CYBER-BRIDGE INC.

menu
セキュリティ

盆明けに対処をAdobe Acrobat/Readerに深刻な脆弱性

 

こんにちは。サイバーブリッジの久保田です。

AdobeSystemsの製品「AdobeAcrobat」および「AdobeReader」のセキュリティ情報になります。
修正プログラムは米国時間8月14日になる見込みです。多くの組織が盆休みに該当するため、盆明けに一度確認してみて下さい。

パッチ公開は8月14日を予定

AdobeSystemsは複数の深刻な脆弱性に対応するために「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のセキュリティアップデートを準備しています。修正プログラムの公開は米国時間8月14日となる見込みです。

同社によれば、製品に存在する深刻な脆弱性の解消に向けて、ソフトウェアベンダー各社がセキュリティアップデートを公開する米国時間毎月第二火曜日、「バッチチューズデイ」に向けてアップデートを公開する予定だといわれています。

現時点では、脆弱性の悪用などは未確認で、適用優先度は、3段階中2番目にあたる「2」となっており、30日以内を目安としています。現状では、緊急性はそこまで高くはありません。

しかし、日本国内において多くの組織が盆休みに該当するため、長期休暇などを狙った攻撃など予想以上に早く悪用されることも想定し、動向を注視する必要もあるのではないでしょうか。

影響を受けるソフトウェア 影響を受けるソフトウェア(画像:Adobe Systemsより)
2018年8月10日
 

他社様との相見積も歓迎!まずはご相談ください!!

\お急ぎの方はお気軽にお電話ください/

043-306-3735

【受付時間】09:00〜18:00 (土日祝日・夏季休暇・年末年始は休み)