CYBER-BRIDGE INC.

menu
セキュリティ

Adobe Acrobat Readerの脆弱性対策について

 

アドビシステムズ社は8月15日(日本時間)に月例セキュリティ更新を公開しました。

サポートの概要

Adobe Acrobat および Reader に、PDF ファイルを閲覧することで任意のコード(命令)が実行される脆弱性(APSB18-29)が存在します。

これらの脆弱性が悪用された場合、アプリケーションプログラムの異常終了、攻撃者によってパソコン端末が制御されたりします。

アドビシステムズ社からは「過去に攻撃リスクが高いと評価されたことのある脆弱性」と報告があり、今後様々な被害に派生する可能性がありますので、早めに修正プログラムを適用して下さい。

対象商品

次のAdobe製品が対象です。

Acrobat DC

2018.011.20055 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS)

Acrobat Reader DC

2018.011.20055 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS)

Acrobat 2017

2017.011.30096 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS)

Acrobat Reader 2017

2017.011.30096 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS)

Acrobat Reader 2017

2017.011.30096 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS)

Acrobat DC (Classic 2015)

2015.006.30434 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS)

Acrobat Reader DC (Classic 2015)

2015.006.30434 およびそれ以前のバージョン (Windows、macOS)

対策-脆弱性の解消- 修正プログラムの適用

アドビシステムズ社から提供されている最新版に更新して下さい。

Adobe Readerのアップデート方法

Adobe Reader を起動し、「ヘルプ」メニューの「アップデートの有無をチェック」から更新することができます。または、次の URL から、最新版をダウンロードしてください。もしくは以下のURLから、最新版をダウンロードして下さい。

Acrobat のアップデート方法

次のアドビシステムズ社のページより、対象製品のアップデートをすることができます。
Adobe-製品のアップデート

Acrobat DC のアップデート方法

Acrobat DCのアップデートの有無を実際に行ってみました

Acrobat DCアップデート有無を確認1 メニューバーのヘルプ画面をクリック
Acrobat DCアップデート有無を確認2 アップデートの有無を確認をクリック
Acrobat DCアップデート有無を確認3 アップデートの有無を確認しています
Acrobat DCアップデート有無を確認4 アップデートがあれば次に進みます。*今回は直前にアップデート済でした。。。

まとめ

  • AdobeAcrobat Readerの脆弱性について
  • 対象商品について
  • 対策について
  • アップデートの方法について

2018年8月15日
 

他社様との相見積も歓迎!まずはご相談ください!!

\お急ぎの方はお気軽にお電話ください/

043-306-3735

【受付時間】09:00〜18:00 (土日祝日・夏季休暇・年末年始は休み)