1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. Googleキーワードプランナー入門-2022年最新ガイド
デジタルマーケティング 2022.2.1

Googleキーワードプランナー入門-2022年最新ガイド

  • Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーとは何か?このツールを使うことで享受できるメリットはどのようなものでしょうか?この記事では、Googleキーワードプランナーに関する、これら初歩的な疑問について解説していきます。

あなたが、直近で『キーワードリサーチ』をしたのはいつでしょうか?

あなたは、自社のサービスや製品を利用するカスタマーがどのようなキーワードによって、貴社の製品やサービスを見つけているのかご存知ですか?

私たちはこれまでも何度か、”キーワードの重要性”についてお伝えしてきました。”キーワード”に関する対策をしっかりとやることは、マーケティングキャンペーンを成功させるための原動力になるわけで、どのようなビジネスをしていても、キーワードリサーチをしっかり行なうことは、とても重要なことなのです。

Googleキーワードプランナーを実際に確認する前に、一般的なご紹介をしたいと思います。

キーワードプランナーとは?

キーワードリサーチをしっかり行なうことで、デジタルマーケティングキャンペーンの成功確率はぐっと高まります。

キーワードプランナーやキーワードリサーチツールを活用することによって『あなたの顧客がどのようなキーワードで、あなたの製品やサービスをオンライン上で探しているか』  を発見する手助けになります。そして、SEOプランやペイド広告キャンペーンのプランニンングにも役立つわけです。

有料無料問わず、様々なキーワードプランナーがあるので、ご紹介したいと思います。

Google検索のサジェスト機能を使えば、誰でも手軽に最も検索されているキーワードを確認することができます。特定のキーワードを入力してみると、その下に様々なサジェストが出てきます。

これらは、その特定のキーワードに関連した『よく検索されるワード』になります。

これは誰でも簡単にキーワードを見つけることができる方法なので、意識してみて下さい。

また、サードパーティ製のキーワードプランナーを活用することもできます。

例えば、UbersuggestAhrefs Keyword ExplorerSEMRUSHKWFinder 、Answer The Publicあたりは有名なツールです。

キーワード系のツールは無料で利用できるものから、有料のタイプまで実に様々あります。あなた自身が必要な機能に応じて使い分けて下さい。

これらのツールの機能をフルで利用したい場合は、有料プランへの加入が必要になるかもしれませんね。詳しくは、各ツールの公式サイトをチェックしてみて下さい。

Googleキーワードプランナーとは?

上のセクションでお伝えしたツールとは異なり、Googleキーワードプランナーは様々なオプション機能を兼ね備えていて、しかも無料で使用することができます。

Googleキーワードプランナーはキーワードをリサーチすることを目的にしていて、特に、検索広告キャンペーンを利用するユーザに向けて用意されています。

もし、Googleリスティング広告に関する情報を入手したい場合は、『Googleリスティング広告:コンプリートガイド~2022年最新版~』をチェックして下さい。

Googleキーワードプランナーを活用することで、検索キャンペーンのためだけではなく、あなたのビジネスに必要なキーワードや検索語句を見つけることができます。

それと同時に、キーワードをリサーチがしっかり出来ていれば、検索広告キャンペーンを作成することができます。

お金を払えばプレミアムオプションを含む様々なキーワードツールを使用することができますが、Googleキーワードプランナーは高機能なキーワードツールを無料で使用することができるわけです。必要なものはGoogle広告のアカウント(Googleアカウント)だけです。そして、最も嬉しいお知らせとしては、Google広告のプラットフォームが無料で使用できる点ではないでしょうか。

Googleには様々な無料で公開されている(とても無料とは思えないものも多数)ツールがあります。これらのツールについては、過去に公開したブログ「SEOツール : Google7つの神器 (Google SEOのためのコンプリートガイド)」の中でご紹介しています。もちろん、Googleキーワードプランナーについても言及していますので、ぜひご確認下さい。

Googleキーワードプランナーについて話を戻しますが、このツールでは、特定のキーワードにおける一定期間の検索ボリュームを予測してくれます。それによって、ターゲットとするキーワードを使用した場合に、どれくらいのコストが必要なのかが予測できるようになっています。

Googleキーワードプランナーを使用するメリット

キーワードプランナーは、本来、Google広告キャンペーンに出稿するユーザをサポートするためのツールですので、ツールを使う事によってたくさんのメリットを享受することができるわけです。

新しいキーワードの発見

検索エンジンのマーケットリーダーとして、Googleでは一日に69億の検索が行われています。そこで、想像してほしいのが、どれくらいのデータをGoogleが所有しているのか?ということです。

新たなキーワードを提示すると、Googleでは、以下のサンプルデータをベースにして結果を表示します。

Googleキーワードプランナーの最初の画面

ここでは、2つの方法を紹介します。1つ目は、知っているであろうキーワードを入力すると、Googleは関連するキーワードを返してきます。2つ目は、あなたのサービスのサイトや類似サービスのURLを入力する方法です。これにより、サイトの中身からキーワードをフィルタリングして提案してくれるのです。

フルーツの販売ビジネスを例に考えてみましょう。

”オーガニックフルーツ”と入力して検索してみて下さい。すると、Googleキーワードプランナーは、Google広告キャンペーンで使える関連性の高いキーワードを提示してくれます。そして、また、検索バーに表示されるいくつかのキーワードサジェスト(検索結果を拡張)を発見できると思います。このようなキーワード検索の引き出しを広げるためにもキーワードサジェストはとても重要な役割を果たします。

