1. HOME
  2. メディア
  3. Web制作
  4. SEO対策を実施する上で大切な3つの要素(2022年最新版)
Web制作 2022.9.12

SEO対策を実施する上で大切な3つの要素(2022年最新版)

  • SEO対策

SEOの3つの要素、テクニカルSEO、オンページSEO、オフページSEOの完全ガイドです。テクニカルSEO、オンページSEO、オフページSEOの3つです。

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の頭文字をとったものです。検索エンジン最適化とは、ウェブサイトをgoogleのような検索エンジンに最適化することです。

まず念頭に置くべきは、人間向けのコンテンツを制作しているということです。多くの人が忘れているのは、検索エンジンもユーザーの一人であるということです。

検索エンジンが行っていることは、顧客の検索クエリに答える最適なコンテンツを選択し、提示することです。つまり、検索エンジンは常に人間の視点から見ているのです。

前回の記事『SEOに関して最低限知っておくべき重要な知識とは?』をご覧になったあなたは、SEOに関する基本的な最低限の知識は既に得ておられると思います。

これまでのSEOの記事を読んでいただけたでしょうか?そこで今回は、SEOの3つの要素について説明します。

検索エンジン最適化の3つの主要な構成要素

デジタルマーケティングの本やマニュアル、ブログを読むと、SEOには必ず3つの主要な部分があることがわかります。時には、異なる名前で言及されることもありますが、同じ構成要素を指していることもあります。ここでは、その3つの主な構成要素について説明します。

  • テクニカルSEO
  • オンページSEO(コンテンツSEO/レリバンスSEO)
  • オフページSEO(プロモーションSEO/オーソリティSEO/バックリンクまたはインバウンドリンク)
SEOの構造について

テクニカルSEOとは?

テクニカルSEOとは、Webサイトの技術的な側面を分析し、最適化することです。テクニカルSEOの目的は、検索エンジンのクローラー(検索エンジンのスパイダー)がWebサイトをクロールしやすくすることと、Webサイトを高速化して優れたUSER体験を提供することです。

テクニカルSEOについては、さまざまな見解があります。Yoastのようなブログを読むと、テクニカルSEOはオンページSEOに該当すると言われています。しかし、私たちは、テクニカルSEOをSEOの1つの要素として考えても良いと考えています。

テクニカルSEOを理解するためには、まず、検索エンジンがどのようにウェブサイトをクロールするかについて学ぶ必要があります。

クローリング、インデックス、クエリーエンジン

簡単に説明すると、Googleはクローラー(google bot/spider)という自動化されたシステムを使っています。このボットは、インターネットにリンクしているあらゆるウェブサイトにクロールして、あなたのウェブサイトに関する情報を収集します。
クローリング後、検索エンジンはその情報を保存・整理し、ユーザーに提示します。これを「インデックス」と呼びます。
ユーザーが何かを検索すると、検索エンジンはあなたのウェブサイトに関する最も関連性の高い情報を表示し、それらの結果を最初のページから最後のページまで整理します。

テクニカルSEOチェックリスト

Page speed insights

テクニカルSEOは、設計・開発部分に関わることがほとんどです。テクニカルSEOには、注力すべきいくつかの主要なコンポーネントがあります。もし、技術的に最適化されたウェブサイトを作りたいのであれば、以下のような点を改善することに注力する必要があります。

  • ウェブサイトのスピード
  • Webサイトのセキュリティ
  • JavaScript
  • デッドリンク
  • ウェブサイト・アーキテクチャ
  • Hreflang
  • リダイレクト
  • XMLサイトマップ
  • 構造化データ

Googleサーチコンソール、ページスピードインサイト、SEMラッシュ、Ubersuggest、AhrefなどのテクニカルSEOツールを使って、ウェブサイトのSEO上の問題を発見することができます。

テクニカルSEOのメリットは何ですか?

