1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違い
デジタルマーケティング 2022.9.15

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違い

  • インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングは、それぞれ異なる目的を持った2つのマーケティングです。このブログでは、この2つのマーケティングがどのようなものか、そして、それぞれのマーケティングをどのように自分のビジネスに活かせるかについて、詳しく説明します。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違い

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違い

ここでは、インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違いについて説明します。

インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングの目標は、あなたの提供するものに純粋に興味を持つ訪問者を引き寄せることです。ブログ、ソーシャルメディア、ビデオなどの戦略を使って、潜在顧客との関係を構築します。これにより、Webサイトへの訪問者やブログの購読者一人一人に合わせた体験を提供することができます。

アウトバウンドマーケティング

アウトバウンドマーケティングは、印刷広告や看板などの従来の広告手法で、できるだけ多くの人にメッセージを届けることに重点を置いています。これらのメッセージは、潜在顧客との信頼関係を時間をかけて構築するのではなく、注意を引くことを目的としているため、文脈や深みに欠けることが多い。

インバウンドマーケティングアウトバウンドマーケティング
ディジタルコンテンツ。(ブログ、電子書籍、ポッドキャスト、インフォグラフィックス、ウェビナー、など)デジタルおよび非デジタルコンテンツ(テレビ、ビルボード、コールドメール、コールドコール、ダイレクトメール、その他)
ユーザーエクスペリエンスにマッチするユーザーの邪魔をする
コンテンツは、お客様の課題を解決するためのものですコンテンツはユーザーの注意を引くためにある
分析ツールで測定可能成果を測定するのが難しい
特定のオーディエンスをターゲットにする(顧客中心主義)ターゲット 一般的な視聴者。
カスタマイズされたメッセージでオーディエンスを引きつける。マーケティングメッセージを視聴者に向けてプッシュする

もう少し詳しく説明しましょう。

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングとは、価値あるコンテンツやパーソナライズされた体験を生み出すことで、潜在顧客を惹きつけるプロセスのことです。

インバウンドマーケティングは、検索エンジン最適化(SEO)、ソーシャルメディア、コンテンツマーケティングなどの「インバウンド」手段による集客に焦点を当てた戦略的マーケティングアプローチです。インバウンドマーケティングの目標は、リードを生成し、Webサイトに関連するトラフィックを誘導し、それらの訪問者を有料顧客またはリードに変換するのを支援することである。

ポイント

コールドコールやダイレクトメールなど、投資対効果(ROI)よりもコストが高くなりがちな従来のアウトバウンドマーケティングのアプローチと比較すると、インバウンドマーケティングは見込み客や顧客と関わるためのより効率的な方法と言えます。

インバウンドマーケティングのメリット

実はインバウンドマーケティングは、たとえ中小企業やスタートアップであっても、長期的には多くのメリットがあるのです。

ここでは、そのメリットの一部をご紹介します。

リードの増加

インバウンドマーケティングでは、面白いコンテンツでリードを集め、それを顧客に転換するため、より多くのリードを獲得することができます。つまり、営業チームはリードを追いかけることに時間を割く必要がなくなり、その代わりに売上を達成することに集中できるようになるのです。

より質の高いリード

インバウンドマーケティングは、自社についてもっと知りたいと思っている顧客を引き付けるため、他の種類のリード生成方法(コールドコールなど)よりも関心が高くなる傾向があります。その結果、これらのリードは有料顧客に転換する可能性が高くなります。

顧客ロイヤリティの向上

インバウンドマーケティングで獲得した顧客は、貴社からの購入に関心を持つ前に、すでに貴社のブランドから価値あるものを得ているため、より信頼しやすくなります。また、後日別の製品やサービスが必要になったときにも、あなたのことを思い出してくれる可能性が高く、多くの企業にとって顧客獲得に費やす時間が短縮されます。

アウトバウンドマーケティングとは?

アウトバウンドマーケティングとは?

