1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. キーワードリサーチとは? | キーワードリサーチの基本を知る
デジタルマーケティング 2022.1.6

キーワードリサーチとは? | キーワードリサーチの基本を知る

  • キーワード
  • SEO
  • キーワードリサーチ

キーワードリサーチはデジタルマーケティングそしてWebの現場において非常に重要な作業になります。この点については繰り返しお伝えしておきます。

デジタルマーケティングの世界に身を置くと、最も多く聞くことになる”ワード”はキーワードです。

これまでは”キーワード”の重要性をあまり理解していなかった人も多いと思います。しかし、”キーワード”について理解していくと、様々なマーケティングキャンペーンの中で関連キーワードを調査していくことになります。それは、既に公開しているWebサイトであろうが、ペイド広告キャンペーンであろうがSEOキャンペーンであろうが、キーワードリストを準備することが戦略的な鍵になります。

そもそも”キーワード”とは何か?

さて、まずはシンプルに説明していきます。キーワードとは、検索ユーザが検索エンジンでユーザが抱えている疑問や悩み、そして課題に対する答えを探し出すための単語やフレーズのことを言います。

“key-word”つまり、Webサイトを所有する企業やサービス提供者にとって重要なワードであり、単語です。

ユーザがどのようなキーワードを検索ニーズとして持っているのか?それをもとにして、Webサイトやサービスページを最適化していくことになります。

SEOに関する著名なブログの一つであるHubspotによれば、Google検索エンジンの中で毎秒63,000の検索クエリが発生していて、1日に56億回もの検索が行われています。

キーワードに関する基本を理解するために、サイバーブリッジデジタルマーケティングブログの過去に公開した記事『キーワードのリサーチ | カスタマーのマインドセットを理解しよう』がとても役に立ちます。

“キーワードリサーチ”とは?

ahrefs.comのブログ「ロングテールキーワードとは何か、そしてそこから検索トラフィックを取得する方法」によると、92.42%のキーワードは月に10回ほど検索されるそうです。

つまり、キーワードリサーチを体系的に行うことがコンテンツ制作のプロセスの中で重要な部分を占めることになるわけです。

キーワードリサーチは、「どんな単語やフレーズがターゲットオーディエンスに使用されるか」を考えて発見していく作業です。

様々なSEO戦略の中でキーワードリサーチはやるべき事の中心にあります。

キーワードリサーチをやり続けることで、次のことが分かります。

  • どのようなキーワードを使用して、検索結果に表示させているのか?
  • 様々なトラフィックに備えて準備していること。

検索結果画面(SERPs)から流入する様々なトラフィックに備えていきましょう。

以下で、キーワードリサーチの方法についての概要を説明していきます。

キーワードリストを分解して考える

サイバーブリッジのデジタルマーケティングブログで以前リリースした記事「キーワードリサーチに必要なこと | カスタマーのマインドセットを理解する」の中で、どのようにキーワードリサーチをしていく中でカスタマーマインドを理解できるのかを説明しました。

キーワードをグルーピングするには様々な方法がありますが、今回の記事ではキーワードの長さを3つのカテゴリーに分けてご案内します。

ショートテイルキーワード

ショートテイルキーワードは競合も多く検索結果の上位に表示させるのがとても難しいタイプです。競合が多いとキーワードということもあり、このキーワードで勝負する場合は多くの時間とコストがかかります。

1つまたは2つのワードを含むキーワードは”ショートテイルキーワード”と定義することができます。このキーワードは最も共通で一般的なワードで最も多くの検索ユーザが利用します。

ですので、検索ボリュームも常に高いのはこのショートテイルキーワードです。

“Google広告”はショートテイルキーワードです。上の画像をご確認下さい。4億7900万の検索ボリュームが表示されていますね。このように他のタイプのキーワードタイプと比較して高い検索ボリュームを出します。(通常はこのようなことが起こります。ただ、稀に他のキーワードタイプがより多くの検索ボリュームを出すこともあります。そのようなキーワードを見つけられれば戦略的な勝者になれるのです)