Googleなどの検索エンジンは、常に最高のユーザー体験を提供するWebサイトを優先的に表示します。つまり、人間だけでなく、検索エンジンのためにも技術的にWebサイトを最適化する必要があるのです。

ここでは、技術的なSEOから得られる主な利点をいくつか挙げています。

  • オーガニックランキングの向上
  • 技術的な弱点を見つけることができる
  • ウェブサイトの構造の問題点を理解することができます
  • 重複するコンテンツを削除することができます
  • ページスピードの向上
  • 高速ロードのウェブサイト

オンページSEOとは?(サイト内SEO/関連性SEO/コンテンツSEO)

これは、オンサイトSEOとも呼ばれています。オンページSEOは、SERP(検索エンジン結果ページ)上でより高いオーガニックランキングを得るために、ウェブサイトのページの構成要素を最適化することに焦点を当てています。これは、主にウェブサイトのコンテンツとソースHTMLコードのことです。

Googleのクローラーはテキストベースです。だから、あなたのビジネスに関連するコンテンツを構築することは、より高いランクを取得するのに役立ちます。On-page SEOを構築するためには、適切なキーワード調査を行う必要があります。そして、ターゲットオーディエンスの検索クエリを解決するコンテンツを作成します。

あなたのビジネスに関連するキーワードを基に、より多くのコンテンツを開発しましょう。顧客の疑問に対する解決策を提供するコンテンツマーケティング戦略を立てるようにしましょう。例えば、「トピッククラスタ」のようなコンテンツ戦略をとることができます。

WordPressでコンテンツを作成する場合、「Yoast」のようなSEOプラグインを使用すると、サイト内SEOを向上させることができます。

オンページSEOチェックリスト

初期の頃のコンテンツマーケティング担当者は、ウェブページにキーワードを詰め込みました。しかし、今や検索エンジンは昔よりずっと賢くなっています。検索アルゴリズムは、キーワードを探す際に、検索意図を調べます。

キーワードだけを詰め込んだページでは、SERPにランクインするチャンスはないでしょう。検索エンジンは、あなたのコンテンツが検索クエリに対する解決策を提供しているかどうかをチェックします。

そのため、顧客の検索クエリに答えるような価値あるコンテンツを作成することに集中しましょう。サイト内SEOを向上させるために、以下のベストプラクティスを使用することに重点を置いてください。

  • キーワードの使用頻度
  • H1、H2タグでのキーワード使用率
  • 内部リンクの使用
  • 権威と関連性のあるソースへのリンク(アウトバウンドリンク)
  • メインキーワードのURLの最適化(オプション)
  • メタディスクリプションとタイトルの最適化
  • SEOに最適化されたコンテンツ
  • 画像の最適化
  • Schemaマークアップの追加

オンページSEOのメリットは何ですか?

オンページSEOには多くの利点があります。それは継続的なプロセスであり、一度オンサイトSEOのベストプラクティスを実行すれば、そのルールに従うのは簡単です。

オンページSEOを最適化すれば、Googleなどの検索エンジンは、あなたのウェブサイトのコンテンツを素早く理解することができます。検索エンジンは、あなたのコンテンツを明確に理解することができれば、関連する検索クエリが入力されたときに、あなたのコンテンツを簡単に表示することができます。

オフページSEOとは?

(プロモーションSEO/オーソリティSEO/バックリンク/インバウンドリンク)

Ubersuggestによるnikkei.comのバックリンクの概要

オフページのSEOは、検索エンジン最適化の第三の要素です。それは、SERPの最高ランクを取得するためにあなたのウェブサイトの外で行うことができるすべてのものに焦点を当てています。

主に、他の権威あるドメインからあなたのウェブサイトへの非スパムリンクを取得し、あなたのブランドを構築することに関するすべてである。ユーザーの役に立つ高品質で関連性の高いコンテンツを開発すれば、ユーザーはあなたのコンテンツを推奨し、共有するようになります。

