1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. GoogleSearchConsoleでやるべき5つのこと
デジタルマーケティング 2021.12.10

GoogleSearchConsoleでやるべき5つのこと

  • SEO
  • GoogleSearchConsole

私たちは、最近Webサイトを新しくしました。その中で我々が特に気を使っているのが、もっとユーザフレンドリーであることと、我々のビジネスに対して関連性の高い情報を発信し続けるということです。この点については、日々アップデートをしていて、今後もより良いものに仕上がっていきます。

Webサイトをリニューアルしてからというもの、我々は常にWebサイトのサーチパフォーマンスをチェックしています。最もベーシックなツールとしてGoogleSearchConsoleを活用してサイトのSEOの改善に活かしています。

実際に、我々を含めて多くのユーザが使うであろうGoogleSearchConsoleに関して、どのようにスタートするのかを順次公開していきたいと考えています。

GoogleSearchConsoleに関する紹介

既にご存知の方や名前だけは聞いたことがあるという方もいらっしゃると思いますが、以下の4つの項目がGoogleSearchConsoleについて知っておくべき内容になります。

  • GoogleSearchConsoleは無料のツールである
  • クロール、インデックス、ランキングに纏わる情報を提供している
  • WebサイトやURLがどのように動作しているかを把握できる
  • これらのデータや情報を元にしてWebサイトを最適化できる

Google Search Centralによれば、GoogleSearchConsoleにWebサイトを登録した後は、日々GoogleSearchConsoleにログインする必要はないと書かれています。ただし、SEOやデジタルマーケティングの強化、Webサイトの改善などの現場では、少なくとも一か月に一回はGoogleSearchConsoleにログインしてパフォーマンスを確認するべきだと考えています。

特に、Webサイトの内容を変更したり、リニューアルするような時には、GoogleSearchConsoleのサマリーを忘れずにチェックして参考にするようにしましょう。

GoogleSearchConsoleで行なう5つのこと

前置きが長くなりましたが、GoogleSearchConsoleをスタートするにあたり5つのステップ形式でご紹介します。

Webサイトの所有権を確認する

GoogleSearchConsoleでは、あなたのWebサイトの非常にセンシティブなデータを提供します。そのような理由からも、Webサイトの所有権をしっかり確認する必要があるのです。

Webサイトの所有権確認が済んでいない方はこちらのリンクより進めて下さい。

GoogleSearchConsoleで使用するGoogleアカウントでログインして、新しいプロパティを追加するか、プロパティセレクタより所有権の額にンが済んでいないプロパティを選択します。

所有権の確認方法は複数あります。Googleが推奨する方法で所有権確認をしましょう。または、ご自身がやり易い方法を選択することもできます。所有権の確認方法が決まれば、後はGoogleが提供するステップに沿って対応するだけです。

Webサイトの所有権の確認が全て完了すれば、他のチームメンバーも加えることができます。

インデックスのステータスを確認する

インターネットにWebサイトを公開したら、数日以内(数週間かかる場合もあるが)にGoogleのクローラーが公開したWebサイトを見つけてくれます。

avatar
GoogleにWebサイトを登録しなかったからと言って、決してあなたのWebサイトがGoogleにクロールされてないということではありませんので、ご安心下さいね。

あなたのサイトをクロールした後、Googleは自社のインデックスサーバにあなたのWebサイトを格納します。いったんあなたのWebサイトがGoogleによって確認された後には、サイトまたは特定のページをクローリングしたりインデキシングしたり、またはそれらを除外することもできます。

GoogleSearchConsoleのカバレッジでステータスの確認ができる

これらの状況に関しては、Googleの『カバレッジ』項目から確認することができます。

「全ての既知のページ」「全ての送信済みページ」に分類され、「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」の項目に分かれ、さらに「詳細」によって細かく分析することができます。

GoogleSearchConsoleにサイトマップを登録する

サイトマップには二つのタイプがあります。このセクションでは、検索ロボットに関係のあるXMLサイトマップについてのみお話をしていきます。(もう一つのサイトマップはWebサイト上のサイトマップでサイトを訪れたユーザに対して明示するものです。)

XMLサイトマップは、Googleがあなたのサイトをクローリングする際に、インデキシングのプロセスを効率化するためのもので、検索エンジンのために用意するものです。

