1. HOME
  2. メディア
  3. Web制作
  4. ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いは何ですか?(完全ガイド)
Web制作 2022.8.10

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いは何ですか?(完全ガイド)


SEO業界は800億ドル以上の規模を誇ります。SEOのような数十億ドル規模の業界と同様に、多くの専門家、サービスプロバイダー、そして、オピニオンリーダーが存在する。ですから、SEOの最も効果的なアプローチ方法について、さまざまな意見に出くわすのは当然のことです。

どの企業も、自社の情報を検索エンジン結果ページ(SERP)の上位に表示させたいと考えています。Chitika Insightsが行った調査によると、Googleユーザーの91.5%は最初のページに留まっています。

そのため、SEOサービスに対する需要は非常に大きく、高まっています。この需要のため、SEOサービスプロバイダは、結果を提供するために様々な戦略、ツール、および戦術を使用しています。これらの戦略の中には、効果的なものもあります。それは、顧客の要件に依存します。

Googleのような検索エンジンは、長年にわたり、検索者に最も親和性の高い、高品質のソリューションを提供するために、検索アルゴリズムに様々なアップデートを行いました。そして、Googleが悪質なSEOテクニックを持つWebサイトにペナルティを与えることも多々ありました。そのため、業界で認められているSEO対策(ホワイトハットSEO)と認められていないSEO対策(ブラックハットSEO)があることを理解する必要があります。

そこで、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いと、両者で使われる戦術について解説していきます。

ホワイトハットSEOとは?

ホワイトハットSEOとは、検索エンジンのアルゴリズムをハックするのではなく、人間の視聴者をターゲットにした戦略を使用することを指します。優れたSEOキャンペーンは、ホワイトハットSEO、質の高いコンテンツ、リンクビルディングをアプローチの中核として重視しています。

これは、検索エンジンのアルゴリズムを欺くのではなく、検索結果でウェブサイトの位置を上げるための方法を使用することを意味します。

検索エンジンのみに最適化されたコンテンツの複製など、よりスパム的な手法を採用する代わりに、ホワイトハットSEO戦略では、ユーザー体験を向上させる高品質で適切な情報を読者に提供することに重点を置いています。

ホワイトハットSEOの例

ホワイトハットSEOは、一般的にウェブサイトへの長期的な投資と考えられており、結果が上昇するまでに時間がかかることがありますが、検索順位の結果は長く続きます。

  • 関連性が高く価値のあるサイトへのバックリンク
  • 正確なキーワードの使用
  • 高品質なコンテンツとソリューションの提供
  • 高速なサイトの読み込み
  • モバイルフレンドリーであること
  • 説明的でキーワードが豊富なメタタグの使用
  • ナビゲートしやすいサイト作り
  • キーワード分析およびキーワード調査
  • 関連性を高めるためのメタタグの書き換え
  • 読者にとって価値のあるコンテンツを書くことによるリンクビルディング

ブラックハットSEOとは?

ブラックハットSEOとは、ウェブサイトやページの位置を向上させるために、検索エンジンの結果を操作するために使用される一連のテクニックのことを指します。これらのテクニックは、検索エンジンが提供するガイドラインに違反するものです。

GoogleウェブマスターズガイドラインやBingウェブマスターズガイドラインを参照すると、より詳しい情報を得ることができます。

ブラックハットSEOの最も一般的な定義は、それにもかかわらず、検索エンジンの結果ページ(SERP)におけるページの順位を上げる可能性がある非倫理的なテクニックです。これらの行為は、検索エンジンの利用規約に違反し、検索エンジンやその関連サイトによってウェブサイトがペナルティーを受ける可能性があります。

ブラックハットSEOの例

Googleや他の検索エンジンからの評価を維持したい場合は、以下のブラックハットSEOのテクニックの使用は避けてください。

  • キーワードスタッフィング
  • リンクファーミングまたはリンクトレード
  • 隠しコンテンツ・オートメーション
  • 隠しテキストまたは隠しリンク
  • 競合他社を報告する(またはネガティブSEO)
  • クローキング
  • リンクスキーム
  • ゲスト投稿ネットワーク
  • リンクの購入と販売
  • リンクファーム、またはリンクネットワーク
  • リッチスニペットマークアップスパム
  • Googleへの自動クエリ
  • 重複するコンテンツを含むページ、サブドメイン、またはドメインの作成
  • ブログコメントスパム

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違い?

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの区別を理解することは重要です。ブラックハットSEOは、知らず知らずのうちにGoogleやBingからペナルティを受け、SERPランキングに悪影響を与え、最悪の場合、検索エンジンから完全にブラックリストに載ってしまう可能性があります。このような区別を意識することで、強固なブランド基盤を構築し、使用するSEO戦術が合法であり、長期にわたってWebサイトを成長させ続けることができるという確信を持つことができます。

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いを理解するために、次の画像を見てください。

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違い

まとめ

SEO業界は800億ドル以上の規模を持ち、Googleユーザーの91.5%が検索エンジン結果ページ(SERP)の1ページ目に留まっています。

多くのSEOマーケッターが検索エンジンのガイドラインに従っている一方で、マーケッターが使用するSEO戦略の中には、検索エンジンの利用規約に違反しているものも存在する可能性があります。

本日の記事では、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いと、両者で用いられる戦術について説明しました。

Googleをはじめとする検索エンジンからの評価を維持したいのであれば、ブラックハットSEOの手法の使用は避けましょう。ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いを理解することは、検索エンジンのランクアップを成功させるために必要不可欠です。


この記事を書いた人

Digital Marketing Devision
Kalinga

私は美しい長い名前を持っていて、それは私が人々と会話を始めるのを助けます。 私はスリランカで育ち、2018年に日本に移住し、すぐにスリランカに恋をしました。 私は販売とマーケティングの分野で8年近く働いていました。 専門学校で勉強していたとき、CyberBridgeのマーケティング部門で働く機会がありました。 やりがいがあり、同時に楽しかったです。 私は辛い食べ物が好きで、人との会話を楽しんでいます。 私は人前で話すことに情熱を持っています。 マーケティング関連のお問い合わせは、お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事をもっと読む