1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. P-MAXキャンペーンの特徴を理解。成果獲得を最大化する
デジタルマーケティング 2023.1.25

P-MAXキャンペーンの特徴を理解。成果獲得を最大化する

  • Google Ads

P-MAXは目標ベースの新しいキャンペーンタイプです。「便利そう」や「良さそう」のイメージがありますが、実際のところはどうでしょうか。P-MAXキャンペーンで行えることなどを今回は解説させていただきます。

P-MAXキャンペーンとは?

使用することで、1つのキャンペーンからすべてのGoogle広告の広告枠にアクセスできます。P-MAXはキーワードベースです。つまり検索キャンペーンの足りない点を補ってくれるパフォーマンス型広告です。

コンバージョン目標に基づいて、パフォーマンスの向上を促すことができます。また、スマート自動入札を使用して、チャネル全体のパフォーマンスを最適化してくれます。

それにより、コンバージョン数とコンバージョン値を引き上げることができます。

  • コンバージョン目標
  • 予算
  • アセット(テキスト見出し・画像・動画)

上記の3つを設定しておけば、Google独自の機械学習によって、最適なユーザー、広告枠に配信される仕組みです。

配信方法

P-MAXの広告枠の説明

YouTube、ディスプレイ、検索、Discover、Gmail、マップなど Google のあらゆる広告枠に配信します。最適なチャネルを見つけ出し、コンバージョンに至るユーザーを増やすのに役立ちます。

注意点

P-MAXは既存の検索キャンペーンを補完するものです。そのため、キーワードターゲティングが優先されます。

つまり、すでに検索キャンペーンなどの通常のキャンペーンを行っていなければ、成果が得ることが難しいということです。既存のキャンペーンのデータを基に学習し、傾向などを判断、配信してくれるものです。Google広告を始めて行う方はP-MAXですぐに成果を出すことは難しいと考えます。

キーワードベースですが、広告の表示に繋がらない場合があります。それは下記の場合です。

  • キャンペーンが予算により制限されている
  • 検索ボリュームが少ない
  • 広告グループのすべてのクリエイティブまたはランディング ページが不承認となった
  • キャンペーンまたは広告グループの一部のターゲティング条件が満たされていない

設定する場合は上記の点を注意する必要があります。

P-MAXのメリット

P-MAXの活用メリット
  • 一つの手間で、多くの可能性を生み出す
  • 機会学習により、コンバージョンをより多く獲得できる可能性がある

一つの手間で、多くの可能性を生み出す

複数組み合わせて、広告運用したい場合に、今までは、それぞれで設定する必要がありました。広告の設定は、多くの要素を検討する必要があるため、時間がかかるものです。

しかし、P-MAXでは設定は1つで済み、キャンペーンが一元化されているため、準備がスムーズに行えます。

コンバージョンをより多く獲得できる可能性がある

人では判断ができない圧倒的なデータをGoogleの機械学習により最適な箇所に最適な広告を表示させることができます。獲得できていなかった層からもコンバージョンを獲得することが期待できます。そのため、コンバージョン率も高くなります。

P-MAXのデメリット

P-MAXのデメリット
  • 配信開始時は成果が期待できない
  • 様々な広告枠に対応した準備が必要になる
  • 細かい設定や分析が不要な故改善ができない

配信開始時は成果が期待できない

P-MAXを配信する上でデメリットと言えるのが、機械学習期間は成果を期待できないことです。成果を発揮するまでに時間を要するため、コンバージョンとなるまでに時間がかかります。

Google広告ヘルプページにも記載されているように、指定した予算が低すぎると成果が得られるまでに時間がかかることがあります。いち早く成果を求める場合には、ある程度予算を増やす必要があります。

様々な広告枠に対応した準備が必要になる

P-MAXを導入する上で欠かせないのが、画像や動画を準備することです。鬼門となるのが、「YouTube広告」です。動画の自動生成機能が補完されていますが、意図しない場合もあります。どの広告枠に配信されても良いように、準備していく必要があります。

細かい設定や分析が不要な故改善ができない

P-MAXの機会学習による配信はメリットでありますが、デメリットでもあります。なぜなら、細かな設定ができないからです。今まで蓄積してきたAIデータを基に学習しているため、検索広告のような分析は難しくなります。

P-MAXが向いているケース

  • コンバージョン重視の検索広告を配信している
  • Google広告で複数の広告枠に配信している

上記の2つを満たしている場合は、P-MAXでの成果を期待できるでしょう。

P-MAXはコンバージョンを軸にしたキャンペーンです。認知拡大ではなく、成果獲得を目的とした広告配信を行っている場合に向いています。また、複数の広告を運用していた方はP-MAXは有効的だといえます。

さいごに

P-MAXは少ない手間で、Google独自の機械学習により、最適なオーディエンスに最適な広告を配信してくれるキャンペーンです。今まで見落としていた広告枠まで、可能性を広げるため、人の判断では難しかったユーザーへと届けることができます。しかし、キーワードベースとなるため、通常の広告運用と並行して、活用したりの工夫が必要です。

P-MAXを活用し、効率的に広告運用ができると、分析や施策に時間を費やすことができます。それは、Webマーケティングにおいて最大のメリットであるといえます。うまく活用し、より良い施策に活かしていきましょう。


この記事を書いた人

マーケティング事業部 SNS担当
黒木千里

「SNSであなたとつながるきっかけ作りを」をモットーに、楽しみながらSNS運用してまいります。

この人が書いた記事をもっと読む