1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. 戦略の基本を解説|デジタルマーケティング
デジタルマーケティング 2022.10.25

戦略の基本を解説|デジタルマーケティング


デジタルマーケティングの戦略についていくつか記事を書かせていただきました。そこで今回はまとめとして、デジタルマーケティングとは?の部分から立案方法、活用すべきツールまで基本を理解できる内容でお届けします。ぜひ、最後までご覧ください。

デジタルマーケティング戦略の基本

デジタルマーケティングを活用する目的や必要性をきちんと理解していますか?まず、その意味を把握していきたいと思います。

デジタルマーケティングとは、あらゆるデジタルメディアを活用したマーケティング活動全般のことです。インターネットからAI技術まで、かなり広い領域のデータを活かしてさまざまな施策を行います。

では、なぜデジタルマーケティングが重要視されているのでしょうか。私たち企業は『顧客満足度を高めた上で、デジタル技術を活用して売れる仕組みをつくる』ことこそが重要であり、最大の目標です。これはつまり、多様化する顧客のニーズに対応していくためにデジタル技術の活用がカギであるということです。

デジタルマーケティング活用手法

デジタルマーケティング戦略手法

デジタルマーケティングの主な活用手法は以下の通りです。

  • メールマーケティング
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • コンテンツマーケティング
  • SEMとSEO
  • モバイルマーケティング

メールマーケティング

見込み顧客や既存の顧客とメールを用いてコミュニケーションを図る手法です。定期的に、かつ継続的にメールを送ることで顧客との良好な関係を築くことができます。ゆえに、活用している企業は多数存在します。

したがって、自社の配信したメールが埋もれてしまわないように、こちら側が望む行動をとってもらうための工夫が必要となります。開封率を左右するのは「タイトル」といっても過言ではありません。タイトルを意識していきましょう。

ちなみにMAツールと組み合わせることで、顧客一人ひとりのニーズに合ったメールコンテンツを配信し続けることもできます。

ヒント

デジタルマーケティングで活用する機会の多い用語を覚えて理解を深めましょう。

ソーシャルメディアマーケティング

InstagramやTwitterといったプラットフォームを通じてサービスや商品の情報発信を行っていく手法です。また、ブランディングにも適しているため、売り上げ貢献に限らず、周知目的での利用も少なくありません。

各ツールの特徴を理解した上で運用をすることでターゲット層に、よりアプローチすることが可能です。

コンテンツマーケティング

ブログに限らず、動画コンテンツやインフォグラフィック、e-Bookなど多岐に渡る「顧客に役立つ」コンテンツを配信していくことです。

ブログは特に古くから用いられている手法でもあるため、結果を出すには難しい部分があります。いかに顧客のニーズを理解・把握できるか。オリジナリティ溢れるコンテンツに仕上げるかがポイントとなります。

SEMとSEO

さて検索エンジン対策もデジタルマーケティングにおいて欠かせず、忘れてはいけない手法です。広告領域を含めたSEM、広告領域の下に掲載されるSEOがあります。実はどちらも「キーワード」の選定がとても重要です。自社の商品やサービスをどうしていきたいのかを考え、適切なキーワード戦略を行っていきます。

モバイルマーケティング

スマホ時代に対応するために必要な手法です。スマホ端末を意識したプロモーション活動を指しますが、モバイルフレンドリーも考えていきたいところです。ユーザーにとって使いづらい、見にくいは離脱率を上げます。ゆえにモバイルベースで考え、スムーズに閲覧できるサイト作りが欠かせません。

共通点は顧客との関係性の強化

これまでデジタルマーケティングの手法について説明させていただきました。それぞれポイントは違えど、共通している点があります。

それは『顧客との関係性を強化する目的で利用している』ということです。

種類によってはテクニックなども必要ですが、基本の部分は同じです。どんなに良い施策やプロモーションも軸がぶれてしまっては、届けたいユーザーに届きません。

私たちは顧客目線に立ち、関係性を強化するために施策をどうするのか、考えることをやめてはいけません。まずは顧客側の気持ちや意図をしっかり汲み取ることから始めましょう。

戦略を立てる流れ

次に、デジタルマーケティングの戦略の立て方を見ていきましょう。大きく分けると3つに分けることができます。それぞれ、ポイントを踏まえてご紹介させていただきます。

  1. 目的の明確化
  2. 顧客体験のストーリー設計
  3. KPI設定

それぞれのフェーズを整理する

Step1:目的の明確化

活動を通じてどのような成果を得たいのか、運用する目的を明確に定義することから始めます。ここで具体的に言葉にすることで、進むべき道が見えてきます。マーケティング手法は何を利用する?ターゲットはどうする?などの疑問を解決することができます。

