットを理解する』の中で、私たちが検索エンジンで使用するキーワードをショートテイル、ロングテイルの2つに分類しました。さらに、最近の記事『キーワードリサーチとは? | キーワードリサーチの基本を知る』の中ではキーワードについて、より細かく解説しています。キーワードはショートテイル、ミドルテイル、ロングテイルの3つに分類され、戦略や対策期間に応じて使い分けるべきだとお伝えしてきました。

音声検索と比較して、『検索』の世界ではまだまだ主流のキーワードサーチの攻略要件は、非常にテクニカルです。そして、検索結果の大部分は、テキストフォーマットによるものです。

音声検索の多くはリッチリザルトによるものです。リッチリザルトとは、従来の検索結果と比べて、視覚的な要素が多く操作的な機能も充実している検索結果を意味しています。実際に音声検索サービスを利用する人は、スクリーンレスを介さないUXです。なので、音声検索の結果はより口語型で直接的な表現になります。

音声検索の場合、多くの人はローカル情報の検索で活用しているようです。

音声検索と通常検索はどう違うのか?

音声検索では、情報を見つけるために自分自身の”声”を使用します。検索クエリは、通常検索と比較してよりしゃべり口調で長くなります。そして、その検索結果もまた音声フォーマットだったりします。

例えば、千葉市内にあるメキシコ料理を出しているレストランを探しているとしましょう。

もし、これまでの検索クエリであれば、次のようになると思います。

”メキシコ料理 千葉市”

ですが、もしGoogleアシスタントを使用する場合は、次のような感じの検索フレーズになると思います。

”OK Google、千葉市にある、おすすめのメキシコ料理のお店を教えて!”

「音声検索クエリの20%が25のキーワードによってトリガーになっている」とseoClarityの記事『音声検索で回答を得る方法:Googleの回答ボックスの調査レポート』の中で指摘されています。

音声検索の重要性とは

statista.comのブログ『2020年と2026年の世界の音声認識市場規模』によると、世界の音声検索市場は2020年の10.7億ドル規模から2026年には、27.16億ドル規模に成長が見込まれます。

これを人口に置き換えると、アメリカ国内の全人口の1/3音声検索を日々の暮らしの中で使用する計算になります。

下記の図を確認してみましょう。下記の図は、日本のオンラインユーザの行動に関するデータになります。

日本国内では、16歳~64歳のインターネットユーザの内17.8%の人が音声検索または音声コマンドを使用しています。日本国内においても、多くのユーザが音声検索を使用していますが、アメリカと比較した場合には、その数は減少します。それでも、その数字は日本国内でも世界的に見ても大きく伸びています。

音声検索の精度や使い勝手について「イマイチ信用できない」と感じている人もいるのではないでしょうか。そういった人は、ぜひ一度音声検索を使用してみて下さい。その精度とクウォリティーに驚くと思います。

そこで、経営者は企業のデジタルマーケティング担当者は、音声検索の「市場の動向」「利用者のトレンド」に対して、注視しておく必要があります。

スクリーンレス・ハンズフリー検索の概念は、もの凄い勢いで浸透してきていて、多くの人が”音声検索”を利用し始めるようになりました。

ですので、今がまさに”音声検索”対してコンテンツを最適化するタイミングです。早速、最近の音声検索に関する統計を確認していきましょう。

音声検索に関する統計

それでは、この音声検索の技術が日々の暮らしやビジネスの世界において、どのような影響をもたらしているのかについてチェックしていきます。

  1. 全世界でスマートスピーカーの販売台数の累計が1億5,000万台に到達しました。
  2. 2024年までにデジタル音声アシスタントの数が84億台にまで到達すると予測されます。これは全世界の人口よりも多きい数字になります。
  3. 25歳~49歳の全体の65%は、少なくても一日一回は、音声アシスタントを活用しています。
  4. スマートスピーカーを所有している41%の人が、スマートスピーカーに話しかけるときに友達や他の人に話しかけているみたいだと感じています。
  5. 音声スピーカーを所有する52%の人が、家族みんながアクセスできるようにリビングルームに置いています。
  6. 2020年には30%のWebブラウジングセッションが音声検索によって表示されています。
  7. 43%以上の音声検索を利用できるユーザが、オンラインショッピングにアクセスするために使用しています。

これらの統計を見れば、どれくらい音声検索が社会と密接につながっているかが垣間見えます。なので、全てのビジネスにおいて、自社のコンテンツを音声検索に対して最適化する必要があるのです。

音声検索はどのような仕組みで動くのか?

