1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. 【2022年こそSEOを強化したい】SEOの3つのポイントを意識しよう
デジタルマーケティング 2021.12.15

【2022年こそSEOを強化したい】SEOの3つのポイントを意識しよう

  • SEO

2021年も残すところあと僅かです。そこで、私たちが2022年に直面するであろう課題について焦点を当ててみたいと思います。

2021年もデジタルマーケティングの世界は、激動の1年でした。特に、新型コロナ感染症の流行もあってか、様々なサービスや製品をオンラインを通じて探したり利用する機会が急激に増えたと実感しています。

statista.comによれば、2021年5月の第1週の期間における家庭内でのデータ利用量は前年対比で18%も増加したとのこと。そして、平均的な一日のデータ使用量は16.6GBほど上回りました。

データ量からして、自宅内での動画配信サービスの利用が顕著に増えたのではないかと感じていますが、オンラインサービスへのシフトがこれほどまでに顕著に表れた2021年は、一つの転換期だと言えます。

在宅ワークの文化も浸透し、通勤のストレスを感じることなく快適に働くことができるようになりました。そして、多くの世帯では、教育、仕事、コミュニケーション、エンターテイメントなどに関するソリューションを検索エンジンを通じて探すようになりました。

さてこのような状況の中で、来る2022年に向けて新しいチャレンジと絶好のタイミングを逃さないためにも、しっかりと準備しておかなければならないと感じています。

今回は、3つのSEOトレンドについてお伝えしていきたいと思います。

1、ページエクスペリエンスの改善

ページエクスペリエンスの改善することでユーザにとって利便性の高いサイトができる

ここ数年の主な開発の一つによって、継続的な検索アルゴリズムの変化が生まれています。

2021年6月16日にGoogleは『The Page Experience Update』と呼ばれる検索アルゴリズムのアップデートを紹介しました。このアップデートによって、Googleのページランキングを決定する要素として『ユーザに対する良質なエクスペリエンス』を提供しているページを探すようになりました。

この新しい基準は『Google Core Web Vitals』と呼ばれ、Webサイトの『応答性』『表示速度』『デザイン性』などが測定されています。

もし、これら3つの課題を解決できれば検索結果の上位に表示される可能性は大いに高まるでしょう。

このような要求にある背景はとてもシンプルです。

あなたが、素晴らしい体験をサイトに訪れた方に提供できれば、サイトを訪れたユーザの満足度は高まり、再びそのサイトを訪れてくれる可能性は高まります。そして、Googleが提供しているCore Web Vitals toolsを使えば、すぐにあなたのWebサイトのローディングスピードが速いかどうか?そしてデザイン性に優れているかどうかを確認することができます。

このツールでは、あなたのWebサイトにおける速度の遅いページや他の問題点を明確にします。そのツールから、どの部分に対して注目する必要があるのかというインサイトを得ることができ、それを優先的に改善することができるのです。

2、コンテンツの質にこだわること(EATファクター)

もしあなたが、検索エンジン(Google)に対して自社のメディアを最適化していないなら、コンテンツ作りに多くのコストと時間を費やしたとしてもそれは無駄になってしまいます。

GoogleがEATファクターを始めて紹介したのは2018年のこと。そのタイミングで、検索アルゴリズムに関する明確な声明が発表されました。

本当に高品質なコンテンツを見つけてそれを評価するために検索アルゴリズムの仕様を変更すると。

もしあなたのWebサイトが、その分野の『専門性』を表していたり、検索ユーザから十分な『信頼性』を獲得できていれば、特定の語句に対して検索結果の上位に表示させるチャンスは大いにあります。継続的な検索アルゴリズムのアップデートによって、Googleは質の高いコンテンツを出し続ければ”成果”は後から自然についてくるものだと示しているのです。

なので、もしあなたが、どんどんコンテンツを出し続けることに注力している状態であれば、一定の数(100ページくらい)のコンテンツを出した後、一度ペースを緩めてコンテンツ戦略を評価する時間に費やしてみて下さい。

