1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. キーワードリサーチでは検索ユーザーのマインドセットを理解する
デジタルマーケティング 2021.11.19

キーワードリサーチでは検索ユーザーのマインドセットを理解する

  • キーワード
  • SEO
  • SEM

キーワードリサーチの方法について考えていきましょう。

キーワードを使用して潜在的な顧客を獲得する方法とは?」の記事では、広告運用に必要なキーワードの選択に関する内容を紹介しました。

そこで今回は、検索ユーザーの思考パターンについて加味しながら、キーワードリサーチの方法について紹介したいと思います。

検索エンジンが表示順位を決定する要素

検索エンジンが表示結果を決定する大きな要素について
検索エンジンが表示結果を決定する大きな要素はSEOとSEM

検索エンジン表示結果を決定する2つの要素を紹介します。

  1. SEO
    検索エンジン最適化(Search engine optimization)は検索結果の上位にwebサイトを表示させるために必要なプロセスです。
  2. SEM(*1)
    検索エンジンマーケティング(Search Engine Marketing)は有料広告キャンペーンによって成立します。

明確にターゲット設定されたキーワードやコンセプトに合致したコンテンツが、検索エンジンに上位表示されることになります。

この施策を実施するために必要なことは、適切なキーワードやコンセプトに合致したコンテンツを用意することです。

もちろん、検索結果などを十分リサーチしたうえで、独自性が高く質の高いコンテンツを作ることが一番大切です。

(*1)SEMに関する定義は諸説あります。SEMをキーワード広告とSEOの領域を網羅した考えと定義する場合やSEMは広告領域だけの対策だと定義されることもあります。

キーワードリサーチではキーワードと検索ユーザーの関係をきちんと把握する

キーワードと検索ユーザーの関係を理解することが大切
キーワードリサーチにおいては、キーワードと検索ユーザーの関係を理解することが大切です

デジタルマーケティング戦略で成功するためには、ペイドサーチまたはオーガニック戦略によって、ターゲットユーザーにコンテンツを届ける必要があります。

そのためには、明確にターゲットユーザー設定することが必要になります。

  • 製品やサービスの認知を向上
  • 資料ダウンロード
  • 資料請求
  • 問い合わせの獲得
  • 商品の購入

適切な情報を適切なユーザーに届ける必要がある

適切なユーザーに適切な情報を届けることで、検索ユーザーは始めて次のアクションを起こします。

私たちは、以下のデータに基づいてペルソナ(購買者のイメージ像)を完成させます。

  1. 明確なターゲット像を決める
  2. どのような消費者があなたの製品やサービスを必要としているのかを考える

この作業を時間が許す限り考えます。

こうしてペルソナ(購買者のイメージ像)が完成します。

ユーザーが使用するキーワードを考える

オーディエンスについて把握したら、彼らがどのようにして製品やサービスをオンライン上で見つけるのか確認します。

具体的にはどのようなキーワードを使用するのかを考える作業になります。

キーワードとはユーザーの悩みや課題を具現化したものです。

ですので、あなたのビジネスによって解決できるユーザーの課題全てを想像する必要があるわけです。

3つのタイプのキーワードを使い分ける

キーワードの選定はデジタルマーケティングで成功するために大切な要素です。

キーワードには三つのタイプがあります。

  1. ショートテール
  2. ロングテール
  3. ミディアムテール

ショートテールキーワードは、最も分かりやすいキーワード構成で、言い換えれば『ビッグワード』で通常1つか2つのシンプルなワードで構成されます。

例えば、あなたがデジタルマーケティングをテーマに検索したいときに「デジタルマーケティング」と入力して検索したら、それが『ショートテールキーワード』です。

ロングテールキーワードは、3つまたはそれ以上のキーワードで構成されます。

あなたが 「デジタルマーケティング 企業 千葉」のようなキーワードを入力して検索したら、それはロングテールキーワードです。

3つ目のミディアムテールキーワードは、Rankbrainと呼ばれるGoogleが開発したAIの登場によって注目されたキーワード戦略です。

Rankbrainには学習機能があり、検索ユーザーの入力したクエリから検索意図を読み取ることができるようになりました。

検索意図を読み取ることで、これまでのクエリの読み取りからコンテンツのコンセプトを検索結果に反映するようになりました。

これにより、ショートテール(ビッグワード)とロングテールキーワードの中間の検索ボリュームを持つミディアムテールキーワードを中心に扱う戦略が注目を集めています。

キーワードの評価基準を用意しよう

キーワードの評価基準を用意しよう
キーワードの評価基準を持つことで広告キャンペーンで有効に働きます

キーワードリサーチの方法はご理解いただけたでしょうか。

ただ、「どれくらいのユーザーがこのキーワードを使って検索したのか」「検索エンジンの上位に表示させるためには、どれくらいのコストが必要なのか」

これら明確な評価基準のデータは広告キャンペーンを準備する際に必要になります。

キーワードを準備するためのツールは多くの企業が提供しています。

有料・無料問わずリストアップしましたので参考にして下さい。

まとめ

キーワードリサーチの方法を理解してキーワードを決定することは、デジタルマーケティングの重要なスキルの一つです。

これによりSEMやSEOで大きな成果を発揮されます。

広告キャンペーンに使用するキーワードを決める前に、ターゲットやオーディエンスなど自社の評価基準を決めておきましょう。

キーワードリサーチツールの活用で、選定したキーワードの検索ボリュームと価格と競合についてリサーチすることができます。

関連記事
Google広告にキーワードを上手に活用しよう

この記事を書いた人

代表取締役
櫻井 邦則

1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

この人が書いた記事をもっと読む