あなたはこれまで、音声検索がどのように音声リクエストを特定するのか疑問に感じたことはありませんか。

我々の声はアナログです。ただ、モバイルや他のスマートデバイスは、デジタル信号を使用します。”モダンな”音声検索アシスタントには、機械学習のアルゴリズムが兼ね備えられていて、自然言語処理と音声認識の技術が使われています。

日本語について考えてみます。例えば、近隣の「ラーメン屋」を探しているとします。その場合「近くにラーメン屋はありますか」とか「千葉駅近くのラーメン屋」のように、端末に向かってたずねると思います。

しかし、ここで問題点があります。

それは、日本語には発音によってその言葉の意味が全く違うものになってしまうということです。これは英語でもそうですし、他の言語でも同じだと思います。

異なる発音を音声検索はどのように判別するのでしょうか。

以下の動画では、異なる出身の人が同じ内容を質問をGoogleHome、Alexa、Siriで聞いてどのような答えになるのかを検証しています。さぁ、どうなるか見てみましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=gNx0huL9qsQ

スマートデバイスは、ユーザの問いかけに対して返答するために、次のようなステップを経なければなりません。

  • マイクを通じてアナログデータをデジタルデータに変換して音声アシスタントに送ります。
  • 音声アシスタントのAI機能が、ああなたの声を分析してワードやフレーズにします。
  • 結果を探します

音声アシスタントとはどのようなものか?

シンプルに言えば、音声検索アシスタントは音声リクエストと音声検索コマンドを特定する進化したプログラマーです。そして、検索エンジンや関連データソースを最も関連性の高い情報を返すために結びつけます。

メガ・テクノロジー企業は、自分たちの音声アシスタントシステムやスマートスピーカーを開発してきました。今現在、このマーケットを支配している企業は非常に少ないです。

  • Google Assistant
  • Amazon Alexa
  • Apple Siri
  • Microsoft Cortana
  • Samsung Bixby

これらのデジタルアシスタントは、関連結果をユーザに返すために異なる方法で情報を導き出しています。今回はさらに、音声検索市場における上位3つのプレイヤーに関して、さらに深く掘り下げていきたいと思います。

Googleアシスタント

Googleアシスタント(Google Home)

GoogleアシスタントはGoogleから発売されている、バーチャルアシスタントになります。当初は、スマートフォンとスマートホーム端末で動作するものでした。しかし、statista.comの『2018年1月から2020年9月までに世界中でGoogleアシスタントがサポートするスマートホームデバイスの数』によれば、Googleアシスタントの急速な発達にともない、現在では5,500の異なるメーカーから発売されている 50,000端末の音声検索をサポートするようになりました。

Googleアシスタントはこちらのリンクから導入することができますので興味のある方はぜひ試してみて下さい。

Amazonアレクサに続いて、Googleアシスタントは2番目に多くの人に使用されています

statista.comのブログは、専門家のチームが最も優れた音声検索アシスタントを探すための調査を実施し、音声アシスタントに対して様々な質問が投げかけられ、どのような結果が出るかを調査した結果が公開されています。

その結果は、全てのカテゴリーにおいて、Googleアシスタントが他の音声アシスタントと比べて優れていることが分かったのです。5つの項目のうちGoogleアシスタントはAppleの Siri、Amazon Alexaと比べて、”ローカル情報”、”商品情報”、ナビゲーションと情報検索”のカテゴリーで優れた結果を出しています。

ナビゲーションに関連する質問では93%の正答率をGoogleアシスタントはたたき出しています。

質問がシンプルであっても複雑であっても、Googleアシスタントは他のどの音声検索よりも正確に反応していました。Googleアシスタントの正答率は実に70%です。

https://www.statista.com/statistics/1040539/digital-assistant-performance-comparison/ より

Amazon Alexa

Alexaは、Amazonが提供するクルドベースの音声サービスです。様々なプラットフォーム、例えばiOS、Linux、Androidや Windowsなどに統合することが可能になっています。

Amazon Alexa

2019年9月時点で、Alexaには100,000近くの能力が備わっています。2016年の時点でAlexaには、たった130のスキルしかなかったことを考えると、能力の急激なアップデートは注目に値します。3年もの間に、AmazonのテクニカルチームとAIアルゴリズムは99,870以上のスキルを学習したことになるわけです。

Amazon Alexaは、たくさんの小さな音声アシスタントをサポートする、音声アシスタント機能のトップサービスです。ざっと見積もって60,000もの製品がAmazon Alexaによってサポートされています。

Amazonには「Amazonラボ126」という、スマートスピーカーの開発ラボがあります。Amazon Echoは市場に公開された最初のスマートスピーカーで、Alexaは、Echo Dot、Echo StudioそしてAmazon Tap speakerに使用されています。

Apple Siri

Siriは、元々はSRIインターナショナルで開発されたもので、同社は2010年にAppleの傘下に入りました。

Apple Siriは、初めてモバイル端末に統合されたデジタルアシスタントになります。アメリカで実施された調査によると、90%のユーザがモバイル端末でSiriを使用しています。Siriは、搭載されているAIがパーソナライズされた結果を提供するクラウドベースのアシスタントになります。

そして、Siriは様々な音声コマンド、リマインダー、スケジュール、インターネットなどのブラウジングなどをサポートしています。

音声検索最適化(VSO)とは?

