1. HOME
  2. メディア
  3. Web制作
  4. 『サイトマップがHTML形式です』に関するSearch Consoleエラーの解決方法
Web制作 2019.10.30

『サイトマップがHTML形式です』に関するSearch Consoleエラーの解決方法

  • Search Console
  • サイトマップ
  • xml

サイトマップがHTML形式ですという『/sitemap.xml』に関するエラーになりますが、この場合確認方法は次のようになります。

サイトマップがHTML形式ですと表示される場合。

[読み取り可能ですが、エラーがあります]とあるため、一見、放置していても問題はなさそうに見えますが、エラー表示につき、一部の投稿がIndexされない場合があるようです。エラーは早急に解消していきましょう。

サイトマップはプラグイン[Google Xml Sitemaps]で作成している場合によく発生します。

WordPressを使用している場合、プラグイン[XML Sitemap]を導入している方が多いと思いますが、その設定状況によってこのようなエラーが発生することがありますので、注意が必要です。

これはプラグインの設定で解決します。

設定タブの中にある[Xml-Sitemap]をクリックし、[基本的な設定]の中にある、[HTML形式でのサイトマップを含める]にチェックが入っていることで、HTML形式のサイトマップを生成してエラーが発生してしまうのです。

チェックを外して[設定を更新]をクリックしましょう。

更新が完了したら、Search Consoleに問題の修正が完了したことを報告するのを忘れずに!!

最後に、エラー内容とその対策について確認しておきましょう。

エラー内容とその対応策については、Search Consoleの[Search Consoleヘルプ]のインデックスカバレッジ レポートに詳しく記載されています。エラー表示された場合は、まず最初にこのページをチェックしましょう。

エラー表示内容については以下をご確認下さい。

・サーバーエラー(5xx): ページをリクエストしたときに、サーバーから 500 レベルのエラーを返されました。サーバーエラーの修正についてご確認ください。

リダイレクト エラー: URL でリダイレクト エラーが発生しました。リダイレクト チェーンが長すぎる、リダイレクト ループが発生している、リダイレクト URL が最終的に URL の最大長を超えた、リダイレクト チェーンの URL が無効であるなどの可能性が考えられます。

・送信された URL が robots.txt によってブロックされました: インデックスに登録するために送信したページが、robots.txt によってブロックされています。robots.txt テスターでページをテストしてみてください。

送信された URL に noindex タグが追加されています: インデックスに登録するために送信したページのメタタグまたは HTML ヘッダーに、noindex ディレクティブがあります。このページをインデックスに登録するには、タグまたは HTTP ヘッダーを削除する必要があります。

送信された URL はソフト 404 エラーのようです: インデックスに登録するために送信したページが、サーバーによってソフト 404 と判断されました。

・送信された URL が未承認のリクエスト(401)を返しました: インデックスに登録するために送信したページから、Google が 401(承認されていない)レスポンスを受け取りました。認証機能を使ったページの保護を削除するか、Googlebot からのアクセスであることを確認して、ページへのアクセスを許可してください。

・送信された URL が見つかりませんでした(404): インデックスに登録するために送信した URL が存在しませんでした。404 エラーの修正についてご確認ください。

送信された URL のクロールに問題があります: インデックスに登録するために送信したページで、上記のいずれにも該当しない不明のクロールエラーが発生しました。URL 検査ツールを使用して、ページをデバッグしてみてください。

GoogleSearch Consoleヘルプを参照

以上になります。


この記事を書いた人

Web事業部 チーフデザイナー
久保田 里佳子

1992年生まれ。2児の母。入社後、営業を経て独学でhtml/css・Webデザイン・マーケティングを学び、現在はWeb関連全般に携わっています。趣味はお酒・ゲーム・漫画・アニメとかなりのインドアですが、たまにゴルフもやります。特技は超高速クッキング(見た目より味重視)。全てのお客様が笑顔になる仕事を心がけてます。

この人が書いた記事をもっと読む