また、他のウェブサイトやブロガーは、あなたのコンテンツにリンクします。これは、自動的にあなたのドメインの権威を高めるのに役立ちます。

他のウェブサイトからあなたのウェブサイトへのリンクを持つことは、バックリンクまたはインバウンドリンクと呼ばれています。

これが起こるとき検索エンジンは、信頼性の高い、関連するソースとしてあなたのウェブサイトを識別します。それはあなたがそのトップランクに取得するのに役立ちます。

マーケティング担当者がオフページSEOを改善する際、リンクファームやリンクスキームを使用するようなブラックハットSEOのテクニックを使用する傾向があります。これは推奨されません。ブラックハットSEOガイドとホワイトハットSEOガイドを読んで、SEOを向上させるために従うべき戦略を確認してください。

オフページSEOのチェックリスト

オフページSEOを改善するためにできることはさまざまです。オンサイトSEOやテクニカルSEOに比べ、オフページSEOは難しいと考えるマーケターも少なくありません。

そこで、私たちはオフページSEOのチェックリストを用意しました。このチェックリストに沿って、オフページSEOの改善に取り組んでください。

  • バックリンクの構築
  • ゲスト投稿
  • インフルエンサー・マーケティング
  • コメント
  • レビュー
  • ポッドキャスティング
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • フォーラム
  • ブランド認知 (ブランド構築)
  • ニュースレター
  • ブロークンリンク構築

オフページSEOのメリットは何ですか?

ウェブサイトは何十億と存在します。どのニッチに属していても、常に競合が存在し、あなたのターゲットオーディエンスと同じように競合しています。同じ検索クエリのための多くのコンテンツがある場合、Googleはそれらのコンテンツをランク付けするために別の検索アルゴリズムを使用します。

そのうちの1つは、ドメインのオーソリティです。だから、あなたのドメインが低い権限を持っている場合、あなたは検索結果の最初のページに配置される可能性はほとんどありません。

オフページSEOは、上記の質問に対する最良の解決策です。それはあなたのドメインのオーソリティを向上させます。つまり、オフページSEOが優れていることで、検索エンジンは、あなたのコンテンツが信頼できる、質の高い、専門的な答えを訪問者に提供していると見なすのです。そして、Googleはあなたのコンテンツをより多くの人に見せるようになるのです。

ドメインオーソリティ

ドメインオーソリティ(DA)は、MOZが最初に開発したものです。これは、ドメインのランキングの可能性を予測するものです。様々な要因に基づき、ドメインオーソリティスコアは、ウェブサイトが検索エンジンの結果ページ(SERPs)にランクインする可能性を予測します。
ドメインスコアが高ければ高いほど、そのウェブサイトはより強く、より権威があることを意味します。DAスコアは、Mozのウェブサイトにログインすることで、無料で確認することができます。

また、音声検索にコンテンツを最適化することにも注力すべきです。あなたのウェブサイトを音声検索用に最適化する方法をご存知ですか?まだの方は、音声検索最適化ガイドをお読みください。

まとめ

検索エンジン最適化(SEO)とは、検索エンジンの結果ページ(SERP)で上位に表示されるようにウェブサイトを最適化することである。

SEOの主な構成要素は3つあります。今回は、SEOの以下の3つの部分について掘り下げてみました。

  • テクニカルSEO
  • オンページSEO(コンテンツSEO / リレバンスSEO)
  • オフページSEO(プロモーションSEO /オーソリティSEO /バックリンクまたはインバウンドリンク)

この3つのパーツを理解することは、結果重視のSEO戦略を構築するために重要です。また、検索アルゴリズムのアップデートに注意を払い、それに応じて戦略を変更することも重要です。

サイバーブリッジのマーケティングチームは、お客様のWebサイトにオーガニックトラフィックを増やすためのSEO戦略を策定・実施するお手伝いをいたします。音声検索用にWebサイトを最適化する方法については、音声検索の記事をご覧ください。

お客様の声は私たちの強みです。それでは、以下にコメントを残してください。


この記事を書いた人

代表取締役
櫻井 邦則

1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

この人が書いた記事をもっと読む