あなたのWebサイトを音声検索に最適化することを音声検索最適化(VSO)といいます。

音声検索で上位にランクするために、我々はこれまでの考え方は少し違った考え方をする必要があります。この記事の冒頭で、通常の検索と音声検索の違いについて言及しました。この二つの検索の間になるメカニズムは少々異なります。

ここで、Google検索結果画面にあなたのWebサイトを表示させるための重要なステップをいくつかご紹介します。

音声検索ではどのように検索クエリを最適化するのか?

検索クエリの大部分は。会話型でロングテイルキーワードで構成されています。そこで、検索クエリを考えて決定することは、あなたのビジネスインフォーメーションを検索結果画面に表示させるトリガーになります。

不幸にも、Googleや他の音声検索プラットフォームでは、音声検索キーワードリストや検索ボリュームは提供していません。なので、私たちがやるべき最善の方法は、あなたのお客様があなたの製品やサービスに対する質問をどのように聞いてくるかを考えることではないでしょうか。

利用可能なサードパーティー製のキーワード探索ツールがたくさんあります。例えば、Answer the public, Ahrefs Keyword Explorer, SEMRush, Uber suggestは、キーワードリサーチをするのに、とても優れたキーワードリサーチツールです。

あなたが音声キーワード検索リストを作成する際には、いつでも”誰が・どこで・いつ・何を・なぜ、そしてどのように”のような5W1Hに焦点を当てて考えることが大切です。

例えば、Answer the publicにログインして、メインキーワードを入力してみましょう。今回は” Voice Search ”と入力してみます。

answerthepublic.comにキーワードを入力してみよう

そして、”Search”ボタンをクリックすると、インターネット上で最も検索されている質問、類似語、前置詞情報などが、キーワード”VoiceSearch”の検索クエリとして表示されることになります。

検索クエリが分かれば、あとはこれらの質問に回答するようなコンテンツを作成していけばよいのです。

リッチリザルト(リッチスニペット)に最適化する

semrushブログによれば、音声検索結果の70%はリッチリザルト形式のものになります。これらのリッチリザルトの中で60%が、スニペットリザルトです。

リッチリザルトは、ビジュアルが加えられたり、インタラクティブな要素が含まれています。例えば、FAQなどがその最たる例です。

下記は、Googleが紹介しているリッチリザルトに対応させるための強化策です。

  • メタタグを用いること。そうすることで、Webページの中でキーとなる情報を特定しやすくなります。
  • リッチスニペットを用いてHTMLデータの中に挿入すること。このオプションを導入することによって、Google検索上にリッチスニペットを表示させることができます。
  • サイトマップデータをHTMLページに加えます。このオプションでは、ダウンロードリンクのようにアクションを促したり、カスタム属性をスニペットに追加することが可能になります。

あなたのWebサイトが、リッチリザルトに対応しているかどうかを確認する方法としては、Googleリッチリザルトテストを利用します。これは、特定のURLをテストし、そのコードがリッチリザルトに対応しているかどうかを確認します。そして、Googleのテストで検出される様々なエラーや警告が表示される仕組みになっています。

このシステムによって、様々なエラーを改善し、Webサイトを最適化することに役立ちます。

リッチリザルトテスト

Googleリッチリザルトに関する情報をより詳しく知りたい場合は、Google検索セントラルブログ『リッチリザルトテストのベータテスト期間が終了』をご確認下さい。

コンテンツをボイスサーチクエリに向けて再構築する

もしあなたが、Webサイトを新たにデザインする場合は、サイトをボイスサーチに最適化することは決して難しいことではありません。ただ、既にWebサイトが存在し定期的にアップデートしているが、音声検索に最適化していない場合については、Webサイトを新たにデザインして、記事の中身をリライトすることが現状できることの最善の策だと思います。

これは、記事をAからZまでの音声コマンドに対応した記事を書くということではありません。これまで書いた記事を分析して、会話型の質問や回答をさらに挿入していくという意味です。それによって、音声検索クエリに対応できるようになるはずです。

よくある質問(FAQ)のセクションを含めること

もしあなたが、組織の中でプロダクトやサービスに関するWebページをそれぞれ持っていたとします。FAQを含めることによって、プロダクトやサービスに関してよく質問される内容に対して、Web上で公開することができます。FAQを充実させることは、より会話型のキーワードを掲載し含ませることができます。