ミドルテイルキーワード

ミドルテイルキーワードは、ショートテイルキーワードとロングテイルキーワードの間に位置するキーワードです。

時々、他のブログなどではミドルテイルキーワードをロングテイルキーワードとして説明しているものもあります。

その場合は、ロングテイルとショートテイルの2つのタイプに分類されます。

たた、今回、私たちはキーワードを3つのカテゴリに分類してミドルカテゴリーについてお伝えしようと思います。

その理由は、ビックキーワードと比較して、ミドルキーワードは競合も少なく、広く一般的ではないからです。

その一方で、ロングテイルキーワードと比較したとき、ミドルテイルキーワードはニッチな領域に分類されます。

上の画像のような、”Google広告 費用”といったキーワードは、ミドルテイルキーワードに分類されます。

ロングテイルキーワード

92%の検索クエリはロングテイルキーワードである。

BACKLINKOより抜粋

ロングテイルキーワードは4つ以上のキーワードによって構成されます。これらのキーワードは非常に特殊で通常はニッチなトピックを検索する際に使用されます。

これまでの2つのカテゴリーのキーワードと比べると、ロングテイルキーワードの検索ボリュームはとても低いため、競合は少なく、ゴンバージョンレートは高くなります。もしあなたが新たにコンテンツを作る場合、ロングテイルキーワードで検索結果画面にランクさせるようにしましょう。

“Google広告 費用 仕組み”このようなキーワードはロングテイルキーワードに分類されます。

ロングテイルキーワードのリサーチの重要性

原則的にキーワードリサーチはSEOキャンペーンをより強固なものにするために行なうものです。定番のキーワードリサーチでは、『月間検索ボリューム』『キーワードの競争力』を確認します。

ランディングページを表示させたいキーワードを特定することで、コンテンツのトピックスが決まり、公開前のトピックスにそれらのキーワードを関連づけることができます。そうすることで、検索画面の上位にあなたのコンテンツを表示できるようになります。

外部リンクと内部リンクを構築することもいい影響を生み出します。リンク対策についても、全てのワードに対してリンクを貼るのではなく、キーワード戦略に基づいて戦略的にリンクを作っていきます。

まとめ

キーワードは検索ユーザがオンライン上で何かを検索するときに使用するワードまたはフレーズです。

検索エンジンで使用するキーワードには3つのタイプが存在します。

例えば、もしあなたが”キーワードリサーチ”について知りたい場合、”キーワードリサーチ とは”とGoogleで検索するでしょう。

キーワードの長さに応じて3つのタイプに分類されます。

  • ショートテイルキーワード(ヘッドキーワード)
  • ミドルテイルキーワード
  • ロングテイルキーワード

キーワードリサーチはこれらのキーワードを見つけるためのプロセスです。キーワードリサーチをしっかり実施することにより、どのキーワードがあなたの製品やサービスを検索エンジンで見つけるのに使われるかを見つけることが出来ます。

キーワードリサーチを実行することは、あなたのSEO戦略とリスティング広告のようなPPCキャンペーンにとって、非常に重要です。

私たちが公開しているブログコンテンツ『Googleリスティング広告:コンプリートガイド~2022年最新版~』では、リスティング広告で成果を出す方法について解説しています。

サイバーブリッジのデジタルマーケティングチームでは、キーワードリサーチと様々なSEOオペレーションを得意としています。

もしあなたが、キーワードリサーチやSEOに関して、何か情報が必要な場合やサポートを必要とする場合は下記のフォームよりお問い合わせ下さい。

次回のキーワードリサーチ関連の記事では「キーワードリサーチのやり方」についてご案内します。

乞うご期待下さい。

SEO・デジタルマーケティング戦略に関するご相談をする

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

    この人が書いた記事をもっと読む

    この記事をSNSでシェアする

    無料
    相談