【GoogleAnalytics】自社のIPアドレスからのアクセスをカウントさせない方法 | サイバーブリッジ株式会社
  1. HOME
  2. メディア
  3. Web制作
  4. 【GoogleAnalytics】自社のIPアドレスからのアクセスをカウントさせない方法
Web制作 2019.10.30

【GoogleAnalytics】自社のIPアドレスからのアクセスをカウントさせない方法

  • GoogleAnalytics

こんばんは。サイバーブリッジ爆弾処理班の櫻井です。

GoogleAnalyticsを導入したはいいものの、最初の内は自社端末からのアクセスが大半です。アクセス数が増えてくれば、自社からのアクセスは誤差程度として処理できますが、最初の内は「実際に外部からのアクセスがどれくらいあったのか」が分からず正確なデータが取れないことがありますよね?

であれば、GoogleAnalyticsを導入した段階で、IPフィルタによる制限をかけてしまいましょう。

今回の設定方法は、グローバルIPアドレスによる制限です。IPアドレスが固定されていることが条件になりますが、ビジネス組織のネットワークであればIPアドレスは固定していると思いますので、ぜひ試してみて下さい。

GoogleAnalyticsでIPアドレスのフィルタを設定する目的

目的は至ってシンプルです。社内端末(ネットワーク)からのアクセスをカウントセず、純粋にどれくらいのユーザがサイトへアクセスしたかを確認するためです。

そのデータを元にサイトを改善していくことができますね。

GoogleAnalyticsでIPアドレスのフィルタを設定する手順

手順は決して難しくありません。3ステップで終わりますので、やってみましょう。

1、[管理]を選択して[フィルタ]を選択する。

analyticsを開いたら[管理]を選択し[フィルタ]を選択する

2、[フィルタの追加]を選択する

3、[フィルタ名]は任意です。ここでは「事務所」としておきます。次に[フィルタの種類]ですが、「カスタム」を選択しましょう。[除外]にチェックを入れ[フィルタフィールド]は「IPアドレス」を選択します。その下の[フィルタパターン]に社内のグローバルIPアドレスを入力します。入力が完了したら最後に[保存]を選択しましょう。

グローバルIPアドレスを入力する

グローバルIPアドレスは、ISP事業者の契約情報で確認できますが、インターネットに接続された状態で、[確認くん]と検索すると調べることができます。

設定が完了したら、端末からサイトにアクセスし、カウントされていないことを確認しておきましょう。

以上になります。

Webサイトを公開して間もない頃は、アクセス数も思うように伸びず、テンションも下がりがちですが、辛抱強く継続していくとどこかのタイミングで急激に伸びだします。

そのためにGoogleAnalyticsを上手く活用することで、自社サイトを効率的に運用することができますので、積極的に活用してみて下さい。

今後もGoogleAnalytics関連の記事を更新していきますので、楽しみにしてて下さい。

この記事を書いた人

Web事業部
久保田 里佳子

1992年生まれ。2児の母。入社後、営業を経て独学でhtml/css・Webデザイン・マーケティングを学び、現在はWeb関連全般に携わっています。趣味はお酒・ゲーム・漫画・アニメとかなりのインドアですが、たまにゴルフもやります。特技は超高速クッキング(見た目より味重視)。全てのお客様が笑顔になる仕事を心がけてます。

この記事をSNSでシェアする