闇雲に施策を行っていても意味がありません。効果を最大限引き出すためにも、目的の明確化は必ず行っていきましょう。

目的を明確化できたら、成果を計る指標と数値目標の設定を行います。例えば「新規顧客数を20%増やす」などが挙げられます。最終的なゴールを具体的に決めていきましょう。

Step2:顧客体験のストーリー設計

顧客の行動心理や顧客体験のストーリー設計も戦略においてとても重要です。いわゆるカスタマージャーニーマップを考えていきます。

カスタマージャーニーの理解を深めることで、多様な価値観をもつ顧客が商品やサービスの購入に至るまでの行動を想定しやすくなります。顧客のニーズを可視化することで、具体的な対策を練ることができます。

Step3:KPI設定

施策を評価するためのKPIを設定します。KPIを設定することで、各施策の効果測定が可能になります。

デジタルマーケティング戦略のKPI設定

KPIは『何を・どれくらい・どの期間までに達成するのか』を数値で表したものです。「Key Performance Indicator」すなわち「重要業績評価指標」のことです。

ちなみに用いられることが多い指標はCVR(コンバージョン率)やUU数(ユニークユーザー)、PV数(ページビュー)などが挙げられます。

ポイントを押さえて最適化する

デジタルマーケティング戦略ポイント

より高い効果を得るためには以下のようなポイントを押さえて取り組む必要があります。

顧客を理解し「適切」なメッセージを届ける

どの施策にも共通して言えることは、顧客に受け入れてもらえる適切なメッセージを届けることが重要だということです。これには顧客の好みや行動を深く理解することが大切です。自分よがりではなく顧客に寄り添ったメッセージを届けることで、つながりをより強固なものにすることができます。

ニーズに合った「最適」なアプローチを行う

一人ひとり趣味嗜好や悩みは異なります。顧客のニーズを把握し、最も適したアプローチを行うことで、より響きやすくなるはずです。顧客目線で物事を考えるようにしましょう。

データを「最大限」活用する

あらゆる接点で得られた顧客のデータなどは企業にとっての宝です。また、施策を通じて得た結果も大変重要です。

データから汲み取れる情報の活用の仕方で結果はガラッと変わってきます。分析、評価を行い、さらに上の施策に活かしていきましょう。

戦略ツールを最大限活用しよう

デジタルマーケティングの戦略においてツールを活用する目的は、「作業の効率」や「効果的な集客」を実践することにあります。それでは、ツール毎の意味も含めてご紹介させていただきます。

CRMツール=顧客関係管理ツール

顧客ごとに異なるやり取りや商談状況などの営業活動全般を一元管理できます。

MAツール=マーケティング活動自動化ツール

新規顧客の獲得から営業アプローチまでの効率化を図れます。

CMSツール=Webサイトを構築するコンテンツ情報一括管理ツール

専門的な知識がなくとも行えるというメリットがあります。

アクセス解析ツール=ユーザーの行動や属性を分析するツール

流入経路や訪問数の多いページの確認などが行えます。

SEO対策ツール=検索エンジンを最適化するツール

検索で上位を狙うために必要なキーワードなどを選定するのにぴったりのツールです。

おすすめツール

今ある問題点や改善点を解決するために最適なものを活用していくことで「作業効率」や「効果的な集客」が見込めます。ちなみに各ツールのおすすめは以下の通りです。

  • CRMツールには・・・Salesforce(セールスフォース)
  • MAツールには・・・Hubspot(ハブスポット)
  • CMSツールには・・・WordPress(ワードプレス)
  • アクセス解析ツールには・・・Google Analytics(グーグルアナリティクス)
  • SEO対策ツールには・・・Usersuggest(ウーバーサジェスト)

ツールの詳細はこちらの記事で詳しく説明しています。併せてご覧ください。

さいごに

デジタルマーケティングの戦略の基本からおすすめツールまでをお話させていただきました。

顧客との関係を強化することを踏まえ、自社に利益をもたらす方法を模索していきましょう。施策と分析の繰り返しにより、顧客との関係性に花開く時がくるはずです。

不安なことはお気軽にご相談ください。

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703


    この記事を書いた人

    マーケティング事業部 SNS担当
    黒木千里

    「SNSであなたとつながるきっかけ作りを」をモットーに、楽しみながらSNS運用してまいります。

    この人が書いた記事をもっと読む