CYBER-BRIDGE INC.

menu
セキュリティ

Adobe Flash Player の脆弱性対策について

こんにちは。サイバーブリッジの久保田です。Adobe製品(Adobe Flash Player)の脆弱性レポートが出ましたのでご案内します。

MyJVNバージョンチェッカによる最新バージョン利用の簡易チェックが行えます。こちらからご利用ください。

なお、本レポートは「IPA(情報処理推進機構)」のレポートを参照しております。

概要

アドビシステムズ社から Adobe Flash Player に関する脆弱性が公表(APSB18-24)されています。

アドビシステムズ社からは、「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」としてアナウンスがされているため、至急、修正プログラムを適用して下さい。

対象

以下のAdobe商品が対象です

Adobe Flash Player Desktop Runtime
 30.0.0.113 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS、Linux)

Adobe Flash Player for Google Chrome
 30.0.0.113 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS、Linux、Chrome OS)

Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11
 30.0.0.113 およびそれ以前のバージョン (Windows 10 および 8.1)

対策

インストール有無の確認

Adobe Flash Player のインストール有無を確認


次の URL にアクセスし、Adobe Flash Player のインストールの有無を確認する。
https://get.adobe.com/jp/flashplayer/about/

なお、一つのOSにおいて複数のブラウザ(*1)で、それぞれAdobe Flash Playerを利用している場合は、各ブラウザ毎に、Adobe Flash Player のインストールの有無を確認してください。

更新プログラムの適用方法

1 Flash Player のアップデート方法

次の URL にアクセスし、Adobe Flash Player の最新版をインストールする。
https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

2 Google Chrome のアップデート方法

Google Chrome は、Flash Player の機構を統合しています。
(ただしPPAPI版がインストールされている場合には統合版のFlashではなくPPAPI版が動作しているケースもあります)
次の URL を参考に、最新版にアップデートをするなどの対処を実施してください。
https://chromereleases.googleblog.com/

3 Internet Explorer および Microsoft Edge のアップデート方法

Windows 8.1/10 用 Internet Explorer 11 および Windows 10 用 Microsoft Edge は、Adobe Flash Player の機構を統合しており、Adobe Flash Player 単独でのアップデートはできません。
アドビシステムズ社からは、Windows 8.1/10 用 Internet Explorer および Windows 10 用 Microsoft Edge に統合されている Adobe Flash Player については、自動的に最新バージョンの 30.0.0.134 に更新されることが案内されています。

2018年7月13日
 

他社様との相見積も歓迎!まずはご相談ください!!

\お急ぎの方はお気軽にお電話ください/

043-306-3735

【受付時間】09:00〜18:00 (土日祝日・夏季休暇・年末年始は休み)