1. HOME
  2. メディア
  3. Web制作
  4. 直帰率と検索順位の関係性とは? | SEOに与える影響を考える
Web制作 2022.8.18

直帰率と検索順位の関係性とは? | SEOに与える影響を考える

  • 直帰率
  • 検索順位

直帰率と検索順位の間にはどのような関係性があるのでしょうか。

まず始めにお伝えすることは「直帰率は検索順位に影響しない」ということです。

直帰率の数値が高いということは、サイト内を回遊していないことを意味します。

ですので、SEOの観点から判断した場合、直帰率が高いことは望ましくない結果だと誤解されがちですが、そのような解釈は間違っています。

Googleの公式発表でも「直帰率は検索順位に影響しない」と公表されています。

検索順位に影響するのは直帰率ではなくPogoStickingの頻度です

直帰率は検索結果に直接的な影響はありません
検索順位に影響するのはPogoStickingの頻度です

直帰率の高さではなくPogoStickingの頻度が検索順位に影響を与えることは、以前も説明しました。

検索順位に影響するPagoStikingとはなにか?

PagoStikingとは検索ユーザーが自社のサイトを訪れて直帰した後に、再び検索エンジンに戻り別のサイトへアクセスするという一連の行動です。

この一連の行動が頻繁に発生しているサイトは、検索エンジンからの評価は下がってしまいます。

PagoStikingの頻度が高いと検索順位に悪影響

このことが意味することは、ユーザーAさんは、検索によって課題を解決するために、検索結果に表示されていたサイト1を訪れました。

サイト1は、検索結果で上位に表示されていたため、クリックしてサイトを訪れました。

しかし、訪れたサイトはAさんが求めてるような課題解決につながらず、サイト1を直帰して、別のサイト2にアクセスしたのです。

この一連の行為がPagoStikingになりますが、サイト1にはどのような問題があったのでしょうか。

  • タイトルと本文に大きな乖離があった
  • クリックを誘導するようなポップアップが常につきまとう
  • サイトの表示速度が遅く使い勝手が悪い

このような質の低いコンテンツでは、Googleからの評価は著しく下がってしまいます。

このような一連の流れが直帰率と検索順位の関連性になります。

直帰率が高いと検索順位が下がるのではなく、直帰率が高いサイトは往々にして、何かしらのコンテンツに関する問題をかかえている可能性があります。

見出しと中身の充実させてコンテンツでユーザーの課題を解決できるコンテンツを作ろう

質の低いコンテンツは、検索エンジンからは評価されません。

究極のコンテンツとは、ユーザーの課題や悩みを解決するコンテンツです。

  • 立派な見出しがついているが中身が薄いコンテンツ
  • 本文が読みづらいコンテンツ
  • キーワード対策しか意識していないコンテンツ

これでは、ユーザーの課題は解決できず、他のページに移ってしまいます。

特定のユーザー、特定の課題を解決する意識を高めながら、コンテンツを作ることを心掛けて下さい。

そして、一度訪れたユーザーがWebページを閉じるときは、検索によって顕在化された課題が100%解決された状態になることを目指しましょう。

そうすることで、PagoStikingが発生する頻度が少ないサイトになり、検索エンジンからの評価も自ずと高まります。

直帰率が高い要因の一部が低品質なコンテンツになります

低品質のコンテンツは直帰率の間接的な要因につながる
低品質のコンテンツは直帰率の間接的な要因につながる

直帰率と検索順位には直接的な因果関係はありませんが、間接的には大きな影響を持ちます。

あなた自身がWebページから離脱するときのことを想像してみて下さい。

必ずしも満足している状態とは限らないと思います。

  • ページの読み込み速度が遅く待つのがめんどくさい
  • スマホで表示されたテキストが小さすぎて読みづらい
  • デザインが奇抜だったり動きが多すぎて気が散る

あなたは気が付いていないかもしれませんが、このような”読み手のストレス”も大きく影響します。

これらは、サイトの表示速度の問題だったり、ページエクスペリエンスの問題で検索結果に大きく左右して間接的に直帰率が検索順位に影響するのです。

事実として、検索結果4位までの直帰率と5位以降の直帰率には大きな差があります。

直帰率とSEOの関連性は、全く影響がないということでもなさそうですね。

高品質なコンテンツを書くことのメリット

高品質なコンテンツは直帰率を下げて検索順位に好影響を与える
高品質なコンテンツを書くことのメリットは非常に多いです

ビジネスブログを書くとこうなる!継続して書くためのポイントも紹介』の記事の中では、ビジネスブログを書き続けなければならない理由をテーマにしています。

  • 自社のビジネスやサービスをより多くの人に認知してもらうため
  • 自社のビジネスにおける専門性や優位性をユーザーにアピールするため
  • 自社のビジネスを通じてユーザーの課題を解決するため

良質なコンテンツを書くことは、結果的にウェブページを強化することにつながるのです。

直帰率と検索順位に直接的な関係はありません。

それでも、高品質なコンテンツを書けば間接的に直帰率の低下につながり、それが検索順位に大きく関係するのです。


この記事を書いた人

代表取締役
櫻井 邦則

1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

この人が書いた記事をもっと読む