1. HOME
  2. メディア
  3. Web制作
  4. ブラックハットSEOテクニックとは?| こんなSEOテクニックはやめましょう
Web制作 2022.8.12

ブラックハットSEOテクニックとは?| こんなSEOテクニックはやめましょう

  • SEO対策
  • SEO

SEOは、デジタルマーケティング業界で最も高い収益を上げているビジネスの1つです。検索エンジン最適化が始まった15年前にさかのぼると、人々はSEOを検索エンジンのアルゴリズムを操作するための別のテクニックだと考えていました。しかし、そうではありません。

当時は機械学習やAIがそれほど発達していませんでした。そのため、一部のマーケティング担当者は、検索アルゴリズムを操作するためだけにSEOのテクニックを使っていたのです。これらのSEOテクニックは、ブラックハットSEOテクニックと言われています。

しかし、時代とともにGoogleなどの検索エンジンは、最適な結果を見つけるために検索アルゴリズムを常に更新していきました。今現在も、ブラックハットSEOのテクニックに従う人はいます。

そこで、この記事では、ブラックハットSEOのテクニックについて、また、なぜそれを避けるべきなのかについて説明します。

ブラックハットSEOとは?

ビジネスを成功させるためには、検索結果に表示されることが不可欠ですが、検索エンジン最適化の方法には、適切な方法と不適切な方法があります。不適切な方法とは、ブラックハットSEOのことです。ユーザーを助けるのとは対照的に、ブラックハットSEOは、検索エンジンのアルゴリズムを操作することを目的としています。

ブラックハットSEO対策は、検索エンジンのルールに違反したウェブサイトの順位を上げるために採用されます。ブラックハットSEO戦略は、SERPsでウェブサイトの順位を向上させるために、検索エンジンのアルゴリズムを操作するためだけに実施されます。

Googleなどの検索エンジンは、この種のSEOテクニックがガイドラインに違反していることを明確に述べています。もしあなたが検索の世界に慣れていないのであれば、Googleのような検索エンジンは、ユーザーが検索を完了した時点で最高の結果を提供するように設計されていることを知っておくべきです。ユーザーに快適な検索体験をしてもらいたいので、提供する結果にスパムが含まれていないことを確認しているのです。

検索エンジン会社は、ブラックハット技術を使用するSEO実践者を特定し、ペナルティを与えるように設計されたAIまたは人間の手順を使用して、自動的にこれを達成します。もし、ブラックハット技術が発見された場合、あなたのウェブサイトはペナルティを受ける可能性があり、その結果、順位が下がり、オーガニック訪問者が減少することが予想されます。

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違い

ホワイトハットSEOは検索エンジンのガイドライン(Googleのウェブマスター向けガイドラインなど)を遵守していますが、ブラックハットSEOはそれを無視したSEOです。これが、2つのタイプのSEOの大きな違いです。検索エンジンをターゲットにした戦術や戦略は非常に異質であるため、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOを比較するのは簡単なことなのです。

私は、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いについて、完全な記事を書きました。もっと知りたい方は読んでみてください。

なぜブラックハットSEOを避けるべきなのか?

ブラックハットSEO戦略を採用しても、ユーザーの利益にならないのは事実ですし、検索エンジンが存在しなければ適用されることもないでしょう。次の画像を見てください。Googleのウェブマスターガイドラインによると、「検索順位を上げることを目的としたトリックを避ける」よう明確にアドバイスしています。

なぜブラックハットSEOを避けるべきなのか

ブラックハットSEOの技術を利用してウェブサイトをランク付けすることは、多くのリスクを伴います。だからこそ、SEOコミュニティや専門家の大半は、ホワイトハットSEO戦略の活用を推奨しています。SEOの専門家の大半は、これらの戦術は完全に非倫理的だと考えています。

しかし、実際のところ、ごく一部のマーケティング担当者は、システムを操作してサイトのオーガニックな成功を加速させたいと考えていますし、おそらく今後もそうでしょう。たとえブラックハットSEOが成功したとしても、その結果は一過性のものであることが多いのです。

SEOを実施する際には、検索エンジンではなく、人間のためにコンテンツを作成することを常に念頭に置いてください。ブラックハットSEOを避けるべき理由をいくつか挙げてみました。

  • 悪いユーザーエクスペリエンス(検索エンジンのためではなく、人間のためにコンテンツを開発することになる)
  • 検索エンジンからペナルティーを受ける可能性がある。
  • ウェブサイトのランキングや可視性が低下する可能性があります。
  • SEOは長期的なプロセスです。ですから、長期的な結果は得られません。
  • あなたの権威と業界の評判が落ちるかもしれません。

ブラックハットなSEOテクニックを避ける

キーワードスタッフィング (Keyword Stuffing)

検索結果ページでのページの表示位置をコントロールするために、コンテンツに無関係なキーワードを詰め込む手法は、キーワードスタッフィングとして知られています。ホワイトハットのSEOでは、ページ内にキーワードを散りばめてサイトのランクを人為的に上げようとすることがあります。

