1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. メールマーケティングオートメーションとそのメリット
デジタルマーケティング 2022.8.26

メールマーケティングオートメーションとそのメリット


メールマーケティングオートメーション

私たちは皆、毎日メールの受信トレイに届くプロモーションメールやその他のマーケティングメールに慣れています。メールはあらゆるマーケティング戦略において重要なパーツの1つです。そのため、ビジネスオーナーやマーケッターとして、ビジネス目標を達成するために、メールマーケティングを効果的に活用する方法を知っておく必要があります。

しかし、どのようなビジネスにおいても、個人的にメールを送ることは困難です。なぜなら、異なるバイヤーペルソナやマーケットセグメンテーションを持つ場合、多くのメールを作成し送信しなければならないかもしれないからです。それには、時間とその他のリソースが必要です。そこで、最適な方法はメールマーケティング効果を自動化することです。

そこで今回は、メールマーケティングの自動化とそのメリットについて解説します。

メールマーケティングオートメーションとは

メールマーケティングオートメーションとは、毎回作業をすることなく、適切なタイミングで適切な人に適切なメッセージを届けるメールを作成する方法です。ユーザーのエンゲージメントをもとに、メールを自動化することができます。

自動配信メールを送るには、PardotやHubSpotなどのメールマーケティングツールを使用する必要があります。サイバーブリッジはHubSpotの認定パートナーです。HubSpotのようなメールマーケティング自動化ツールの設定について何かお困りのことがあれば、ご相談ください。例えば、よくあるシンプルなEメールマーケティングオートメーションの例を1つ見てみましょう。

毎週更新されるブログのメールマガジンをユーザーに購読してもらいたいとします。そこで、すべてのブログページに購読フォームを表示させます。そうすることで、興味を持った人があなたのブログを購読することができます。誰かがニュースレターを購読するたびに、サンキューレターを送る必要があります。

では、誰がこれを行うのでしょうか?例えば、マーケティング担当者の一人に、購読者全員にお礼のメールを送ることを依頼したとします。これで毎回うまくいくと思いますか?時間を浪費する作業になってしまうでしょう。そこで、まずお礼メールのテンプレートを用意し、誰かがブログのメルマガを購読したらそれを送信するのがベストな方法です。

メールマーケティングオートメーションのよくある使用例

以下の例は、同じと思われることもあります。しかし、簡単に理解するために、2つのメールタイプに分けました。

トリガーメールを送信する

トリガーメールとは、メルマガ登録や購入など、特定のアクションに基づいて送信されるメールです。例えば、Eコマースストアであれば、顧客に購入のお礼と、商品を購入する際に役立つリソースを提供するメールを送るとよいでしょう。

ドリップメールキャンペーン

ドリップキャンペーンとは、見込み客を育成するために、時間をかけて送信されるメールのことで、ビジネスや製品についての教育、購買意欲の喚起、またはその両方を目的としています。

一般的には、新規登録者を歓迎するウェルカムメールに始まり、登録者の興味に合った情報やヒントを提供するメールを何通か配信します。

メールマーケティングオートメーションのメリット

メールマーケティングオートメーションメリット

コスト削減と収益性の向上は、ビジネスの目的の1つであるはずです。先ほども述べたように、メールの作成と送信は、あなたの貴重な時間とその他のリソースを食いつぶしてしまいます。

しかし、自動化を利用することで、多くのメリットを享受することができます。そのいくつかを見てみましょう。

メールの自動配信により、多くのリソースを節約できる

「マーケティングオートメーションツールは、生産性を約20%向上させる。

– ヌクリアス リサーチ

手動メールには時間がかかり、多くのリソースを浪費しています。もし、あなたのマーケティングチームがまだ手動でメールを送っているのなら、自動メールに切り替えるべき時です。メールはマーケティング戦略の一部です。もし、あなたのチームがメールの送信に全ての時間を費やしているのであれば、それは時間とその他のリソースの無駄遣いとなります。マーケティングチームは、他のマーケティングチャネルにも時間を割くべきです。

そこで、Eメールを自動化することで、時間やその他のリソースを節約することができます。

リードの育成に役立つ

コールドコールやコールドメールは時代遅れです。

リードの育成は、インバウンドマーケティングの重要な要素です。

例えば、ブログを購読したり、電子書籍をダウンロードしたりしても、ユーザーが製品やサービスを購入する準備が整っているとは限りません。これらのお客様がカスタマージャーニーのどの段階にいるのかを把握する必要があります。

そこで、これらのリードを誘導し育成するために、役立つリソースを掲載した自動配信メールを送信することができます。

見込み客のパーソナライズの向上

HubSpotなどの自動化ツールを使用すると、自動化されたメールをパーソナライズすることができます。自動メール処理では、メールが自動送信される際に、連絡先の情報を含むパーソナライゼーショントークンが含まれます。すでに持っている連絡先情報を使って、メールをパーソナライズすることができます。例えば、メールは個人的な挨拶で始めることができます。

その他、勤務地や勤務先などの個人情報は、メールワークフローツールを使って追加することができます。メールマーケティングオートメーションにパーソナルなタッチを加えることで、見込み客と企業の結びつきをより深くすることができます。

パーソナライゼーションは、インバウンドマーケティングにおいて大きなメリットをもたらします。さらに、メールをパーソナライズすることで、開封率やクリック率を高めることができます。

適切なメッセージを適切な相手に届ける

メールマーケティングオートメーションでは、トリガーを設定することができます。このトリガーは、Webサイトの訪問者が特定のアクションを起こしたときに起動します。そして、そのユーザーに対して関連するメールが送信されます。HubSpotのような自動化ツールでこれらのワークフローを設計することができます。

例えば、ニュースレターを購読している人にウェルカムメールを送信するワークフローを設定することができます。

顧客との再エンゲージメント(リターゲティング)

何らかの理由でサービスを利用しなくなった顧客のリストがあるかもしれません。このような顧客には、最近ニーズが変化した可能性があるため、コンタクトを取る必要があります。メーリングリストに登録し、再び利用してもらうことで、もう一度貴社との関わりを持つよう促すことができます。

まとめ

メールマーケティングオートメーションとは、ユーザーがWebサイト上で行ったアクションに基づいて、自動的にメールを送信することである。メールマーケティングオートメーションの目的は、適切な人に適切なメッセージを適切なタイミングで届けることです。

自動でメールを送信するには、PardotやHubSpotなどのメールマーケティングツールを使用する必要があります。メールはマーケティング戦略の1つであり、もしあなたのチームがまだ手動でメールを送信しているのであれば、自動メールに切り替える時期が来ていると言えます。

今回は、メールマーケティングの自動化と、メールマーケティングを利用する5つのメリットについてお話しました。


この記事を書いた人

Digital Marketing Devision
Kalinga

私は美しい長い名前を持っていて、それは私が人々と会話を始めるのを助けます。 私はスリランカで育ち、2018年に日本に移住し、すぐにスリランカに恋をしました。 私は販売とマーケティングの分野で8年近く働いていました。 専門学校で勉強していたとき、CyberBridgeのマーケティング部門で働く機会がありました。 やりがいがあり、同時に楽しかったです。 私は辛い食べ物が好きで、人との会話を楽しんでいます。 私は人前で話すことに情熱を持っています。 マーケティング関連のお問い合わせは、お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事をもっと読む