CYBER-BRIDGE INC.

menu

WindowsServerリプレイスとUTMの導入

導入事例2

お客様情報

業種 デザイン業
エリア 東京都港区
人数 11名
拠点数 1
接続端末台数 15台~20台

導入機器

導入機器 Dell PowerEdge T330 CheckPoint CP730

お客様の課題

サーバの定期リプレイス

元々、使用していたファイルサーバ(NAS)が導入後5年近く経過したため、リプレイスのご要望をいただきました。会社にとって各データは重要な資産となるため、NASの破損やHDDの故障が起きる前に交換をしました。

柔軟なアクセス権限ができ、高負荷の筐体を導入したい

データを守る意識が極めて高いお客様の要望にお応えするために、WindowsServerの提案をさせていただきました。一つ一つのデータ量が大きいので、フリーズするケースも多々あったようです。

ランサムウェアなどのセキュリティ対策

ランサムウェなどのウイルス対策もしていきたい。自社だけでなく、関連会社や取引先にも迷惑をかけることがないよう対策を行いたいとのことでした。

課題解決

定期的なメンテナンスによりデータの破損を防ぐ

定期的なHDDのリプレイスを行うことで、HDD等故障によるデータの消失を防ぐことができます。24時間稼働する、サーバやNASは、通常のパソコンと比較して消耗が激しいです。初期不良を除き、3年を経過すると故障確率が一気に高くなります。HDDは消耗品です。故障するまで使い続けるのではなく、管理上、定期的なリプレイスをお勧めします。

サーバの導入により、処理速度の向上が確認された

複数のスタッフが容量の大きいファイルデータを処理することにより、負荷がかかります。以前は、共有にアクセスができない、NASがフリーズしてしまったといった問題が発生していましたが、リプレイスによりそのような問題が解消されました。

UTMの導入によりセキュリティ対策の向上がされた

  ファイアウォールの設置は行っていたが、それだけでは防ぐことのできない対策を多層防御で実施しています。定期的なレポート配信により状況を確認し、対策を取る動きを行うことで安全なネットワーク環境の構築が実現できています。

導入後のサポート

お客様のご要望に応じて、導入後のサポートも行っております。

サーバのメンテナンス

定期的なサーバのアップデート(修正プログラム・機能強化・セキュリティ対策)を行っています。

アクセス権限の付与・変更に伴う、設定変更やライセンス管理を行っています。

セキュリティレポートの配信と改善提案

定期的にセキュリティレポートを配信することで自社のネットワークの状況を把握することができています。視覚的なレポートにより問題点、改善点を正確に把握し、セキュリティ対策を経営戦略の中に取り入れてます。

セキュリティレポートサンプル

定期配信するセキュリティレポートのサンプル(1ページ目)

 
 
導入実績一覧はこちら

他社様との相見積も歓迎!まずはご相談ください!!

\お急ぎの方はお気軽にお電話ください/

043-306-3735

【受付時間】09:00〜18:00 (土日祝日・夏季休暇・年末年始は休み)