そして、忘れないでいただきたいのが、言語、広告期間、そして広告ネットワークのような、ターゲティングオプションです。

二つ目の方法として、サービスサイトのURLまたは類似のサービスサイトのURLからキーワードを抽出する方法になります。

サイトのURLを入力することで、サイトの中をクローリングして広告キャンペーンで使用するキーワードを見つけてくれます。

この方法は、キーワードリストとランディングページにある関連性を発見するという意味でも、とても素晴らしい方法です。もし、ランディングページ内に存在しないキーワードを広告やキャンペーンのキーワードリストで使っていたら、あなたのキャンペーンの品質スコアは下がってしまう可能性が高いです。そして、最終的には、ランクの上位に表示させるために多くのお金を投入してしまうことになるわけです。以下のサンプルをご確認下さい。

ここでは、WebデザインサービスのページのURLを入力して、自分たちの検索キャンペーンでは、どれくらいのキーワードを使用できるかを表示させています。ここでは299個のキーワードのアイディアを確認することができます。

そして、これらのキーワードには、私たちが提供しているサービスと関連性が高く、私たちの顧客が実際にサービスを見つけるために使用するワードになります。

どのキーワードをターゲットにするか決定する

月間の検索数や競合の動向、広告で使用したキーワード単価を確認することはとても大切な作業になります。

月間検索数について

Googleキーワードプランナーでは、それぞれのキーワードの検索数と全体の検索数、そして月間の検索ボリュームを算出してくれます。

これらのデータを確認することによって、どのキーワードがよく検索されて、どのキーワードがあまり検索されないのかを把握することが可能なのです。

このような数値をチェックすることによって、あなたのビジネスにおける顧客のマインドセットを導くことができます。

私たちは、月間検索ボリュームが10や100のようなキーワードをターゲットにしたいのではありません。あなたがニッチなマーケットにいない限りは、そのような小さすぎるキーワードに対して注力していても無意味です。

それと同時に、検索ボリュームがもの凄く大きい、ワードをターゲットにする必要もないということをここではお伝えしておきます。

その理由は、このような大きなキーワードに時間を費やすことは、競合のレベルも高く、よりオーガニック検索で目指すべきだと考えているからです。

もしあなたが、大きな検索領域をカバーするような『ショートテイルキーワード』を使用すれば、たくさんのインプレッションとクリックにつながります。しかし、それは諸刃の剣だということも理解しておきましょう。なかなか上位表示されず、一つのCVも獲得できずに終わってしまう可能性もあります。

そこで、多くのデジタルマーケターは、ロングテイルキーワードに着目し上手く利用することに焦点を合わせているわけです。

キーワードにかかるコスト

ロケーションと広告ネットワークの設定をすることで、Googleキーワードプランナーは、キーワードを検索ページの上位に表示させるために必要なコストを教えてくれます。この指標は『このまま進めるのか』それとも『予算を変更するのか』の判断材料になります。

通常、単価が低いけれども、検索ボリュームが大きいキーワードを使用することによって、より多くの成果を得ることが可能になります。

とは言え、キーワードの単価は業界によって大きく異なるので、一概に「幾らです」ということはお伝えできませんが。。。

注意が必要なのが『キーワードプランナーに表示されたキーワード単価が、正確な単価ではない』ということです。あなたのキーワードに対する単価は、様々な状況や要素に応じて決定されるということです。

ただし、忘れないでいただきたいのが、『あなたの広告キャンペーンの品質スコアが低い場合、最終的には、キーワードに対して高額の支払いをすることになる』ということです。

GoogleキーワードプランナーはSEO効果につながるのか?

冒頭にお伝えしましたが、Googleキーワードプランナーは、Google広告キャンペーンに参加するユーザをサポートすることを目的に作られています。

ただし、もしこのツールを正しい方法で使用すれば、SEOにも十分活用することができます。様々なSEOキャンペーンで良質なキーワードリストを用意することが、間違いなく検索エンジン上のコンテンツを整備するのに役立ちます。

Googleキーワードプランナーは、強力なSEOツールでありリソースでもあります。このツールを上手く活用することによって、あなたのWebページを上位表示させるためにキーワードを特定させることができるでしょう。

まとめ

Googleキーワードプランナーは、新たなキーワードを調査してキーワードリストにあるキーワードの検索数を予測するのに役立つ強力なツールです。

もしあなたが、WebサイトのSEO戦略を構築する場合、GoogleキーワードプランナーはSEOを始めるのに最適なツールになります。

この記事では、キーワードプランナーの紹介をさせていただき、新たなキーワードの発見に関する話をさせていただきました。

我々は、Googleキーワードプランナーがどのように検索広告キャンペーンのパフォーマンスの予測に使われていくのかについてお伝えしてきました。

この記事を最後までお読みいただければどのようにこのツールを使用するのかが大枠でご理解いただけると思います。

Google広告の運用をお考えの方はご相談下さい

Google広告の運用をお考えの方で、最初に何をしたらいいのか分からない。運用方法が正しいのか分からないという方は、サイバーブリッジのデジタルマーケティングチームまでお気軽にご相談下さい。

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

    この人が書いた記事をもっと読む
    無料
    相談