Googleアシスタントでは、これらFAQをリッチスニペットとして引用して、音声検索結果として表示させる可能性が最も高いのです。

Googleマイビジネスのプロファイルを最適化する

Googleマイビジネスの情報が掲載されます

Brightlocalによる『ローカルビジネス研究のための音声検索-統計とトレンド』では、46%の消費者が音声検索を活用して、ローカルビジネス情報を日々探しています。

自分の近くにある位置情報をベースとした検索クエリは日々増加しています。

そこで、あなたのビジネスインフォメーションを音声検索クエリによって表示させるために出来ることは、Googleマイビジネスに情報を載せて、ビジネス情報を積極的に発信することと、それを最適化することです。

あなたの会社がGoogleマイビジネスアカウントを所有していることで、Googleはあなたの会社の住所、どのようなビジネスを展開しているか、コンタクト情報などを把握します。

Googleマイビジネスのログイン画面-ここからアカウント作成もできる

Googleマイビジネスの情報を更新することで生まれる主なメリットは、誰かがあなたの会社と似たような製品やサービスを同じエリアで検索したときに、Googleマイビジネスアカウントから詳細情報を引用して、検索結果画面に表示してくれることです。

また、公開したブログのリンク、更新した新たなインフォメーション、ニュース、お得な情報、画像などを公開することができます。そうすることで、検索結果の上位に情報を表示させることが可能になるのです。

これがマイビジネスのデスクトップ上の検索結果に表示させる方法になります。

Webページの表示速度を改善する

Google Page Speed Insights

音声検索結果に限らず、通常の検索結果においても、検索結果にランクさせるために必要な共通の要素があります。

Webサイトがローディングされるまでの時間は、検索結果にランキングされるための重要な要素の一つです。自社のWebサイトのローディング時間を確認するためには、Page Speed Insightsを活用します。

このツールを活用することでモバイルフレンドリーテストも同時に行うことができます。

PSIまたはPage speed insightツールは、実際のユーザデータを使用して、様々なデータレポートを提供し、ページパフォーマンスをスコアリング形式で表示してくれます。それと同時に、このツールを使用することによって、どうやって現状のWebサイトのローディングスピード(サイトが表示されるまでの速度)を改善していくのかというインサイトデータを提示してくれるのです。

インサイトデータにしたがって少しずつでも改善を重ねていくことにより、私たちのWebページのローディングスピードは改善されます。

Googleの検索アルゴリズムでは、ページの表示速度を検索ランキングの指標の一つにしています。

貴社のWebサイトを音声検索に最適化するために、ページロードの速度を改善する必要があるわけです。

以下の項目は、あなたのWebサイトが表示されるまでの速度を改善するために役立つ最良の事例になります。

  • 画像のサイズや容量を最適化し、次世代画像フォーマットに変換すること
  • 多くのページリダイレクトを分析して削除する
  • アニメーションコンテンツの代わりに動画フォーマットを使用する
  • サードパーティのアプリやサービスの使用を極力控える
  • 画像の大きさをリサイズする
  • CSS、JavaScriptファイルのサイズを最適化する
  • テキストファイルの圧縮

過去に私たちが書いたブログでは、SEOツールに関する情報をより詳しくご紹介しています。

ぜひ、ご確認下さい。

SEOツール : Google7つの神器 (Google SEOのためのコンプリートガイド)

まとめ:今がWebサイトを音声検索に最適化する時です

ここ数年、音声検索は広く一般に普及してきました。まさに今、Webサイトを音声検索に最適化する絶好のタイミングなのです。これを、音声検索最適化(VSO)といいます。

GoogleアシスタントやAmazonAlexa、AppleのSiri、そしてMicrosoftのCortanaのようなトップのバーチャルアシスタントは、音声検索ユーザに適切なコンテンツを表示させるために、”ボイスサーチフレンドリー”なWebページを探しています。

この音声検索コンプリートガイドを読んでいただくことによって、『音声検索がどのようなものなのか』そして『音声検索におけるクエリによって検索上位に表示させるためには、どのような戦略が必要なのか』を理解することができます。そのためには、ロングテイルSEOを強化する必要があるのです。

最後に、音声検索における様々な体験を聞かせて下さい。サイバーブリッジのデジタルマーケティングチームでは、あなたのWebサイトを音声検索に最適化するためのサポートの準備が出来ています。

以下の問い合わせフォームより、お気軽にご相談いただければ、早急にご連絡させていただきます。

音声検索にWebサイトを最適化したい方はこちら

年々、音声検索ユーザは増加していますが、Webサイトを音声検索に対応しているケースは、まだまだ多くはありません。今がまさに絶好のチャンスです。

下記フォームよりご相談いただければ、当社デジタルマーケティングチームが対応させていただきます。

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

    この人が書いた記事をもっと読む
    無料
    相談