キーワードが何の価値ももたらさないのに、いくつものバリエーションで追加されると、ユーザーに悪影響を及ぼします。さらに、関係のない問い合わせでもページが上位表示されるようになることもあります。皆さんも、ネットの記事を読んでいて、全く意味が分からないという経験をしたことがあると思います。そのような記事は、声に出しても意味のないキーワードで埋め尽くされているのです。

リンクファーム (Link Farms)

リンクファームは、リンクを提供するためだけに作られたウェブサイトの束です。多くの人々は、より多くのバックリンクを得るためにこれらのファームにお金を払います。だから、彼らはコンテンツを改善するために努力することなく、異なるウェブサイトから多くのバックリンクを取得することができます。

問題は、これらのWebサイトが有効なコンテンツを持っていないことです。リンクファームは、低品質のコンテンツとたくさんのリンクを持っていることが多いのです。リンクは通常、アンカーテキストにそのサイトを上位表示させたいキーワードを含んでいます。Googleなどの検索エンジンは、簡単にリンクファームを検出することができますし、それらを使用することは避けるべきである。

ブログコメント(Blog Comment)

FiverrやUpworkのようなウェブサイトを見ると、より多くのトラフィックとドメインオーソリティを得ることができるバックリンクの作成を提供するサービスプロバイダがたくさんいることがわかります。これらの人々が使用するトリックの一つは、あなたのウェブサイトへのリンクを持つ他のウェブサイトのコメント欄のスパムです。

通常何が起こるか、その人、自分のウェブサイトへのリンクを持つ他のウェブサイト上でコメントをすることです。これは、リンクを構築するためのスパム的な方法です。実際に多くのブロガーは今、彼らのコメント欄のリンクは、デフォルトではフォローしないようにします。

日ごとに検索エンジンは、これらのブラックハットSEOのテクニックに取り組むために更新されます。

クローキング (Cloaking)

クローキングとは、ユーザーと検索エンジンに別の情報やURLを与え、最終的に異なる体験をさせることを含む技術です。

これは、読者を別の場所(またはオブジェクト)に誘導しながら、検索エンジンのために書かれた資料を使用してページをランク付けしようとする明らかな試みです。これは、検索エンジンのポリシーに反する不正な行為です。

最高のユーザー体験を提供することに力を注げば、検索エンジンもあなたのページを賞賛する可能性が高くなります。

コンテンツの複製 (Duplicate Content)

質の高いコンテンツを作るのは大変です。多くのリソースを必要とします。しかし、コンテンツがGoogleのトップ3のランキング要因の1つであるという現実は、避けて通ることはできません。そのため、コンテンツマーケティング担当者は、より手頃で簡単にコンテンツを制作するテクニックを探そうとすることがあります。

実際に役に立つことやオリジナルなことを書かずに、多くのキーワードでランク付けするためにコンテンツを自動生成することは、頻繁に行われるブラックハット戦術です。通常、このような複製されたコンテンツは、結局ユーザーに悪い経験を提供することになります。

重複したページや質の悪いページがもたらす問題を避けるために、SEOに適したコンテンツを制作する努力をしましょう。

隠しテキスト / 不可視のテキスト (Hidden Text/Invisible Text)

これはもう古い話ですが、とにかく有害だと誤解される可能性があるので、コメントしておく必要があります。検索エンジンのことだけを考えてキーワードやリンクを入力し、テキストを見えなくすることである。

隠しテキストとは、背景と同じ色のテキストのことです。画面の外や画像の後ろに配置することができます。コンテンツ制作者は、キーワードを詰め込むためにこれを行う。つまり、ユーザーから見えないようにするのです。そのためにCSSを使ったり、フォントサイズを0にしたりします。ウェブの背景と同じ色をテキストにつけることもあります。

検索エンジンも進化しているので、このブラックハットSEOはすぐに見破られます。

まとめ

SEOは、デジタルマーケティング業界で最も高い収益を上げているビジネスの1つです。ブラックハットSEO戦略は、ウェブサイトのランキングを上げるために使用されます。しかし、それは検索エンジンのルールに違反しています。ブラックハットSEOは、検索エンジンのアルゴリズムを操作することを目的としています。

ホワイトハットSEOは検索エンジンのガイドラインを遵守していますが、ブラックハットSEOはそれを無視しています。SEOの専門家の大半は、ブラックハット技術よりもホワイトハットSEO戦略の活用を推奨しています。

この記事では、キーワードスタッフィング、リンクファーム、ブログコメントスパム、クローキング、重複コンテンツ、隠しテキストなどのブラックハットSEOのテクニックについて説明しました。


この記事を書いた人

Digital Marketing Devision
Kalinga

私は美しい長い名前を持っていて、それは私が人々と会話を始めるのを助けます。 私はスリランカで育ち、2018年に日本に移住し、すぐにスリランカに恋をしました。 私は販売とマーケティングの分野で8年近く働いていました。 専門学校で勉強していたとき、CyberBridgeのマーケティング部門で働く機会がありました。 やりがいがあり、同時に楽しかったです。 私は辛い食べ物が好きで、人との会話を楽しんでいます。 私は人前で話すことに情熱を持っています。 マーケティング関連のお問い合わせは、お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事をもっと読む