CYBER-BRIDGE INC.

menu
セキュリティ

LINEを騙るフィッシングに関する注意喚起

こんにちは。サイバーブリッジの久保田です。

最近、有名なサイトを騙るフィッシングサイトが横行しています。デザインなど正規サイトと見分けがつかないくらい非常に巧妙にできていて、誤って情報を入力してしまいそうですが、正規サイトと異なる部分をしっかり見分けて被害に合わないように注意しましょう。

今回は、コミュニケーションツールとして多くの方が利用しているLINEでの実例をご紹介したいと思います。

LINEをかたるフィッシングメール

フィッシング対策協議会によると、判明しているフィッシングサイトのURLは、以下のとおりになります。

メールの件名

[LINE]二段階パスワードの設置

メール本文(一例になります)

最近LINEアカウントの盗用が多発しており、ご不便をもらたして、申し訳ありません。あなたのアカウントが盗まれないよう、システムは2段階パスワードに更新いたしました。なるべく早く設定をお願いします。

こんにちは、このメールはLINEで自動配信されています。
以下のURLをクリックし、二級パスワード設定手続きにお進みください。

LINEを騙るフィッシング(メール文面例)

図:フィッシングメール本文例(画像提供、フィッシング対策協会)

詳細内容

LINE をかたるフィッシングメールの報告が増えています。

1. 2018/06/06 11:00 現在フィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CC にテイクダウン(サイト閉鎖)を依頼中です。フィッシングサイトは停止しても、URL を変えて次々と立ち上がっているため、引き続きご注意ください。

2. このようなフィッシングサイトにてアカウント情報 (メールアドレス・パスワードなど) を絶対に入力しないように注意してください。

3. 類似のフィッシングサイトやメールを発見した際には、フィッシング対策協議会 (info@antiphishing.jp) までご連絡ください。

【参考情報】

フィッシングメッセージの特徴

・本文内にログイン画面へのURLが書かれていて、そのURLにアクセスするよう促している。
・日本語に不自然な部分がある

LINEを騙るフィッシング(フィッシングサイトの特徴)

図:フィッシングサイトの特徴(画像提供、LINE Corporation)

上記に該当するメールなどを受け取った場合は、本文内のリンクを開いたり、リンク先のログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力しないでください。
また、ログインしてしまった場合でも、SMSで送られてくる4桁の認証番号は絶対に入力しないでください。

2018年6月8日
 

他社様との相見積も歓迎!まずはご相談ください!!

\お急ぎの方はお気軽にお電話ください/

043-306-3735

【受付時間】09:00〜18:00 (土日祝日・夏季休暇・年末年始は休み)