アウトバウンドマーケティングは、最も伝統的なマーケティング形態である。広告メッセージで見込み客に割り込むことになるため、割り込みマーケティングとも呼ばれます。

アウトバウンドマーケティングには、ダイレクトメール、コールドコール、テレマーケティング、Eメールスパムなどがあります。これらの手法は何十年も前からありますが、現在でも使われています。

ポイント

アウトバウンドマーケティングは、太古の昔から存在する。しかし、必ずしも拡張性があるわけではないので、ある業界では他の業界よりも効果的です。つまり、新しい設備に多くのお金をかけたり、アウトリーチ業務を行う人を増やしたりしなければ、大規模に行うことはできないのです。

アウトバウンドマーケティングのメリット

アウトバウンドマーケティングを活用することで、企業は多くのメリットを得ることができます。そのメリットには、以下のようなものがあります。

顧客サービスの向上

顧客から電話やメールで問い合わせがあった場合、必要な情報を迅速に提供することができます。特に、注文や返品を希望する製品について質問がある場合に有効です。

コンバージョン率と売上高の向上

ダイレクトメールや印刷広告などのアウトバウンドマーケティングの手法を用いることで、検索エンジン最適化(SEO)などのデジタルマーケティングの手法のみを用いる場合よりも、より多くの潜在顧客にリーチすることができます。

ブランドの認知度と知名度

アウトバウンドマーケティングの資料を受け取った顧客は、最初に接した後、ずっとあなたのブランド名を覚えています。これは、たとえすぐに何かを購入しなかったとしても、彼らの心の中であなたのブランドを強化するのに役立ちます。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングどっちがいい?

答えは…人それぞれです。

視聴者がどんな人たちか、どんなビジネスをしているか、その他さまざまな要因によります。

実際、両方を使って大きな成功を収めているブランドはたくさんあります。

アウトバウンドマーケティングは、より伝統的でオフラインのチャネルを使用していますが、企業はまだそれを使用しています。アウトバウンドマーケティングはより高価である。そのため、高級ブランドや大企業が多くの人にリーチするために利用することがほとんどです。

しかし、最近では、オムニチャネル戦略を用いて、あらゆるタッチポイントで潜在顧客にリーチする傾向があります。 オムニチャネル戦略とは、インバウンドとアウトバウンドの両方のマーケティングチャネルを使用して、以下のことを行うことを意味します。

ポイント

もし、あなたが「どちらがより効果的か」という質問に対する即答を探しているのなら、がっかりさせて申し訳ありませんが、そんなものはありません。それは、あなたの状況と、各チャネルがそれにどのようにフィットするかによって、本当に違ってきます。

まとめ

私たちは皆、マーケティングを利用してビジネス目標を達成したいと考えています。しかし、あなたの要件と予算に応じて、どのマーケティング戦略があなたのビジネスに最も適しているかを選択する必要があります。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングは、あなたのビジネスに利用できる異なるマーケティング戦略です。前回の記事では、インバウンドマーケティングについてお話しました。これは、より費用対効果が高く、より焦点を絞ったオンライン戦略です。

アウトバウンドマーケティングはコストが高く、より伝統的なものですが、企業はビジネス目標を達成するために、まだそれを使用することができます。そのため、どちらが優れているとは言えません。あなたの要件に基づいて、あなたはどちらが最も適しているかを決定する必要があります。しかし、この記事では、あなたのビジネスに一致するマーケティング戦略を選択するために必要なすべての詳細を説明しました。

それはインバウンドマーケティングである可能性があり、それはアウトバウンドマーケティングである可能性があり、またはそれはインバウンドとアウトバウンドマーケティングの両方である可能性があります。


この記事を書いた人

Digital Marketing Devision
Kalinga

私は美しい長い名前を持っていて、それは私が人々と会話を始めるのを助けます。 私はスリランカで育ち、2018年に日本に移住し、すぐにスリランカに恋をしました。 私は販売とマーケティングの分野で8年近く働いていました。 専門学校で勉強していたとき、CyberBridgeのマーケティング部門で働く機会がありました。 やりがいがあり、同時に楽しかったです。 私は辛い食べ物が好きで、人との会話を楽しんでいます。 私は人前で話すことに情熱を持っています。 マーケティング関連のお問い合わせは、お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事をもっと読む