CYBER-BRIDGE INC.

menu
HOW TO

Windowsファイアウォールの確認と有効化

 

こんばんは。サイバーブリッジの久保田です。

今回も、最低限やっておきたいWindowsのセキュリティ対策といういことで、WindowsPCのセキュリティ対策設定を見直していきたいと思いいます。既に対策をとれれている方も多いと思いますが、確認の意味も含めてチェックしてみて下さい。

Windowsファイアウォールの確認と有効化

不正トラフィックから安全を確保するための機能であるWindowsファイアウォールは最低限行いたいWindowsのセキュリティ対策です。ウイルス対策ソフトによっては類似の機能を搭載しているものもあります。しかし、ウイルス対策ソフトの脆弱性が悪用されるケースもありますので可能なら有効化しておきたいです。

設定はWindowsファイアウォール画面から

「Windowsファイアウォール」画面の開き方

コントロールパネル>システムとセキュリティ>Windowsファイアウォールの順に開きます。

システムとセキュリティ
Windowsファイアウォール

Windowsファイアウォールの状態を確認します。
windowsファイアウォールが無効になっている場合は「Windowsファイアウォールの有効化または無効化から設定を行いましょう。

Windowsファイアウォールの状態
Windowsファイアウォールを有効にする設定

なお「Windowsファイアウォール」の画面のサイドバーにある「詳細設定」をクリックすると、さらに詳細な情報の参照やアクセス制御ルールなどが設定できます。
例えば、「ファイルとプリンターの共有」「Netlogonサービス(*1)」などの悪用の可能性のある設定は無効化しておきましょう。
(*1)ADサービスによるドメイン参加を行っている場合は、有効にして下さい。

Windowsファイアウォールの状態

許可(拒否)したいアプリケーションの設定

アプリケーション毎の設定も可能です。
Windowsファイアウォールによるアプリケーションの許可>設定の変更>別のアプリの許可 などから、許可(拒否)したいアプリケーションを選択し追加していきます。
稀に、ファイアウォールがアプリケーション単体に反応して思うような動きをしないケースがあるので、この画面から柔軟な設定をしていきましょう。

Windowsファイアウォールによるアプリケーションの許可
別のアプリの許可
追加画面

標準機能だけでも様々な設定が可能

Windowsのファイアウォールにも様々な設定が可能です。個別の設定をしっかり行うことで十分な対策が可能です。
しかしながら、これらの設定は非常に手間がかかり、同時に管理も大変です。
このような管理の手間と工数を減らすために、ウイルスソフトやUTMを上手に活用しながら効率のいいセキュリティ対策を行っていくの理想的なセキュリティ対策だと考えます。

2018年8月11日
 

他社様との相見積も歓迎!まずはご相談ください!!

\お急ぎの方はお気軽にお電話ください/

043-306-3735

【受付時間】09:00〜18:00 (土日祝日・夏季休暇・年末年始は休み)