1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. GA4データストリームの手動設定方法について解説(ウェブサイト用)
デジタルマーケティング 2022.8.6

GA4データストリームの手動設定方法について解説(ウェブサイト用)

  • ga4

GA4データストリームの手動設定方法を理解することで様々なチャンネルをまたいだ効率的で効果的な測定ができるようになります。

GA4の新たな機能として、ウェブサイトやアプリからGoogleアナリティクスへのデータの流れを測定することができます。一つのGA4プロパティにウェブ用、アプリ用(iOS、Android)の3種類があります。

これにより、一つのGA4プロパティに複数作成することができるため、これまでのUAではできなかった、ウェブとアプリをまたいだ計測をすることが可能になります。

データストリームを作成すると、データ収集のためのアナリティクスの専用タグが発行されます。

GA4データストリームの設定方法

異なるドメインのウェブサイトをまとめて計測したいようなケースでは、手動でデータストリームを追加しなければなりません。

画面左下の[管理]をクリックして[アカウント]>[プロパティ]の[データストリーム]を選択します。

GA4のプロパティからデータストリームを選択する
設定>プロパティ>データストリームの順番に選択する

[ストリームを追加]から[ウェブ]をクリックして追加しましょう。

WebサイトのURLを登録
データストリームから[ストリームを追加]>[ウェブ]の順に進みます

ウェブサイトのURLとストリーム名を入力します。

通常、ウェブサイトのURL、ストリーム名を入力して[ストリームを作成]へと進みます。

ただし、拡張計測機能において以下の機能を無効にすることができます。

  • ページビュー数
  • スクロール数
  • 離脱クリック
  • サイト内検索
  • 動画エンゲージメント
  • ファイルのダウンロード

これらの機能は、デフォルトでは有効になっており自動的に収集されますが、歯車()マークをクリックすることでデータを収集したくないイベントを無効にすることができます。

データストリームの拡張設定機能を選択
拡張計測機能の個別調整画面

ただし、特に明確な理由がない限りは拡張計測機能は有効にしておきましょう

最後に「ストリームを作成」をクリックすれば、ウェブサイトのデータストリームの設定が完了し、ウェブストリームの詳細画面が出てきます。

ウェブ用のデータストリームは、ストリーム単位で「G-から始まる測定ID」が発行されます。

なお、ウェブ用のデータストリームの詳細については「プロパティ>データストリーム」でいつでも確認することができるので、ぜひ覚えておいてください。

データストリームの設定を確認する
測定IDなどを確認する

タグの埋め込みが完了していない場合は『タグが適切に設定されていることの確認』が求められます。「タグの実装手順を表示する」をクリックしてタグを確認します。

タグを確認する
設置するtagの確認

タグはウェブサイトすべてのページの<head>要素の直後に張り付けるようにします。

なお、WordPressなどのCMSでは、カスタムHTML機能を使ってアナリティクスタグ全体をコピーしてウェブサイトに張り付けます。詳細な設定については、現在ご利用中のCMSのヘルプ画面などからご確認ください。

なお、Googleタグマネージャーを利用する方法もあります。Googleタグマネージャーの活用は複数の様々なタグをまとめて管理するのに最適な方法です。

「Googleタグマネージャーを活用したタグの埋め込み初期設定」については、別の機会にご紹介したいと思います。

測定の確認方法-きちんと測定できているか?

タグの埋め込みが完了したら、きちんとデータが上がっているかどうかを確認するようにしましょう。

通常、ウェブサイトにアナリティクスのタグ(アプリの場合はSDK)を追加したら、15分以内にはプロパティへのデータ送信が始まります。

データがきちんと受信されているかどうかについては『リアルタイムレポート』にて確認することができます。(*確認ができるまでには最大30分ほどかかる場合があります)

測定がきちんとできているか確認
リアルタイムレポートで反映を確認する

また、タグが適切に設置されることによって、「現在のユーザー数」カードのユーザー数が15秒ごとに更新されます。他のレポートでは24時間~28時間程度かかります。

以上がGA4データストリームの手動設定方法についての解説になります。

これからは、様々なウェブやアプリをまたぐような複雑な測定も求められるようになり、GA4でも、様々なウェブやアプリをまたいだ測定が可能になっています。

ぜひ早めに、GA4の測定環境に慣れておきましょう。


この記事を書いた人

代表取締役
櫻井 邦則

1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

この人が書いた記事をもっと読む