1. HOME
  2. メディア
  3. デジタルマーケティング
  4. ライティングスキルを上げる方法とコツ
デジタルマーケティング 2022.12.20

ライティングスキルを上げる方法とコツ


「文章を書くのが苦手」や「方法が分からない」など、コンテンツマーケティングを行う企業の中には該当する方もいらっしゃるかと思います。実際に企業ブログを一つ書くにしても、ライティングのスキルが問われます。

ライティングスキルを上げることはWebサイト向上にも繋がるほど、重要であり、求められるスキルです。

では、どのように行っていけば、ライティングスキルを上げることができるのでしょうか。今回はそこの部分をご紹介したいと思います。

おすすめのライティングスキルを方法

まずはスキル向上のためにおすすめな方法をご紹介させていただきます。以下の方法を実践するだけで、ライティングのスキルは一つ、二つとアップします。

  • 多くの文字に触れる
  • わからない言葉は調べる
  • 良い表現はメモする
  • 簡潔を意識する
  • 場数を踏む

多くの文字に触れる

文字や言葉に対して、触れる機会が少ないと、豊富に表現ができなくなってしまいます。読書やブログはもちろん、TwitterなどのSNSや雑誌を見て、多くの文字に触れていきましょう。まずは、自分の興味のある分野でも構いません。世の中には、本当に多くの文字や言葉が存在します。ライティングのスキルを上げるために、今よりも意識して触れる機会を増やしていきましょう。

わからない言葉は調べる

「当たり前では?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、意外と時間に追われているとわからないままにしてしまうことがあります。時間が経ち、わからない言葉を忘れてしまうなんてこともあります。ですから、わからない言葉はその場で調べて、知識として蓄えていきましょう。

メリットとしては、調べることで新たな言葉を発見することがあるということです。言葉が言葉を広げてくれるので、ぜひ積極的に調べていきましょう。

また、誤った表現や言葉の使用はライティングをする上であってはならないことです。正しい言葉を理解しましょう。

良い表現はメモする

雑誌を見るととても関心するのですが、表現の仕方が絶妙です。世界観を損ねない、けれど説得力のある言葉が並んでいます。何気なく、目にした言葉でも、良い表現はメモすることを心がけましょう。

そのままコピーするのはもちろん、NGです。あくまで、ライティングスキル向上のための参考として活用しましょう。

簡潔を意識する

書き慣れていないとやってしまいがちですが、長々と文章を書くことはあまり良くありません。なぜなら、読み手に理解してもらえないからです。

何を言いたいのかわからなくなってしまうような長文よりも、短く簡潔にまとめられた文章の方が読みやすいですよね。できる限り、1文は40字~50字以内で収めましょう。

私が実践するのは、一度思いのまま書き、読み返し、短文化をする流れです。書きたいことがあると、どうしても長文になってしまう方には、この方法がおすすめです。

ここで気をつけたいことは、わかりやすさばかり意識して、幼い文に仕上げてしまうことです。難しい部分ですが、シーンによっては気をつけた方がいいでしょう。

簡潔を意識する上で、Twitterはとても有効です。140文字という文字制限があり、Twitterは他のSNSよりもテキストで簡潔に表現することが求められるプラットフォームです。

Twitterで上手に言葉を表現できている人は、ライティングスキルが高い印象です。練習のためにも、Twitterを活用してみてください。

場数を踏む

もしかすると一番大切なことかもしれません。実践なくして成長は見込めません。苦手意識があると難しいかもしれませんが、まずは「文章を書く」ということを継続してみましょう。

その1回1回の積み重ねが、ライティングスキルの向上に繋がるはずです。

意識するだけで印象が変わる「コツ」を掴む

ライティングスキルを向上させるための方法をお伝えしましたが、実際に文章にする時に意識すると良いコツをお伝えさせていただきます。印象がガラッと変わるので、今回のブログを読み、習得してみてくださいね。

  • 文章の構成を意識する
  • 読み手のことを理解する
  • 共起語を含める
  • 接続詞を使う

文章の構成を意識する

では実際にライティングに取り掛かってみたら、「なかなか上手に書けない」なんてことありませんか?それは、文章の構成が理解できていないからかもしれません。

書き進めるために文章の構成を意識してみましょう。以下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

読み手のことを理解する

書き手の気持ちだけを優先したコンテンツは、なかなか受け入れてもらえません。また、書き手と読み手の意識の違いもそうです。コンテンツマーケティングを行うのであれば、1番に考えるべきは読み手の気持ちです。

検索意図を理解し、ユーザーのニーズに合った内容にしていきましょう。

共起語を含める

ライティングの際に当たり前のようにキーワードを意識しているかと思います。キーワードを選定し、それを含めて文章を作成することは大切ですが、キーワードをただ使うだけでは意味がありません。

そこで効果的なのが「共起語」です。「共起語」とはあるキーワードと同時もしくは頻繁に出現する単語を指します。「共起語」を含めるだけで、可読性の高まります。

結果、SEO効果を高めることに繋がります。

接続詞を使う

「接続詞」には文章の流れをスムーズにする効果があります。これは可読性を高めることに繋がります。文章と文章を繋げる「接続詞」を上手く使うことで、劇的に読みやすくなります。

接続詞の例は下記の通りです。

ライティングスキルを上げるために接続詞を使おう

こうした「接続詞」をボキャブラリーとして持っているだけで、スラスラと書くことができ、ライティングが楽しくなります。

ライティングスキルを上げるのに参考になるサイト

最後に、私が見ていておすすめのメディアをご紹介させていただきます。文章を書くのがとても上手なので、勉強になります。

PLAN-B

ライティングスキル向上に参考になるサイトPLAN-B

株式会社 PLAN-Bが運営するサイト。マーケティングに特化したメディアが充実しています。ライターの人数も多く、さまざまな内容を楽しめるのが魅力です。文章の構成が上手で、最後まで読みたくなります。内部リンクも充実しているので、可読性も高いサイト作りになっています。

東証マネ部

ライティングスキル向上に参考になるサイト東証マネ部

資産形成に関するメディアが多く掲載されているサイトです。難しい印象の資産形成をわかりやすく解説しています。イラストや動画を活用しており、読みやすさを追求した構成になっていて参考になります。

しいたけ占い

ライティングスキル向上に参考になるサイトしいたけ占い

VOGUE GIRLのサイトで連載しているしいたけ占い。占い師しいたけさんの独特な表現がとても面白いです。なるほどと納得してしまう、内容や言葉の選び方なので、読み応えがあります。

まとめ

ライティングスキルを上げるためには、多くの言葉に触れ、知ることを習慣化することから始まる気がします。ただ、知識として留めておくだけではなく、最初は上手にできなくても、書き続けることが大切です。また、ライティングスキルをアップさせるために「コツ」を把握することで、成功への近道にもなります。

SNS、雑誌、ブログ、新聞。何でも構いません。ぜひ、自分の好きな分野から始めて、その中からライティングの楽しさを見つけてみてください。


この記事を書いた人

マーケティング事業部 SNS担当
黒木千里

「SNSであなたとつながるきっかけ作りを」をモットーに、楽しみながらSNS運用してまいります。

この人が書いた記事をもっと読む