1. HOME
  2. メディア
  3. Web制作
  4. SEOで成果を出すための7つの方法(今スグやるべきSEO戦術をご紹介)
Web制作 2022.1.1

SEOで成果を出すための7つの方法(今スグやるべきSEO戦術をご紹介)

  • キーワード
  • コンテンツ
  • SEO
  • 内部リンク
  • 外部リンク
  • モバイルフレンドリー

Googleの検索アルゴリズムは定期的にアップデートされることは有名な話で、様々な目的や状況に応じて変化させています。

検索アルゴリズムのアップデートに伴い、我々のWebサイトの仕様もそれに合わせて適応させて最適化させる必要があります。

アルゴリズムのアップデートは様々な理由によって行われますが、確実に言えることが一つだけあります。それは、アルゴリズムアップデートの最大の理由は、検索ユーザに対して最も最適で最も関連性の高い情報を利用できるようにすることです。

したがって、私たちがWebサイトやページを作成するときには、検索ユーザを十分意識する必要があります。

GoogleE-A-Tとは?

GoogleE-A-Tを覚えていますか?

Google検索アルゴリズムの記事の中で、私たちは何度かE-A-Tについて書かせていただいております。

関連記事
この記事の中でブログを書くことの重要性、E-A-Tの大切さを記述しています。

実際にGoogleE-A-Tについては、検索アルゴリズムではなくいわゆるコンセプトの話になります。Googleの検索クエリに関する失敗事例をチェックしてみて下さい。そこでは次のように言及されています。

WebサイトやURLの品質を評価するための判断基準として、E-A-Tを用いているかどうかが重要なポイントとなる。

Googleの公式Searchコミュニケーションチャネルに従ってE-A-Tを学習していくと、公開されたコンテンツの中からE-A-Tファクターを探すようにしています。あなたのコンテンツがE-A-Tの要素で満たされているなら、検索結果の上位に表示される可能性が十分にあります。逆に、E-A-Tの要素が全くないコンテンツは、検索順位の上位には上がってきません。

遅くなりましたが、E-A-Tとは次のようなことをいいます。

  • E – Expertise(専門知識・専門性)
  • A – Authoritativeness(権威・権威性)
  • T – Trustworthiness(信頼・信頼性)

このブログでは以降、GoogleのE-A-Tコンセプトと他の検索アルゴリズムに寄り添うことができる10のシンプルな方法をご紹介していきます。

コンテンツがオリジナルであること

コンテンツは常にオリジナルであること、またはあなたの意見や見解が記載されていることが大切です。

例えば、他の人が書いた記事などを自分好みにアレンジするような方法もあります。ここで注意しなければならないのは、もしあなたが何らかの分野における専門家であるなら、その分野の他のサイトからの”コピー&ペースト”はいただけません。もちろん、リサーチや学習にそれらを使うのは問題ありません。

繰り返しになりますが、あなたがネット上で公開されている情報を複製した場合には、あなたが望むような結果には繋がらないということを肝に銘じておくべきだということをお伝えしておきます。

”パクリ”コンテンツはあなた自身の信頼を損ねてしまいますし、E-A-Tの原理原則に反してしまいます。長期的な視点でコンテンツを生み出し、その良質な状態を保ち、改善し続けることで、あなたのインターネット上の信頼は積み重なっていきます。

これだけ世の中にコンテンツが溢れている時代です。完全なオリジナルコンテンツを生み出すことは難しいですし、コンテンツ制作は極めて難易度の高い作業になります。ですが、様々な創意工夫によってコンテンツにオリジナリティを持たせ、読者にとって魅力あるものに仕上げる必要があります。

SEOに最適なワードカウント

このテーマについては、多方面で議論がされ様々な見解があります。

このテーマに関して、インターネットで検索してみて下さい。検索結果にはいくつかの見解がありますが、Googleは、一つのページに対して書くべきワード数については言及していません。

ただ、彼らが出しているガイドを読んでいると ”GoogleはWebサイトのオーナーがより多くのコンテンツを書いてもらうためにやる気を起こさせていると解釈できます。

多くの人の見解通りで、”たくさんワードを使用すれば結果はいい方向に向かうでしょう。

Yoast.comのブログによれば、もしあなたがたくさんのワードを使ってコンテンツを書けば、Googleがあなたのコンテンツの詳細について理解しやすくなる。と言及しています。彼らは自らのコンテンツを2500ワード以上用いて書いて、実際に動向をチェックしてきたそうです。最終的に彼らの記事は高いページビューを記録して、ブログの土台となる記事になりました。

 一方で、文字数についてはあまり気にしないという意見もあります。

たとえ、あなたがたくさんのワードを使ってコンテンツを作ったとしても、サイト訪問者の注目を集めることとの因果関係はなく、それよりも、タイトルと記事との関連性やユーザの疑問に対して明確な回答が出来ているかを確認するべきだという考え方です。

画像を使用する

テキストと関連性のある画像を使用しましょう。テキストだけのコンテンツは退屈です。なので可能な限り、関連画像を入れて、少なくても一つは記事にの関連する場所に画像を入れるようにしましょう。

例えば、関連する画像のスクリーンショットなどを撮影して、それをブログポストに使ったりすることもできます。実際に撮影した画像でも構いませんし、画像をPhotoshopなどで加工するとよりオリジナリティのあるものが出来上がります。

マーケティングエキスパートのNeil Patel氏のブログによれば、ブログに挿入する画像は、あなたが必要とする分だけ入れれば問題ないと主張しています。

ただ、現実的な問題として、彼は150文字に1つの画像を挿入することが望ましいのではないかとアドバイスしています。

内部リンクと外部リンクを挿入する

リンクの挿入はSEOにとって非常に重要な要素です。

私が知る限り、GoogleはリンクがたくさんあるWebページを好みます。GoogleボットはWebサイトを内部リンクから内部リンクへクローリングして、他の外部リンクについてもチェックします。

