1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. リードジェネレーションにおけるリードとは?|「リード」の定義について解説
デジタルマーケティング 2022.7.26

リードジェネレーションにおけるリードとは?|「リード」の定義について解説


リードジェネレーション

初めてNHKの営業担当者と会った時のことを思い出します。実は、会ったわけではありません。家に来てくれたんです。
その日は土曜日で、私の休日だった。昼食に美味しいカレーを食べようとしたら、誰かがベルを鳴らした。 その時、誰かがベルを鳴らすのが聞こえたんです。それで、私は弁当をしまって、見に行ったんです。そこに彼はいた。
彼はまず、威勢のいい声で私に近づき、NHKの月極めプランを売りつけようとした。家にも入ろうとしていた。怖い思いをした。
皆さんはどうですか?突然、何かを売りつけられた経験はありませんか?あるいは冷やかしのセールスはどうでしょうか。

このイライラするような割り込みこそが、今回リードジェネレーションについてお話する理由です。リードジェネレーションとは何でしょうか。リードジェネレーションとは、あなたのビジネスや組織を、世界中のパスタ好きのためにスパゲッティの夜を台無しにしている、迷惑で邪魔な冷やかし電話から救うことができるソリューションなのです。

まずは、リードを定義することから始めましょう。次の記事では、オンライン・リード・ジェネレーションとは何か、なぜリード・ジェネレーションが必要なのか、誰かをリードとして認定する方法、リードを生成する方法、そしてインバウンド・リード・ジェネレーションが単にリードを購入するよりはるかに効果的である理由を説明します。

リードとは?

リードとは、何らかの形であなたの会社の製品やサービスに興味を示した人のことを指します。

リーダーであるあなたは、連絡先を購入した人からランダムにコールドコールを受けるのではなく、すでにコミュニケーションを開始している企業や組織から連絡を受けることになります。

リードの例

例えば、車の手入れ方法について知るためにオンラインアンケートに参加したとします。そのアンケートを実施した自動車会社から、車の手入れの仕方についてメールが届いたとしたら、あなたが車のメンテナンスに関心があるかどうかもわからないまま、突然電話をかけてくるよりも、はるかに押し付けがましくなく、無関係な感じがしますよね?

また、ビジネスの観点からは、自動車会社がアンケート回答から収集したあなたの情報は、あなたの既存の問題に対処するために、その冒頭のコミュニケーションをパーソナライズするのに役立つのです。

リードジェネレーションとは?

リードジェネレーションとは、見知らぬ人や見込み客を引き付け、自社の製品やサービスに興味を示した人に変換するプロセスのことです。リードジェネレーションの例としては、求人応募、ブログ記事、クーポン、ライブイベント、オンラインコンテンツなどがあります。
私は、マーケティングの専門家ではない人に「何をやっているのか」と聞かれたとき、「リードジェネレーションのためのコンテンツを作っている」と答えることができません。リードジェネレーションのためのコンテンツを作っています」とは言えませんし、困惑した顔をされます。

そこで、「自分のビジネスに人を惹きつけるユニークな方法を見つける仕事をしている」と答えることにしています。そして、その人たちが自然に私の会社に興味を持ち、最終的には私たちから話を聞きたいと思うくらいにブランドに親しんでもらえるような、十分な特典を提供したいのです!” と言います。

リードジェネレーションとは、潜在的な顧客を自分のビジネスに引き込み、最終的に購入に至る道筋をつけることなのです。

まとめ

リードジェネレーション記事シリーズの第一弾です。今回はその第一弾として、リードジェネレーションをわかりやすく解説します。誰でも簡単にリードジェネレーションを理解できるようになります。

サイバーブリッジはHubSpotの認定パートナーです。HubSpot Marketing Hubの購入・導入のお手伝いをいたします。ハブスポットのマーケティングハブのパッケージは3種類あります。

まずはご相談ください。結果重視のインバウンドマーケティング戦略の設計と実行をお手伝いします。


この記事を書いた人

Digital Marketing Devision
Kalinga

私は美しい長い名前を持っていて、それは私が人々と会話を始めるのを助けます。 私はスリランカで育ち、2018年に日本に移住し、すぐにスリランカに恋をしました。 私は販売とマーケティングの分野で8年近く働いていました。 専門学校で勉強していたとき、CyberBridgeのマーケティング部門で働く機会がありました。 やりがいがあり、同時に楽しかったです。 私は辛い食べ物が好きで、人との会話を楽しんでいます。 私は人前で話すことに情熱を持っています。 マーケティング関連のお問い合わせは、お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事をもっと読む