CYBER-BRIDGE INC.

menu
セキュリティ

今一度ご確認を!Wi-Fiのセキュリティ対策
「WEP」や「WPA」とは?

こんにちは。サイバーブリッジの久保田です。

最近、無線LANを利用できる環境が増えてきて、とても便利になってきたと感じます。

オフィス内でのインターネット環境も、無線化が主流になってきて、PC端末によっては、有線ポートがないものやWi-Fi接続できるデスクトップPCが増えてきています。

しかしここで気になるのは、セキュリティ面です。大切な情報を他の人に見られないようにする暗号化通信はいくつかありますが、スマートフォンの設定で出てくる「WAP」や「WPA2」など、英字や数字だけではわかりにくいですよね。いったいどれを選べばよいのでしょう。

セキュリティ設定「なし」「オープン」は避けよう

Wi-Fiの設定でもっともするべきではないのが、”セキュリティをかけていない状態のもの”と接続することです。
スマートフォン、PC端末上での表示は「オープン」「なし」といった表示なります。
接続する際にパスワードなどの入力をしなくてもよいので、楽なのですが、逆に情報を盗まれる可能性が高くもっとも危険な接続パターンです。*これを「野良Wi-Fi」と呼んだりもします。

逆の話になりますが、自宅のWi-Fiルータや、モバイルWi-Fiルータなどをセキュリティ設定なしの状態で公開すると、他社(他人)に勝手に通信されたり、なりすまして犯罪に利用される可能性があります。そういった場合は、設定を見直しましょう。

Wi-Fiセキュリティの種類

一般的なWi-Fiのセキュリティは以下の3種類になります。

WEP(Wired Equivalent Privacy)

「WEP」は、もっとも初期段階の暗号化で、セキュリティ性は皆無だと思っていただいて結構です。

イメージとしては、単に「形式的に暗号化されているようでとりあえず安心だな」程度です。こちらは、すぐに暗号化は破られてしまいます。したがって、「WEP」での接続はあまり推奨できません。

WPA/WPA2(Wi-Fi Protected Access)

「WPA/WPA2」は、WEPよりも複雑な暗号を用いますが、やはり暗号化を破られる可能性があります

WPA/WPA2 PSK(AES)(Advanced Encryption Standard)

「WPA/WPA2 PSK(AES)」は、さらに新しい暗号化を用いています。現在、もっとも信頼性の高いセキュリティのひとつとなっているため、いくつか選べる状況であれば、この「WPA/WPA2 PSK(AES)」を選択するべきです。
因みに、AESは、米国商務省標準技術局(NIST)が選定した次世代の暗号方式です。WEP、TKIPより強固な暗号化で、高いセキュリティ能力を発揮します。

現在使用している機器のセキュリティ状況を確認しよう

「セキュリティなし」「WEP」の場合は設定を見直す

現在、利用している無線ルータの状況を確認してみましょう。
使用しているルータのマニュアル、管理画面などから、どこまでのセキュリティに対応しているかを確認し、現状を確認してみて下さい。
万が一、「セキュリティなし」「WEP」の場合は、設定の見直しを行ったり、対応していない場合は、よりセキュリティ性の高いルータに切り替えましょう。市販のルータの多くは、「WPA/WPA2」以上の対応となっていますので、ぜひ一度確認してみて下さい。

屋外でWi-Fi接続する場合もセキュリティ設定を選ぶ

屋外などでWi-Fiに接続する際も、可能ならセキュリティ設定を確認してから接続することでより安心した通信を行えるようになります。
セキュリティの弱い接続方式であれば、携帯電話のテザリングやポケットWi-Fiを利用し安全な通信の接続を推奨します。

2018年8月1日
 

他社様との相見積も歓迎!まずはご相談ください!!

\お急ぎの方はお気軽にお電話ください/

043-306-3735

【受付時間】09:00〜18:00 (土日祝日・夏季休暇・年末年始は休み)