内部リンクの挿入によって、サイト訪問者とクローラに対して他のWebサイトを見つけやすくします。外部リンクはでは、外部ソースにアクセスしてもらうことで、ユーザにより多くの情報を参照してもらったり、情報に客観性を与えたりする役割があります。

その中でも特に、外部リンクを挿入することは提供するコンテンツに信頼性と権威性が加えられて、安心してコンテンツを読むことができるようになります。

このように内部・外部問わず、Webページにリンクを挿入することは、あなたのWebページの検索結果ランキングにいい影響を与えることになります。

リンクの挿入を戦略的に行なうことは、将来的にSEO戦略を成功させるためにとても重要な役割を果たします。

SocialmediaTodayのブログによれば、51%のマーケターが1ヶ月~3ヶ月でリンクビルディングのインパクトを得ることが出来たと言っており、41%のSEOエキスパートはリンクビルディングは最も難しいSEO戦略のパートであると伝えています。

キーワードリサーチ

自社サイトのキーワードを把握して戦略的に記事の中で使うことは、あなたのビジネスの目標を達成することに大いに役立ちます。

しかし、もしあなたの記事がただ単にキーワードだけで満たされているような状態であれば、検索エンジンはあなたの記事をランキングしません。

そして、もしあなたのWebサイトが関連性のあるキーワードやフレーズで検索結果の上位に表示されない場合は、おそらく、あなたのWebサイトはクリックされないと思います。

ですので、コンテンツマーケティング戦略を実施する前の段階で、十分にキーワードをリサーチするようにしましょう。Googleキーワードプランナーは、Googleから提供されている無料のキーワードツールです。このツールを使用することで、簡単にキーワードを狭めて決定することができます。

他にも様々なSEOツールがあります。特に、Googleから提供されているSEOツールは、無料で使えるにも関わらず非常に優れたツールばかりです。

以前に、デジタルマーケティングブログで公開させていただいた『SEOツール : Google7つの神器 (Google SEOのためのコンプリートガイド)』をご確認いただき、SEOツールを使ってはじめてみましょう。

とにかくコンテンツを書き続ける

もしあなたが、同じ数ページのコンテンツに対して固執し続けているなら、Webトラフィックを獲得するという目的は忘れてしまいましょう。

Googleはこれまで何度も言い続けていますが、もっとユニークで専門性の深いコンテンツを必要としています。”ユニークで専門性が深いコンテンツが必要である”とは、ブログポスト、eBooks、ポッドキャスト、動画、How-toガイドなど様々なタイプのコンテンツのことを言います。コンテンツをスピーディに上げていきましょう。

シンプルに申し上げれば、多くのコンテンツを用意することが検索結果の上位表示につながります。

モバイル端末に最適化する

Statistaから出ている最近の記事によれば、2020年には、全世界のインターネット利用者の90%がモバイル端末を通じてインターネットにアクセスしており、モバイルユニークユーザは42.8億に上ります。

従って、あなたのWebサイトをモバイル端末に最適化することは、SEOにとって必須事項なのです。事実、2020年5月に発表された、GoogleのCore Web Vitalsでは、検索アルゴリズムはユーザエクスペリエンスを検索ランキングの重要な指標とすると告知しました。

あなたのWebサイトがモバイルフレンドリーかどうかを確認する方法は、Googleから提供されている『モバイルフレンドリーテスト』を確認してみて下さい。

まとめ

SEOのための方法や戦術は数千にも及びます。しかし、検索エンジンの定期的なアップデートに対して、それを維持することは、とてもハードな作業です。

もし、Google検索アルゴリズムの原理原則や概念を理解することができれば、SEOフレンドリーなコンテンツを簡単に生み出し続けることができます。

この記事の中で、私たちは最も基本的なSEO戦術についてお伝えしてきました。ここまでお伝えしてきた内容を実践することで、検索結果の上位に表示されやすくなります。

  • オリジナルコンテンツの作成すること
  • SEOフレンドリーなワード数
  • たくさんの画像を使用している
  • 内部リンクと外部リンク戦略が充実
  • キーワードをしっかり選定している
  • たくさんのコンテンツがある
  • モバイルフレンドリーである

これら7つの戦術に取り組むことで2022年のSEO戦略をスタートさせましょう。

サイバーブリッジでは、あなたのWebサイトの検索順位を改善するためのサポートを行っております。もし、あなたが、Webサイトへアクセス数が低く、”どうしたら改善できるのか”という疑問や”このままで大丈夫なのか”という不安を感じているのであれば、下記の問い合わせフォームより気軽にご相談下さい。早急にご連絡させていただきます。

Webサイトのトラフィック改善に関するご相談はこちら

    ※半角英数字でご入力ください。

    個人情報保護方針

    サイバーブリッジ株式会社(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

    個人情報の管理
    当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
    個人情報の利用目的
    本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
    個人情報の第三者への開示・提供の禁止
    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
    ・お客さまの同意がある場合
    ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
    ・法令に基づき開示することが必要である場合
    個人情報の安全対策
    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
    ご本人の照会
    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
    法令、規範の遵守と見直し
    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
    お問い合せ
    当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

    サイバーブリッジ株式会社
    〒264-0025 千葉県千葉市若葉区都賀2-12-19 伸栄ビル2F
    TEL:043-235-8703

    この記事をお読みいただいた方には以下の記事もおすすめです


    この記事を書いた人

    代表取締役
    櫻井 邦則

    1982年生まれ。 趣味はブログとゴルフ。 ブログでは検索スコアを上げるために、ゴルフではスコアを下げるために日々奮闘しています。

    この人が書いた記事をもっと読む