CYBER-BRIDGE INC.

menu
安定したWi-Fi環境をご提供

無線LAN環境構築・改善

概要

社内インターネット環境にWi-Fiを利用している会社が増えてきています。
最近では、「WPA/WPA2」「WPA/WPA2 PSK(AES)」などの強度な暗号化通信を用いた、セキュリティ性の高いものが主流となっており、ネットワークを設計する上での必須の条件となっています。

サイバーブリッジでは、法人向け無線LANルーターとして信頼性と安定性を兼ね備えたYAMAHAの製品を推奨しています。
ルーターを起点として、スイッチや無線LANのアクセスポイントを一元管理でき、利便性が非常に高いです。

事業規模の拡大に伴う接続端末数の増加、現在、ご利用の無線ルーターに対して

「無線LAN通信が不安定だ」

「接続端末が増えてインターネットスピードが遅い」

「家庭用の無線ルーターを使っていて不安だ」

「無線ルーターが古く、セキュリティ面に不安がある」


と感じている方はぜひご相談下さい。

製品紹介

WILX202

IEEE 802.11ac準拠
エンタープライズ向け無線LANアクセスポイントエントリーモデル

WILX202

エンタープライズ利用に求められる機能・性能

・無線LAN技術

IEEE 802.11acに準拠し、同規格に対応した無線LAN端末と高速なデータ通信(最大伝送速度866Mbps)が可能です。

・動作環境条件

動作環境条件温度として最大50℃まで対応しました。

・多数台接続時の安定運用

様々な無線LAN端末が、多数接続されるケースが多いエンタープライズ環境で、安定した運用が可能です。また、5GHz帯と2.4GHz帯を同時に使用することができます。接続端末台数は、2.4GHz帯、5GHz帯それぞれ50台、合計100台の端末を接続することが可能です。

・認証方式や暗号化方式

各種認証方式や暗号化方式に対応しています。

・RADIUSサーバー対応

簡易型のRADIUSサーバーを搭載しており、最大200件の無線端末をWPA/WPA2エンタープライズ認証(EAP-PEAPのみ、MACアドレス/接続SSID制限対応)が可能です。また、外部RADIUSサーバーにも対応し、IEEE 802.1Xで定義される各種のEAP認証方式が利用可能です。

・マルチSSID

SSIDは、各周波数帯で各8個、合計16個が利用可能です。SSID毎に認証方式、暗号化方式、IEEE 802.1QのタグVLANとの関連付けが設定でき、それぞれに別々のMACアドレスが割り当てられます。

厳選した管理機能

コマンドラインインターフェースを廃し、すべての設定をGUIで行います。
業界標準のネットワーク管理プロトコルであるSNMPに対応しつつ、中小規模の有線LAN/無線LANの構築、運用、管理、トラブルシューティングの効率向上によりダウンタイムを最小限にする為、ヤマハ独自の無線LANのコントローラーと「LANマップ」に対応したL2MSスレーブを搭載しています。

Web GUI画面
・無線LANコントローラー

コントローラーとして設定した『WLX202』を含めた最大16台の『WLX202』を一つのグループとして設定・管理することができます。最大16台のうち1台をコントローラーAP、最大15台をメンバーAPに指定します。

・L2MSスレーブ

L2MSスレーブ機能を搭載しました。L2MSマスターを搭載する「RTX1210」のLANマップから、有線LAN/無線LANの配線状態や端末状態の把握や監視が可能です。
※L2MS(Layer 2 Management Service)は、ヤマハ独自のLAN製品の連携機能で、L2MSマスターからL2MSスレーブの状態把握や設定などを可能にします。

設置環境に馴染むデザイン

筐体は、電波を発信/受信する気象用ドップラー・レーダーをモチーフに「白い多角形で構成された多面体」でコンパクト感を演出しました。また、オフィスや商空間・商業施設での壁面や天井の設置を想定しインテリア性を重視し、アンテナを内蔵、存在感を抑え、薄くフラットに仕上げました。ケーブルカバーを兼ねた筐体により、壁や天井に設置後、LANケーブルなどの配線周りの見栄えも配慮しました。

壁掛けタイプ

壁掛け設置のイメージ

天井設置タイプ

天井設置のイメージ

WILX313

安定した通信のための機能を強化
トライバンド対応 無線LANアクセスポイント

WILX313

トライバンド対応

2.4GHz帯の無線LANチップを1つ、5GHz帯の無線LANチップを2つ搭載、3つの周波数帯を同時に利用可能です。
各周波数帯で最大50台ずつ、合計150台の無線LAN端末と通信できます。

トライバンドイメージ

接続台数の自動分散機能

1つの5GHz帯の無線LANチップに接続が集中し、通信が混雑してしまう状態を避けるために、5GHz帯の無線LANチップを2つ搭載し、接続する端末台数を分散させる機能を搭載しています。各無線LANチップに接続される端末を自動で均等にし、端末台数の偏りをなくすことで、通信速度の低下を防ぎ安定した通信が可能になります。

自動分散のイメージ

Fast DFS機能

一般的な5GHz帯の無線LANアクセスポイントは、気象・航空レーダー波を検出すると、DFS(Dynamic Frequency Selection)機能により、最大60秒間通信が切断されるのに対し、『WLX313』は2つの5GHz帯を有効に使うことで、検出後すぐに別のチャンネルへ切り替わる「Fast DFS」を搭載し、干渉発生時も快適で安定した通信を実現します。

Fast DFS機能イメージ

さまざまな設置環境に対応

本体内蔵アンテナ、外部アンテナ、付属のショートポールアンテナの3種類に対応。このうち、本機前方に電波を送信する内蔵アンテナは、付属の壁掛け用ブラケットを使用し、壁や天井へ設置する場合に最適です。また、外部アンテナ端子は、電波受信の悪い環境や屋外での通信の際、別売りの外部アンテナを接続できます。さらに、部屋の中央への設置や大きな部屋への仮設には、水平方向にも電波を送信可能な付属のショートポールアンテナによって、本機を中心とする全方位に電波を送信できます。設置面では、付属の台座を使用することで、卓上設置も可能です。

Wi-Fi環境でお困りの方はこちらまずはご相談ください!!

\お急ぎの方はお気軽にお電話ください/

043-306-3735

【受付時間】09:00〜18:00 (土日祝日・夏季休暇・年末年始は休み)