Sitemapは、あなたのWebサイトを階層的に整理してどのページがWebサイトの中で重要なページなのかをGoogleボットに知らせるためのものになります。

Googleは、このファイルを読み込むことで、ページと関連性のある情報(例えば動画)を認識します。XMLサイトマップを用意することで、Googleはより効率的にWebサイトをクローリングすることができるのです。

Google Search Centralによると、次のようなケースではサイトマップが必要ないと言われています。

  • Webサイトの規模が小さい場合(500ページ以内で、今後も増える予定はない)
  • 内部リンクが充実しているページ
  • 動画ページ、画像ページ、ニュースページなど見せたくないデータがある場合

逆に以下に該当する場合は、サイトマップに追加する必要があります。

  • 十分なバックリンクがない場合
  • サイトをローンチして間もない場合
  • 動画ページや画像ページ、ニュースページなど見せたいページがある場合
  • 500ページ以上あるページ数の多いサイトを所有している場合
  • ページやコンテンツの内部リンクが充実していない

モバイルフレンドリーかどうかを確認する

statista.comによれば、モバイルユーザ数は合計で71億人(端末台数)のぼり、世界のトラフィック数の半分以上を占めているとのことです。タブレットを除いても、54.8%のWebサイトのトラフィックを稼いでいます。

従って、あなたがWebサイトのデザインをする際には、様々なモバイル端末に合わせたデザインを用意する必要があります。モバイルユーザビリティとは、様々なモバイル端末に対してその端末にあった違和感のないデザインを表示させることだと私たちは考えています。

Webサイトをどのように操作するか想像してみて下さい。マウスやキーボードを使う代わりに、指を使いサイトをスクロールして、拡大、縮小し、再生や停止などを作業を行なうわけで、パソコンとは全く異なる体験をすることになります。

GoogleSearchConsoleでは、モバイルユーザビリティに関して忘れずにチェックするようにして下さい。

モバイルユーザビリティに関するレポートをチェックすることで、Webサイトに訪れたユーザがどのような体験をモバイル内でしているのか把握できます。

GoogleSearchConsoleでは、もしモバイルユーザビリティに関して問題があれば報告をしてくれます。

検索パフォーマンスに関するレポートを確認する

検索パフォーマンスレポートは、どのようにGoogleの検索結果に表示されているかをチェックできる項目です。

この項目では、検索結果画面において『どれくらいのクリックが獲得』され『どれくらいのインプレッションがあったのか』を把握することができます。そして、平均CTR率(クリック数/インプレッション数)、平均掲載順位を検索パフォーマンスでは確認できます。

さらに、期間や場所、端末などでソートをかけて情報を確認することも可能です。必要に応じて、様々なファイル形式でデータを抽出することができます。

 「検索クエリ」では、どのような検索クエリ(フレーズやキーワード)が使われたかを実際に確認できます。

これらのデータをフル活用することにより、GoogleSearchのトラフィック数を伸ばすためにWebサイトのチューニングをいつでも実施することができます。

まとめ

GoogleSearchConsoleはGoogleから提供されている無料のツールです。ここから提供されるデータは、登録したWebサイトのGoogle検索結果のパフォーマンス状況になります。

Googleボットは、あなたがGoogleSearchConsoleを使用していてもいなくてもWebサイトをクローリングするので、必ずしも登録をしなければならないという事ではありません。ただ、もしあなたが、WebサイトのSEOを強化したいのであれば、最初にGoogleSearchConsoleを活用することだと私たちは考えています。

今回の記事では、SearchConsoleでSEOを実践するために必要な5つのステップについて紹介しました。

SearchConsoleを登録してスタートすること、データを分析することは、とても難しくて対応できないという声を耳にします。そこで、もしあなたがSEOや他のデジタルマーケティング戦略に関してサポートが必要な場合はいつても声をかけて下さい。

デジタルマーケティングに関するご相談はサイバーブリッジまでご相談下さい

自社のWebサイト、コンテンツ制作、広告戦略を強化したい方、最新の情報収集やその運用方法が分からない方は、サイバーブリッジのデジタルマーケティングチームにご相談下さい。

当社へご相談は以下のフォームに『名前』『メールアドレス』を入力して『送信する』をクリックするだけです。内容をご確認させていただいた後、当社スタッフよりご返信させていただきます。

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    GoogleSearchConsoleに関連する他の記事をチェックする

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

    この人が書いた記事をもっと読む