CYBER-BRIDGE INC.

menu
HOW TO

Windowsネットワークと共有設定

 

こんばんは。サイバーブリッジの久保田です。

Windowsファイアーウォールの設定を行ったら、次にネットワークの共有の設定を実施しましょう。
Windowsファイアウォールの設定を確認したい方はこちらをご確認下さい。

ネットワークと共有センターの設定

ファイアウォールの設定を行ったら、次に実施したいのがネットワークの共有設定です。これは、攻撃者に侵入された際に真っ先に狙われるのが、ネットワーク共有設定が緩い端末だからです。

ネットワークと共有センタのウインドウの開き方

「Windowsファイアウォール」画面の開き方

コントロールパネル>ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター の順に開きます。

コントロールパネル
ネットワークとインターネット

ネットワークと共有センターの「共有と詳細設定の変更」をクリックします。

共有と詳細設定の変更

この画面では、プライベートネットワークとパブリックネットワークの共有設定が編集できます。基本ポリシーとして、特別な事情がないかぎりは、以下のように設定しておきましょう。

プライベートネットワークの設定

  • 「ネットワーク探索」を無効にする
  • 「ファイルとプリンターの設定」を無効にする
  • 「Windowsでホームグループ接続を管理できるようにする(推奨)」を選択する
プライベートネットワークの共有設定

ゲストまたはパブリックネットワークの設定

次に、ゲストまたはパブリックの設定ですが、別ネットワークからのアクセスに対する設定になりますので。基本的には無効化が基本です。

  • 「ネットワーク探索」を無効にする
  • 「ファイルとプリンターの設定」を無効にする
ゲストまたはパブリックネットワークの共有設定

全てのネットワークの設定

最後に、「すべてのネットワーク」の設定です。標準設定では、特に変更する箇所はないはずですが、もし、「パブリックフォルダの共有」が有効化されていた場合は無効化しておくことをおすすめします。基本的な考え方として、外部からのアクセスを無駄にさせてはならないと心得ておきましょう。
推奨する設定は以下になります。

  • 「パブリックフォルダー」の共有を無効にする
  • 「メディアストリーミング」を無効にする
  • 「128ビット暗号化を使用してファイル共有の接続を保護する」を選択する
  • 「パスワード保護共有を有効にする」を選択する
すべてのネットワークの共有設定
2018年8月11日
 

他社様との相見積も歓迎!まずはご相談ください!!

\お急ぎの方はお気軽にお電話ください/

043-306-3735

【受付時間】09:00〜18:00 (土日祝日・夏季休暇・年末年始は休み)