コンテンツの数を競うのではなく、質の高いコンテンツを生み出すことを目的にしてみましょう。そうすれば、2022年はより多くのWebトラフィックを獲得することができるようになるでしょう。

このセクションの内容をまとめると、コンテンツの中で『専門性』『権威性』『信頼性』を示す必要があり、良質なコンテンツによって、あなたのWebサイトはGoogleの検索結果の上位に表示されるようになります。

検索エンジンは進化しています。ご存知の通り、今日は、あなたのWebサイトが検索結果の上位に表示されるための戦略について一緒に考えていきます。

3、関連コンテンツの重要性(ランクブレインのアップデート)

長年にわたって私たちは「検索エンジンは、検索クエリと同じキーワードに関連するサイトを表示させている」ということを知っています。

ですから、多くのビジネスサイトでは”ビッグキーワード”で検索結果の上位に表示されるように、自社のコンテンツを育てています。そのような目的を達成させるために、一般的に取り組まれる方法としては、検索ボリュームが大きいキーワードを選定して、さらに、あなたのコンテンツと相性のいい小さなキーワードをリストアップすることです。

あなたが同じキーワードを全てのパラグラフの中で繰り返し使っているような”わざとらしいキーワード戦略”を取り入れているのであれば、Webトラフィックの増加は期待でいません。

Googleはコアアルゴリズムのランキング機能(ブレイン)について紹介した際に、Googleは「検索クエリの裏にあるユーザの検索意図」を把握して「検索結果に対してどのような反応や動作をするのか」を確認します。

この技術によってGoogleは検索クエリと最も関連性の高いコンテンツを見つけ出します。

あなたがこれからコンテンツを作成する際にはタイトル、サブタイトル、そしてコンテンツとの間にある関連性を高めるようにしましょう。

ミドルテールのキーワードによって、あなたのコンテンツを最適化することで、RankBrainがコンテンツとキーワードの関連性を判断してくれて、検索結果において、より大きな成果が期待できるでしょう。

まとめ

長年のアップデートによって、検索エンジンはAI機能の効果もあってか徐々に精度が高まってきました。それに伴い、Googleはマーケティングに関する考え方もそのアルゴリズムによって大きく変えています。具体的には、検索クエリに対して最も関連性の高いコンテンツを検索結果の上位に表示させるということです。

”ページエクスペリエンスのアップデート”、”EATファクター”、”ランクブレイン”は、検索結果のランキング決定要素における、3つの主なアップデートになります。

もし、あなたがWebサイトの最適化に成功しGoogleの検索結果の上位に表示したいのであれば、検索アルゴリズムに関してもっと知る必要があります。

単純に、もしあなたが検索ユーザに対して、関連性の高いコンテンツを提供し、専門性、毛二世、信頼性を提供して素晴らしいユーザ体験をもたらすことができれば、オーガニック検索の領域でさらに上位表示させることが可能になるでしょう。

私たちは、SEO戦略が非常にチャレンジングで難易度が高い取り組みであることを承知しています。それでも、SEOに関しては取り組み甲斐のあるチャレンジです。長期的なチャレンジですが、正しい方法で根気強く取り組めば、費用対効果の高い、デジタルマーケティング戦略になると考えています。

もしあなたが、SEO戦略に対して私たちのサポートが必要でしたら、いつでもご相談下さい。サイバーブリッジのデジタルマーケティングチームがサポートさせていただきます。

SEOについて相談をする

SEOに関する相談、デジタルマーケティングを活用して事業を大きく成長させたい。このようにお考えの方は、当社までお気軽にご相談下さい。

アイディアやSEOに関するヒントが得られるかもしれません。ぜひ、情報を共有しませんか。

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    この記事をお読みいただいた方には以下の記事も人気です!!

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

    この人が書いた記事をもっと読む

    この記事をSNSでシェアする

    無料
    相談