1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. SNSならびにインターネットの利用統計 | 2021年日本国内の利用状況
デジタルマーケティング 2021.12.3

SNSならびにインターネットの利用統計 | 2021年日本国内の利用状況

  • ソーシャルメディア

日本では世界的に見ても、非常に高い割合でインターネットならびにソーシャルメディアが広く一般的に浸透しています。公私の区別があまり見受けられない状況の中で、日本では、オンラインアクティビティがうなぎ上りに伸びている状況です。

マーケティング戦略に積極的に投資をしている時点で、有益な意思決定を下すためにもこのような利用統計を知っておく必要があります。

今回の記事は、日本国内のオンライン統計についてご案内したいと考えています。

日本国内におけるインターネット利用状況について

日本におけるインターネットの利用状況
出典:digital-2021-japan

2021年1月時点で、1億1,740万人がソーシャルメディアのアクティブユーザだという報告がされています。国内の全人口割合に換算すると、実に93%に相当します。

16歳~64歳まで年齢層で見た場合、1日の中で平均、4時間25分もの時間をインターネットを利用しているのです。

したがって、どうやってこれほどまでに、オンライン関連のサービスやソーシャルメディアが日本社会の中に浸透しているのかが理解できます。

特にソーシャルメディアは、多くの企業において、非常にパワフルで影響力のあるマーケティングツールになりました。ソーシャルメディアをマーケティングツールの一つとして利用しなければ、企業は他社との競争に負けてしまう可能性すらあるのです。

日本国内におけるソーシャルメディアの利用状況について

日本国内におけるソーシャルメディアの利用状況
出典:digital-2021-japan

欧米諸国と比べて、日本企業は様々な要因によりソーシャルメディアマーケティングに適合するのに時間がかかりました。プライバシーの問題や忙しすぎる労働環境の問題、そしてオンライン上に自分自身をさらけ出すことに抵抗感を持つようなシャイな性格であることが関連しています。(このことは、国内では匿名性の高いTwitterが高い人気を誇ることに合点します)

9,380万人ものソーシャルメディアのアクティブユーザは、多くの企業に対して製品やサービスをプロモーションするための絶好の場所となっています。このような状況は、なぜ多くの企業がなぜオンライン広告に積極的にお金を費やすのかを示す明確な理由です。

2019年には、これまでの歴史上はじめてインターネット広告のマーケットシェアが従来のメディア(新聞、雑誌、TVCMなど)を上回りました。そして、その差は現在も広がっています。

下のチャートは、日本人のユーザがどのソーシャルメディアプラットフォームを利用しているのかを示したものです。

日本人に最も利用されているソーシャルメディアプラットフォームは・・・?
出典:digital-2021-japan

世界的にFacebookは最も多くのユーザに利用されているソーシャルメディアですが、上のチャートを見てみると、Facebookは日本ではそこまでの人気はないようです。

YouTubeやLINE、そしてTwitterの3つのプラットフォームがいずれも50%を超えていて人気があるようです。

また、Instagramが4番目の位置につけていて、その後、Facebook、FacebookMessengerと続いています。

このような状況から判断すると、潜在的な顧客に対してリーチさせるためには、ソーシャルメディアマーケティング戦略を立てる際に、これらの統計データについても少なからず意識する必要があるわけです。

日本国内におけるオンライン広告事情

ブランドを検索する際にどのオンラインプラットフォームを利用するのか
出典:digital-2021-japan

こちらのチャートは、16歳~64歳のユーザが新たなブランドを検索する際にどのオンラインプラットフォームを利用するのかを表したものになります。

60.6%以上のユーザが製品やサービスを発見する際に検索エンジンを使用することを好んでいます。従って、検索連動型広告に投資することは、最も優れた可能性の高いマーケティング戦略であると想像できます。

それと同時に、GoogleのPPC広告のようなメジャーで人気のある広告の場合は、高額の予算が必要になるのも事実です。いつも一つのプラットフォームの中で、様々な企業やサービス提供者が、特定のキーワードに対して入札を繰り返している状況だからです。実際に、PPC広告の入札相場はどんどん上がっています。

この事実が『なぜFacebook広告がGoogleAdsと比較して安価なのか』を示す理由です。

まとめ

2021年1月時点で、日本の人口は1億2,630万人でした。全人口の内93%がインターネットユーザです。

この記事の中で、私たちはいくつかの統計データを出しましたが、あなたのオンライン広告戦略にとって非常に参考になると考えています。

もし、この記事を読んでいただいて参考になれば嬉しいですし、あなたのビジネスにとって適切なオーディエンスに情報を届けるために、私たちサイバーブリッジのサポートを必要とする場合はマーケティングチームまでご連絡下さい。

それではまたお会いしましょう。

デジタルマーケティングに関するご相談はこちら

デジタルマーケティングをどのように取り入れたらいいのか分からない。自社のビジネスには合うのだろうか?このようなご心配をされている経営者様は一度、サイバーブリッジ株式会社にご相談下さい。

アイディアや情報だけでも共有させていただくことは可能です。

下記の入力フォームに『名前』と『メールアドレス』を入力して『送信する』をクリックしていただければ、担当から返信させていただきます。

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

    この人が書いた記事をもっと読む
    無料
    相談